ツナさんの映画レビュー・感想・評価

ツナ

ツナ

大学生 お気に入りの毛布と映画があれば人生潤う

映画(189)
ドラマ(0)

ギター弾きの恋(1999年製作の映画)

3.8

才能で生きてるギター弾きと口をきけない可愛い女のはなし
ウディアレンの空気感とジャズが心地良い
ジャケットにもなってる月が全然活躍してなくてウケた

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

4.0

すごく緻密に練られてる感じがするさすがサスペンス担当〜(?)
突然の死刑宣告シーン、あそこの描き方は印象的
全然長くないのにインターミッションあってふふってなってしまった
面白かったです

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.0

ランチの個性と癖に笑う
普段交わることのない5人だからこそ本音で語り合えるのかもしれないね
刺さる言葉がいくつもあった

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.6

良いよねこういうの
始まりから惹かれてエンドクレジットまで好きだった
人物に音楽に魅力が詰まってる映画だなあ

初鑑賞だと思ってたけど、序盤のラッセルへのインタビュー〜感電あたりまで見覚えがあったのは
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.6

音楽がいい雰囲気
私もこの映画に出てくるような素敵な車で南仏をドライブしたいわ〜
エマストーンの可愛さは勿論、皮肉屋ネチネチコリンファースおじさん良かったです

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

いわゆる"はみだし者"の、キラキラしてないけど確かなものがある感じが好きです
ふとした瞬間に「無限を感じる」っていう感覚はなんか分かるな〜若さゆえなんだろうか?
このエズラミラーかっこいいけど途中でど
>>続きを読む

秘密の花園(1993年製作の映画)

4.2

花園が蘇っていって子どもたちもパパも厳しかったメドロックも笑顔になるの素敵!!
澄んだ空気が画面から漂ってきて温かい気持ちになれる
衣装もすごく可愛かった

モールス(2010年製作の映画)

3.6

クロエちゃんが美少女すぎることを除いては総じてぼくのエリの方が好き
血塗れダークだけど笑顔めっちゃ可愛い、、、
こっちだとあの写真からして、オーウェンが将来おじさんの後継みたいな存在になることを暗示し
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.8

一面の雪景色と静かで独特な空気感
オスカーが消えそうなくらい白くて儚い
この先を想像させる余韻が残るラストでした
オスカーもヴァンパイアになるという未来もあり得るのかな、、、?

あと副題の200歳の
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.8


真っ赤なコートのキャロルが印象的
ゆったり進んでいく中でも二人の表情や視線から物凄い強さで惹かれ合っていることを感じさせられた

今までに見たどのルーニーマーラよりも可愛いぞ、、、

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.0


オリジナルの歌が全然出てこなかったのは残念だけど、世界観とわくわくはそのまま!
噂のディックヴァンダイクが出てきたときは胸が高鳴りました
しかも踊ってる〜
所々で前作と繋がる部分もあり楽しかったです
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.0


設定はシンプル
四つん這いがキモくて嫌だ
ホラーはびっくりするから苦手!すぐに忘れるので速攻電気消して寝たけど

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.6


リターンズに向けておさらい
楽しいとかわいいが詰まってるし、メッセージ性もちゃんとある
映像の古さがまた良い
バートの絵の中のシーンと笑って宙に浮いちゃうところが特に好きだな

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.0


ジブリといったらトトロとこれって感じ
素敵な街並み
ジジかわいい

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.2


三部作あっという間!
目を覚ますくだりとかこやしまみれとか、1からずっとブレなくて繋がりもしっかりある
未来は自分でつくるのだ

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.6


引き続き最高に面白い!
ハイテクすぎる2015
ホバーボード超いいな〜
終始ハラハラしすぎて神経の無駄遣いしてしまったわ(そこが良い)

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

4.4


天才児をどう育てるか、、、難しい、、、
パパもコーチも最後にはジョシュを見守る優しい目をしていてなんだかジーンとした
ヴィニーとの絆も胸熱
チェスのルールはさっぱり分からないけど音が心地良くて見てる
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.8


こんなに面白かったのかバックトゥザフューチャー!
ドクみたいな人が身近にいたら楽しいだろうな(とかいうレベルじゃないけども)
アインシュタインかわいい
もっと早く見ておくべきだった

ジャックと天空の巨人(2013年製作の映画)

3.2


巨人がキモチワルイ
ユアンマクレガーばかり見てました
後ろに何か、、、?

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.2


ロマンのかたまり
パリの街並みを見ているだけでワクワクする
ピカソやダリ、ベルエポックではドガもでてきて楽しかった
こんな素敵な時代なら憧れてしまうな〜
もっと芸術家や美術の知識を蓄えてもう一度見た
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.8


このテンポ感〜
退治法がしぬほど痛そうだけど二人の生命力と気持ち良いくらいの引っかかり具合に笑っちゃう
ハトのおばさんもダンカンさんも素敵な人
あと外国のおもちゃ屋に行きたくなる

やっぱホームアロ
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.2


言い争いは絶えない中でも皆で黄色いワーゲンを押してダッシュで乗り込むときの一体感が家族って感じで良かった
最後のダンスは確実におじいちゃんイズムを継承していて最高

追憶(2017年製作の映画)

3.2


そういえば映画館で見たなあと思い
びっくりするくらい覚えてないし特にもう一度見たい訳でもないので記録として

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.8


ブッチとフィリップの間にできていった父子の絆みたいなものにグッときた
脱獄犯ってことを踏まえても思わず微笑ましくなってしまうシーンも多々
最後は辛かったブッチの暖かさ面垣間見えすぎだしボロ泣き

>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.8


コテコテ!だけど面白かった
なんか途中でブリジットジョーンズを思い出した
自信に満ち溢れてるレネーは魅力的で輝いてる
まあでも実際顔が全てではないのは分かるけど、顔が良いってやっぱり凄いパワーなんだ
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.0


やっと観に行けた
うまく言えないけど淡々としていて、最後までうっすらと靄がかかったような映画だった
じっとそこに居るだけのゴーストの佇まいが切ないしなんて儚い消え方するの、、、

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.4


個人的に特に刺さるものは無くこういう世界もあるんだなって感じ
カーペットに埋もれるところとか禁断症状の描き方だとかは良かった
トイレ汚ねーーーーーーーーー

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0


さすがジムキャリーコミカルだな〜
ハリポタ仮装パーティーのドビーと尻出し爆走バイクが沸点でした(小学生)
これはコメディだしなかなか現実離れしてるけどYES多めで生きてみたくなる

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2


ドキドキで見たら思ったより怖くなかったし途中で飽きちゃった
個人的にピエロはそんなに怖くないんだよな〜

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

3.6


大学時代のマイクとサリー
あのずっと走ってるナメクジしか記憶にないくらい奴が可愛い

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

3.6


懐かしい〜
女の子が結構トラウマ
未だにカクレクマノミを見るとあ、ニモだ!ってなる

火垂るの墓(1988年製作の映画)

3.6


幼いながらに初めて泣いた映画
何度見てもつらい話ですね、、、

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

3.8


歴史的背景を交えつつ英国のロイヤルな雰囲気を味わえて◎
エリザベスがジャックと自由だったらあれがしたいこれがしたいって語り合うシーンが素敵
撮影で使われたチャッツワース・ハウスも見に行きたい場所のひ
>>続きを読む

>|