nonboさんの映画レビュー・感想・評価

nonbo

nonbo

映画(179)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ミスト(2007年製作の映画)

1.0

ちょっとぉぉぉ…

とてもとても嫌な終わり方でした。
好きじゃないです。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.0

山田孝之さんはウシジマくんなんだな。ウシジマくんにしか見えないさすがの演技力。

真っ当に生きようと思う。怖いから。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.0

ヨロコビも、カナシミもどの感情も大切。

私の頭の中もあんな風に記憶の玉で溢れてるのかなぁ。
アニメーションがキレイで、キャラクターの動きもかわいかった!

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

いい映画!!

面白くて、悲しくて、温かくて…ニコニコしながら涙する映画です。

うまーくいーく!

万引き家族(2018年製作の映画)

3.0

役者さんの演技力…!(特に子役)

家族ってなんだろ。
正論=正義ではない、でも正しくないことは分かってる。
考えても答えのない難題。

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.0

すごかった…!!演技もアクションもテンポもストーリー展開も。

続きが気になるー。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.0

ユアンマクレガーかっこよすぎ!
おしゃれすぎ!
好き好き!

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

2.0

フレディを真似して演じてみても、やっぱり無理ある。熱さも深さも色気もない。なにより歯が不自然。

人気者はあんなに孤独になっちゃうのかな。愛されたいなら愛さないと。

ラストのDon't stop m
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

1.0

続・無茶苦茶。
スカイウォーカーを名乗らないで。

カイロレンはちょっと好きになっちゃった。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

観終わったあと、寝転んで天井見上げたまま30分くらい泣き続けた。

謙虚で一生懸命でかわいくて強くて優しくて。
のんさんの声がすごく合ってて本当に素晴らしい!

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.0

どうしても映画館で観たかったので、当時
延長上映を調べて観に行った思い出。

どこまでも真っ直ぐな映画でした。

今度は愛妻家(2009年製作の映画)

5.0

大大大好きな映画。
薬師丸ひろ子さんがとにかく愛らしくて無邪気でかわいい!

苦しくなるくらい泣いちゃう。
日々大切に生きようと、大事にしようと思える作品です。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

2.0

前評判の良さから、期待値が上がりすぎちゃいました。

見事な伏線回収でちょこちょこ笑えます。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

ほのぼの、くすくす、トントン拍子。
そこから一転、怖ーーーい!

緩急が上手くて、高低差も上手くて、作り込まれてるなぁと思いました。

人間味ある、見ごたえたっぷりのいい映画。

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.0

キャラと声に違和感ありすぎで、全然内容が頭に入ってきませんでした。

それしか記憶に残らない…

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

1.0

んんー。

ファンタジーと現実を混ぜて混ぜて大失敗って感じ。

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.0

意味分かんないまま始まって、意味分かんないまま終わるんだけど…なぜか昔から好きな作品。

怖いし、痛そうだし、ハラハラするし。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

2.0

映画好きな人が好きそうな作品。

よく分からないまま終わってしまいました。
またじっくり観なおしてみたいです。

プロメテウス(2012年製作の映画)

2.0

えぐーーい!
直視できない場面がたくさん…

エイリアンを見直して、もう一度観たいかな。

指輪をはめたい(2011年製作の映画)

2.0

可もなく不可もなく。

意味不明な場面が多い気がします。

ただ、君を愛してる(2006年製作の映画)

1.0

ファンタジーみたいな世界観。

結末がボヤけすぎてて、泣けませんでした。

東南角部屋二階の女(2008年製作の映画)

2.0

日常を切り取ったような作品。

キャストに惹かれて観てみたけど、あまり良さが分からなかった。
もう一回観たらなにか変わるかな〜

空気人形(2009年製作の映画)

3.0

「心を持つことは、切ないことでした。」には、半分同意、半分疑問。

「私は誰かの代用品」はグサッときました。

キレイで切なくて純粋なお話です。

ALWAYS 三丁目の夕日’64(2012年製作の映画)

3.0

音楽と雰囲気に癒される。

家族愛たっぷり、しみじみとのほほんとした感じ。

あの頃の前向きな日本っていいね。