No1さんの映画レビュー・感想・評価

No1

No1

photographer 京都伏見
1982滋賀県生まれ
邦画が多いが洋もアジアも良いと聞けば観る。
映画はアイデアソースというよりは感情揺さぶるウォーミングアップ。写真には撮り手の感情が写り込むので。
感想は最近観たもの中心に。昔観たものはほとんど点数のみ。

映画(104)
ドラマ(0)

アラジン(2019年製作の映画)

3.8

これまではWHOLE NEW WORLD しか知らなかった僕が遂にアラジンデビュー。
話の構成は王道で悪者が出てきてもあまりハラハラすることはなく安心して鑑賞できた。
映像はかなり凄くて実写とは思えず
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

いやぁー、スカッとしたー!
相手の動きをここまで全て詳細まで先読みして動けたらあらゆる仕事に応用出来る。
映画の構成としても素晴らしいけど、実際にこれを出来る人がいたらマジで天才。だって本当に全ての作
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.4

10年ほど前に目黒シネマで観たのをwowowで久々に。
こんなにカメラ揺れてたっけ。
ドキュメンタリーみたい。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.9

ジャズ好きなのでとても良かった。
文化祭での演奏シーンは感動した。
小松菜奈は相変わらず魅力的だった。
人間関係が拗れる原因がほぼ恋愛だったのが単純だと感じたがある意味リアル。

不能犯(2018年製作の映画)

3.2

原作は知らないが、伝えたいメッセージ性みたいなものは感じた。世の中は恨みに満ちていて簡単に殺意も覚えるご時世だが相手のことを理解しようとすることでその恨みが消え去ることもある、だから早とちりするなよ、>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

2.2

キャストは実力派で魅力的なのに話の内容に共感できなかった。
全体的にはほんわかええ話だったが、感動もできなかった。
毎回死んだふりをしている美人妻は可愛いすぎるし、それを旦那は落胆することではない。何
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.1

漫画未読で、前から気になっていたキングダムが実写映画化されたので映画館で鑑賞。
それほど期待せずに観たところ、めちゃくちゃ良かった。多分話としては原作から省かれている部分も多いのだろうが、初心者からし
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.8

探っていくなかで明らかになる悲しすぎる過去。あれは育児ノイローゼの最悪の終末ということだろうか。
これからのふたりに幸あれ。

ロボコン(2003年製作の映画)

3.3

かなり昔に観たけど、良い役者の若手時代の青春ムービーで楽しかった気がする。

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.3

原作も良いが映画もかなり好き。
染谷くんの林業への気持ちの移り変わりに心打たれた。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

面白くて感動もあって可愛くて、好きです。
大賀のキャラが特に良い。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

なにげにニノの映画は気になるので鑑賞。
観てみるとニノ半分西島さん半分の割合。感動的な話ではあるが、昔話により現代を遡り主人公の生い立ちに繋がる展開はベタで意外性には欠けた。序盤から展開が想像できた。
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

3.7

初代ドラゴンボール世代としてはトレーニングをしてひと皮剥けたフリーザと昔より遥かに強くなった悟空たちとの再戦は夢のカード、格闘技なら絶対に生で観たい一戦。
話の展開に意外性はなく、一瞬無くなってしまっ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

随分前に原作読んで、映画観て、こんな感じやったっけ?ってなった。
ヨシカの妄想癖がこういう形で表現されるんやー、と。そして現実に戻って周りの人たちとの会話が全て妄想だったなんて、なんだか悲しくなった。
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.1

事前情報なしで観た。
想像していた恋愛映画とは違って
、主人公達の純粋さに心洗われた。
恋愛、陸上、小説、と主人公たちの変化が同時進行の展開も、単純な恋愛ばかりではなくリアルな人生を描いていて引き込ま
>>続きを読む

あさがおと加瀬さん。(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

女の子同士の恋愛の話。
予想していたより入り込めたが、あまりにも恋愛中心のストーリー展開だったのでサブストーリーもあればより楽しかったのかも。
こんなにも恋愛にのめり込む若さが懐かしい。

blank13(2017年製作の映画)

3.9

無意識のうちに1年前の自身の、13歳から離れて暮らしていた父親の葬儀と重ねて観ており、不覚にもふざけた参列者による葬儀シーンにて涙を流してしまった。
空気感や構成、カメラワークへのこだわりも良かったと
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.9

家の近所にある京アニ作品を観たことがなくずっと観たくて、やっと観た。
一言で言うと、絶妙。
登場人物たちの光と影のバランス、端役の人達にもしっかりとしたキャラがあり意味がある。
間合いによる空気の作り
>>続きを読む

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ(2012年製作の映画)

3.9

WOWOWでやっていたので息子と鑑賞。
絵のタッチが繊細で美しく印象的、お話も根が良い主人公達にほっこりさせられる。
観てよかった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.0

美しい恋愛といわれるのもわかるが、二人とも婚約者や彼女的な人が居ながら関係を持つのは浮気なのでは…

空気感の美しさ、タイトルにもなっている台詞の意味深さ、ラストの父の台詞など魅力も感じるが、個人的な
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかった続編、ついに観ました、WOWOWで。
いやぁー、またハリーとのタッグアクションが見れるなんて、前作にハマった僕にとってはたまらない。
次も必ず観ます。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.9

妻と鑑賞。
ドンピシャ世代なので、懐かしかった。製作してくれたことに感謝。

>|