namieLeiさんの映画レビュー・感想・評価

namieLei

namieLei

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

5.0

来るべき新作に向けて名作を復習…!
田舎、浴衣、祭り、親戚の集まり、甲子園、山下達郎……サマーウォーズは日本の「夏」の集めて濃縮した映画だと改めて感じる…。
ベッタベタの家族愛系ムービーかと思いきや、
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.5

MARVELがスクリーンに帰ってきた!!
ディズニープラスでのオリジナルストーリーが3つ、これからどんどん新作が発表と、正直追い切れてませんが、大枠さえ捉えていれば爽快なアクションとストーリーで楽しめ
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.7

ゴジラvsキングコングという歴史的マッチがついに現在のCG技術を駆使し現世に顕現。
背景、ストーリー、比喩…。そんなものこの映画には不要です。ただただデケェ怪獣がお互いにブン殴り合っているという原始的
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.6

飄々さは感じるものの、軍人的でカッチリしたブラピ。意外にイイじゃん……
作中の通して、ふとした日常会話から核心に繋がっていくランダ大佐無双が恐ろしく、インテリが放つ悪のカリスマ性が光る。
常に笑みを絶
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.6

主役級2人をキャスティングとはなんと豪華な……!メッシとクリロナじゃないすか。理論値を極めた最強のふたりですね。
そんなこの世の贅を尽くした本作は1960年代〜70年代の「あの頃のハリウッド」を舞台に
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

5.0

延期に次ぐ延期…これでは道化だよ…。
ようやく観れた「閃光のハサウェイ」は、想像以上の完成度でシンプルに興奮しました…!!
映像の美麗さはシリーズ随一で、キャラクターデザインも素晴らしいし、MS戦の重
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

4.2

ゾンビ映画に造詣が深いわけでもないが、ストーリー展開としては足手まといがかき乱して、怪しいヤツが裏切って〜という「ザ・ゾンビ映画」といった内容で、欲しい演出、あって欲しい展開は一通りあったので安心安全>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

4.6

2作目の結末で人類の救済とトリニティを天秤に掛け、トリニティを取ったネオの選択の犠牲に、ザイオンはセンティネルの総攻撃に合うことになるという中々に救世主とは何か考えさせられる展開も、預言者が今回のアッ>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

4.6

前作でなろう系主人公ばりにチートキャラと化したネオの立ち位置を守りつつ、そのほかで手に汗握る状況を作り出す演出効果が絶妙。
さらにマトリックス内では最強のネオも現実世界に迫る危機に関しては無双出来ず、
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.6

この映画で終始表現したい内容に関して、おそらくは中年を越えた人間、肉眼的にリアルなラブロマンスを経験した事が無い人にはこの現在の20代が経験している恋愛のディティールには気付けないだろうと断言出来る。>>続きを読む

機動戦士ガンダムUC/episode7 虹の彼方に(2014年製作の映画)

4.7

閃光のハサウェイに向けての身体作りということでアニメ版で再復習。
僕自身同い年くらいのライトなファンよりは宇宙世紀ガンダムに熱狂してきた身としては、正史として捉えるには過去のオマージュ多めで少々ガノタ
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.8

来るべき新たな戦いに備えて再度このサイバーパンクSFの大傑作を復習。
ボードリヤール的ハイパーリアルに基づく虚構世界「マトリックス」の設定や、カンフーアクションを取り入れた目まぐるしいファイトシーンな
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.9

原作未読で視聴。
「トレパネーション」という頭蓋骨に穴を開け意識を覚醒を得る穿頭手術を源流に、トレパネーションを施した主人公は左目で人のトラウマや深層心理を映し出した「ホムンクルス」が見えるようになる
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

20歳を超えるとタイムスリップパワーを習得出来るドクター・ストレンジばりのチート能力を手に入れた主人公は、まずはドゥーマムゥを倒すより難しい恋人を手に入れるためにタイムリープ能力を使いまくる。
人間な
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.4

2度目の視聴。
1度目には感じることの出来なかったチャック(シーアン先生)の序盤のぎこちなさや、警備員が異常な程に警戒している島の様子が腑に落ちる。この手のトリック映画はタネを知った後に見返すのが面白
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

通算3回目の視聴も、まだまだ胸の高ぶりと心がアツくなる良い大好きな作品!
我々(?)ギーク達がツラい現実世界から逃げ延びるための仮想現実「オアシス」ではAKIRAの金田バイクやアイアンジャイアント、デ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.4

GODZILLAの前作未視聴、ゴジラシリーズほとんど知識無しで視聴。
とにかくゴジラとキングギドラの怪獣頂上決戦の迫力が凄まじい(モスラとラドンもありますが)
幼い頃のイメージにある着ぐるみっぽいガッ
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

4.8

ディズニープラスでも観れたけどやはり映画は映画館で観るのが王道と自分に言い聞かせて視聴。

この映画は絶対に映画館で観るべき映画です、、! 2時間前の俺、ナイス判断…ッ!
世界観は中国+タイ+日本+そ
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

4.8

共同経営者であったルーベンを裏切ったアル・パチーノ演じるウィリー・バンクにオーシャンズ率いる犯罪のプロフェッショナル達がその最大戦力を持って報復していくシリーズ最高傑作。
2と打って変わって分かりやす
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

4.2

前回に引き続きオーシャンズ11のメンバーに加え、ブルース・ウィルスなどの大物ゲストが参戦しさらに火力高めに。テスのジュリア・ロバーツ本人役やブルース・ウィルスとの掛け合いなどのコメディシーンは前作より>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.5

勉強不足の若輩者のため主演のジョージ・クルーニーよりブラッド・ピットやマット・デイモンという配役の豪華さに感動…!
カジノ強盗のためにその道のプロフェッショナル達を集めていくシーンはシンプルに心が躍る
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

5.0

初めてエヴァンゲリオンに出会ったのは10数年前の若輩者ではありますが、ここまで長く完結しなかった物語が1つ終劇となったということに感無量。ありがとう、エヴァンゲリオン。。
序盤の新しい概念のラッシュ、
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

5.0

ネガティヴで消極的だった主人公が怪しげなセミナーで「YES」しか言えなくなるよう誓約を立てることで、彼の日常は良くも悪くも一変していく。
「YES」のみが物事の起こりであるとは変わらずしも思わないけど
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.4

ずっと観たかったアリアスター監督の出世作!Netflix様ありがとうございます。あと500円くらい値上げしてもらってもいいですか?
コンディション悪い+何度も区切って観たという個人的背景もあり、総評と
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.3

実際の事件、政府の内情に即しているかそうじゃないかはともかく、ここまで政治的内容に深く切り込んだ内容は自分が観た邦画の中では突き抜けている…。
人は家族や愛、身内などパーソナルな深淵に触れられた際は理
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.7

現実ではオタク、陰キャ女子、インスタギャル、KY運動部の4人がゲームの世界「ジュマンジ」に無理矢理取り込まれた!

スクールカーストで言うところのギーク、ナード、プリーザー、ジョックの彼らがジュマンジ
>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

4.5

三谷作品は2作目も、登場人物は三谷監督が全幅の信頼を置く「いつメン」達の躍動に胸が躍る。三谷作品での中井貴一の輝きっぷりたるや……!
裁判を主軸に据えた法律系の作品も、コメディが全世界を支配している空
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.7

舞台は1984年、アメリカ。スミソニアン博物館で文化人類学の博士として働くダイアナはアマゾン族最強の女神「ワンダー・ウーマン」。そこに全ての大逆転を狙う実業家マックスと一つだけならどんな願いも叶う「ド>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

4.0

中国四大奇書として日本人にも馴染みのある『三国志演義』を、実はこうだったんじゃないかという歴史考証に基づき再検討する歴史映画、と銘打ったお馬鹿系コメディ。
「勇者ヨシヒコ」や「今日から俺は!」で有名な
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

4.3

主人公は幼くして両親を交通事故で亡くし、祖母の元で過ごすも、途中魔女に出会ってしまう。魔女に見つかった子供は必ず変身させられるとおばあちゃんは言い、魔女から逃げる為に豪華ホテルへと旅に出るが、そこでは>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

4.1

仙台藩からの毎年の重税により夜逃げも後を立たない吉岡宿。このままでは近い将来にお取り壊しとなると十三郎は村一の切れ物篤平治に相談する。篤平治が冗談半分で思い付いたのは重税を課す藩に逆に借金をさせるとい>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.3

田舎で会計士として勤めるクリスチャン・ウルフは表向きはただの会計士も、裏の顔は幼少期父から戦闘訓練を受けた高機能自閉障害の元軍人。
様々な裏の資金洗浄などを手掛ける中、リビング・ロボ社の不正会計で重大
>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

4.3

毎日を怠惰で消費し日銭を稼ぎながらギャンブルと酒浸りで暮らす伊藤カイジは、連帯保証人になった同僚がきっかけで地下労働施設での就労を余儀無くされる。そこでカイジは人生逆転を狙った一世一代のギャンブルを仕>>続きを読む

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(2014年製作の映画)

4.5

"消耗品軍団"のボスバーニーはCIAからチャーチの上司ドラマーから要人の捕獲も依頼されるも、その男はかつてエクスペンダブルズのメンバーであったストーンバンクスであった…。

過去作の豪華メンツはそのま
>>続きを読む

エクスペンダブルズ2(2012年製作の映画)

4.5

バーニー率いる最強の傭兵集団「消耗品軍団」(エクスペンダブルズ)は新たな仲間を迎え傭兵稼業に勤しむも、独裁政権転覆の為に島を半壊させた事からチャーチに新たな任務をこなすよう脅される。そこで待ち受けてい>>続きを読む

エクスペンダブルズ(2010年製作の映画)

4.7

早撃ちの名手でありリーダーのバーニー率いる最強にタフな野郎共で結成された傭兵集団「エクスペンダブルズ(消耗品軍団)」はチャーチを名乗る男から南米の独裁政権の転覆を依頼される。実現不可能とされたミッショ>>続きを読む

>|