toshiさんの映画レビュー・感想・評価

toshi

toshi

映画(284)
ドラマ(0)
アニメ(0)

アンチャーテッド(2022年製作の映画)

5.0

「偉業も小さな一歩から」
ゲームと姿形は違えどトム・ホランドはしっかりネイトだった。サリー役のマーク・ウォールバーグ、口髭ないやん!!と思ったけど最後に髭はやしてた。
純粋な興味としてネイトとクロエの
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

5.0

「Dは発音しない」
オープニングの「ジャンゴ〜」ですでに俺の心は鷲掴みです。
ディカプリオの堂々たるやべぇ悪役振りも最高です。ジャンゴを見出したDr.シュルツも当然最高。序盤の酒場でDr.シュルツの賞
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.5

吹替版で視聴。
「なんで優しくしてくれるの?」
「貴女だからかな」
この映画で一番好きなセリフです。

岸和田少年愚連隊(1996年製作の映画)

4.0

誰君?ハワイアンゴリラ?
煽りスキルが高すぎる(笑)
無茶苦茶な男性陣に比べ女性陣は比較的マトモ…かな?
チュンバがオカンと裁判所行く途中での会話「今度は縁日のヒヨコで行くで」からの「この子ホンマは優
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.5

記憶喪失な殺し屋役、香川照之さんのカジュアルなファッション?が似合っていなくて服のサイズもパツパツだし髪型もダサい。殺し屋の時とのギャップが凄いです(笑)
それにしてもノートに書く字がとても綺麗で羨ま
>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

5.0

メタボだけど動きのキレはそのまま!!
序盤の過去作パロがファンには嬉しい所です。ドニー・イェンは特殊スーツらしいけど動き凄いッすね。動きにくいハズなのにスピーディーで綺麗な飛び2段蹴りとか平気で放って
>>続きを読む

ZIPANG ジパング(1990年製作の映画)

3.0

冒頭での沢山の刀を使った戦闘は面白く、座頭市や丹下左膳のパロディが出たりで物語序盤が一番楽しかったです。

森山中教習所(2015年製作の映画)

4.5

教習所での清高との関係は免許を取れば自由が無くなる轟木君にとって、悪くない時間だったのでしょうね。轟木君がひぐらしが鳴いている河原でポツリと呟いた「仕事辞めたいな…」や「今年の夏は楽しかった…」の言葉>>続きを読む

ウィリーズ・ワンダーランド(2021年製作の映画)

4.0

不気味な人形「さぁ一緒に遊」顔にワンパン。…淡々とテーブルフキフキ。
「今日は君の誕生…」棒で滅多打ち!!粛々と進む掃除。
あ、シャツ汚れた、着替えなきゃ(無言での着替)

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

5.0

「そんなに人を騙して面白いですか?」
上手く騙せたり、人を手玉に取る事ができたらこれ以上無いほど楽しかろうよ!
……「上手く騙せたら」だけどね。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

戦時下の生活の話で、しんどい展開が続くだけなんだろ?と思っていたのですが、視聴してみたら辛いだけの話では無く、笑ったり工夫してゴハンを楽しんだりする当たり前の生活が丁寧に描かれていました。すずさんの柔>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.5

音楽はノリノリ!キューバサンドは美味そう!ホットプレートで作ってたチーズのグリルサンドは本当に食べてみたい。あんなん絶対美味いに決まってる。

幻の湖(1982年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

万福丸の死体は何故あんな変なポーズだったのでしょう。笑う所じゃないのでしょうが笑ってしまいました。最後のランニング対決?も何か色々セリフが変。
「お前なんかに琵琶湖に沈んだ女の恨み節なんて!!」包丁ブ
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

年齢を重ねても尚、いや歳を重ねたからこそ出せる魅力がある。
ロバート・デ・ニーロは魅力的な役者だと言う、至極当然の事を再度確認できた良い映画でした。

ファイナル・オプション(1982年製作の映画)

3.5

映画のムックにて、CRW中隊の活動を当時可能な最大限のリアリティで再現した史上初の本格的SAS映画とあり、興味が湧き視聴しました。個人的には戦闘よりSAS隊員達の訓練をもっと観たかったです。マスターキ>>続きを読む

導火線 FLASH POINT(2007年製作の映画)

4.0

犯罪者も刑事も頑丈でキレッキレによく動きます。屋台での格闘やラストでの対決は見応え十分でさすがドニー・イェン。2階から落ちてもダメージはあるが殴り合いが始まり、マー刑事が犯人の足に関節技決めてボコボコ>>続きを読む

カジノ(1995年製作の映画)

5.0

劇中に何度もシャロン・ストーンのアタマをええ加減にせぇ!!とハタきたくなった(笑)

機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982年製作の映画)

5.0

アムロ「まだ僕には帰れる所があるんだ…、こんなに嬉しい事はない。」
やはり何度聞いても良いセリフです。ラストは結末がわかっていても観たら目頭が熱くなります。

燃えよ剣(2021年製作の映画)

4.0

殺陣が荒っぽくて泥臭い喧嘩殺法って感じで非常に好きです。

機動戦士ガンダム II 哀・戦士編(1981年製作の映画)

4.5

ランバ・ラルのセリフ
「俺の出世が部下達の生活の安定に繋がる」
やだカッコいい…
今作はグフや黒い三連星のMS戦も良かったですが、やはり人間ドラマが見応えあり面白かったです。

機動戦士ガンダム(1981年製作の映画)

4.0

ギレンの野望や他のガンダムゲームをプレイしていたので、劇中で何が起こるかはほぼわかっていました。
だけどアムロが疲弊してても出撃させる、戦闘の連続でアムロの精神がすり減ってゆくなどの描写や、それでもア
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

集落に到着してからは明るさが溢れているが、それ故にえげつない場面もくっきりと描写される。うぉう!ってリアルに声でた。

>|