ひこうき雲さんの映画レビュー・感想・評価

ひこうき雲

ひこうき雲

ハッピーエンド万歳!
希望のない終わり方は苦手。
ホラー、バイオレンスも基本苦手だけど、ときどき見たくなる。怖いもの見たさってやつです。

映画(129)
ドラマ(1)

素晴らしき日(1996年製作の映画)

5.0

大好きな映画。
ジョージ・クルーニーがどこを切り取っても素敵過ぎて顔がにやけてきちゃう。
子供と一緒のときが特に好き。いいパパだなぁ。とても和んだ。

最後に彼女の家で過ごすとき、疲れたママじゃなくて
>>続きを読む

ザ・メキシカン(2001年製作の映画)

2.8

ジュリア・ロバーツがとてもいい。同行する殺し屋と心通わすシーンが一番好き。好きな人を思ってこれまでの行いを悔やむ殺し屋、ほんとはイイ人なのに何で道を誤っちゃったんだろう。悲しい┅。
ブラッド・ピットは
>>続きを読む

アイアンクラッド(2010年製作の映画)

3.5

残酷なシーンは視線外しながら。

あの女の人いらないでしょ。
男の気持ちを弱くさせてる。禁欲を破った罪悪感で苦しんでる。
ホントに好きなら違う形で尽くせよと、男に近づいて来るたびイラっとさせられた。も
>>続きを読む

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

4.8

楽しい!
こういう映画大好き。とってもハッピーな気分にしてくれる。
気持ちが落ちたときに見るのに最適。

ストリップのシーンカッコよかった。
最後のハプニング場面もすごく和んだ。

ホーンズ 容疑者と告白の角(2013年製作の映画)

3.3

そこにあるのは純愛。
お互いを思い合う気持ちに救われた。お父さんの誤解も解けてよかった。

幼馴染の弁護士、とんでもない奴だった。

ソルト(2010年製作の映画)

3.7

最初から最後までもう釘付け。退屈と感じる時間は全くなかった。

リープ・イヤー うるう年のプロポーズ(2010年製作の映画)

4.5

ジャケットが残念。映画の内容と合ってない。

きれいな風景、素敵な音楽、お似合いのふたり。

二人で料理しているシーンが好き。
食事のあと宿の人たちに無理やりキスさせられ気まずい表情を見せる二人、なん
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.5

彼は彼なりのやり方で彼女を守り抜いた。彼の行いはすべて彼女に幸せでいてもらいたいという思いから。

最初の頃の彼女とその息子に向ける控えめな笑顔が印象的。彼の幸福感が十分に伝わってきた。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

幸せの絶頂から突き落とされる感じ。やりきれない。
信頼していた人たちの裏切りほど辛いものはない。

しあわせの帰る場所(2008年製作の映画)

4.0

父親は息子に愛情はあったと思う。でもちょっとした息子のいたずらなのか反抗心なのかわからないけど、そんなところがひどく父親をイラつかせたんだろうな。最後ふたりが通じあえて良かった。
強面の父親と素直でか
>>続きを読む

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ(2004年製作の映画)

4.3

かわいくて楽しくて、ちょっぴり切なく最後はほっこり。

元気になれる映画。何回も見たくなる。

セックス・アンド・マネー(2006年製作の映画)

2.5

40代のリアル?40代ってこんな不安定なのかなぁ?
40代を楽しんでる人もたくさんいるはずだけどね。
見ていて胸が痛くなるような映画だった。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.5

ラッセル・クロウの繊細な演技に何度も泣かされた。

精神に病を抱えたジョンを周りの人たちの大きな愛が支えていく。
特に一番近くで支えた妻の忍耐と愛情はすごかった。
「君が僕の答え、君がすべての答え。あ
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

5.0

大好きな映画。

最初から最後まで存分に楽しんだ。

ショーン・コネリーはやっぱりカッコいい!

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

4.0

ジャケットの雰囲気もタイトルからもラブコメだと思ったらそうじゃなかった。最後感動しました。
絶望的状況のなかで見つけた水の中を飛び跳ねる鮭の姿。
全滅したと思ったら数匹の鮭が生き延びていた。そこからま
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.2

いまいち良さが分からず。
もう一回見直そう。

アンソニー・ホプキンス怖かった。画面に出るたびゾワゾワした。

カルタヘナ〜陽だまりの絆〜(2009年製作の映画)

4.0

いつも不機嫌そうに見えるミュリエルがマッサージ師と大きな声で楽しそうに歌っているのを見て、こんな表情もするんだとちょっと驚き。

不安がるミュリエルを外に連れ出して乾杯するところからゲームと称して目を
>>続きを読む

クロエ(2009年製作の映画)

3.0

クロエのキャサリンに対する執着心がとても怖かった。
クロエがいなくなったあと、さぞかしホッとしただろうと想像していたキャサリンが,自宅でのパーティーの席でクロエから貰った髪飾りを付けていたことにとても
>>続きを読む

360(2011年製作の映画)

3.5

いろんな人の人生、ちょっとずつ重なり合ってる。
ジュードロウに始まりジュードロウに終わった。

カネと詐欺師と男と女(2016年製作の映画)

2.7

金の切れ目は縁の切れ目・・・女が金を持ち逃げして終わった。
そこで終わりなの?なんだか置いてきぼりにされた感が残る。最後の使用人?のおじさんは良かった。すがすがしい気持ちにさせてくれた。

タイトルに
>>続きを読む

THE ICEMAN 氷の処刑人(2012年製作の映画)

3.3

根底にあるのは家族愛。
何よりも大切だった家族。ただリッチな生活を与えたかっただけ。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.5

満足感でいっぱい。

終盤は感動しっぱなし。

人と同じように出来なくても内に秘める可能性は無限なんです。
優秀な秘書の存在も納得。
何度も見たくなる映画でした。

>|