nonchanさんの映画レビュー・感想・評価

nonchan

nonchan

ただ今、月平均12本の映画を観に行っています。
邦画、洋画、韓国映画と色々観ますが、オカルト、ホラー、SFは苦手で、ほぼ観ません。
最近は動画サービスに加入して過去作も観ています。

映画(208)
ドラマ(0)

輝ける人生(2017年製作の映画)

3.8

多忙で映画を観る時間はあっても、感想を書く時間が無い。😓
とりあえず鑑賞記録だけ。
ゆとりが出来たら追記します。

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.8

始まりはふたりの男のささいな口論。
それに紛争、民族、政治、宗教が複雑に絡んで国家を揺るがす法廷劇に発展して行く。
身近な所でも起こりそうなトラブルに興味深かったけど、レバノンやパレスチナについて予習
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.6

昨年公開時に劇場で鑑賞したのだけど、アニメ版との違いを確認する為に再鑑賞した。

チャーチル ノルマンディーの決断(2017年製作の映画)

3.0

ダンケルクから4年後の1944年。
ノルマンディー上陸作戦決行までの96時間、最後まで作戦に抵抗したチャーチルの苦悩と真実。
派手な戦闘シーンではなく、チャーチルの苦悩なので何回も意識が飛んでしまった
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

2.0

原作は未読。
まず主人公「鮎喰響」を受け入れられるか否かによって評価が分かれる作品だった。
私は否。
響がなぜこの様な人格なのか、が分からないままなので最後までイライラした。
「自分に正直に生きる」と
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

3.8

「ブリジットジョーンズの日記」のプロデューサーの両親がモデルの実話の映画化。
ロビン(アンドリュー・ガーフィールド)は突然ポリオを患い、首から下が全身麻痺し呼吸器が無ければ生きられない。
医師からは余
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.3

プロ棋士瀬川晶司五段の自叙伝小説の映画化。
将棋に関しては全く知識がないので知らなかったけど、フライヤーによると、この瀬川晶司さんのプロ編入試験をキッカケに奨励会を経なくても実力ある者がプロ棋士になれ
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.2

韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。
今からわずか31年前、日本中がバブルに浮かれていた時、隣国でこのような大事件が起きていた事が衝撃だった。
と同時にこの作品が韓国で製作公開されたのにも驚いた
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.8

いつもなら邦題のダサさが嫌になるのだけど、これはスンナリと受け入れてしまった。😅
自分の中でのこのふたりのイメージはそのままだったから。
感情のままに行動するマッケンローに比べ、常に冷静なボルグが実は
>>続きを読む

SPL 狼たちの処刑台(2017年製作の映画)

3.0

確かにアクションは凄かったと思う。効果音が大き過ぎるのがちょっと気になったけど。
ストーリーがね。😓
韓国ノワールで少しは免疫力がついた気がしていたけど、「香港ノワール」?はその比じゃなかった。😱
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.6

昨年7月に公開された実写版を観た時は、原作とは違う12年後の設定を違和感なく受け入れていたのだけど、この原作に忠実なアニメ版を観ると(アニメ版オリジナルなエピソードは横に置いといてw)やはりアニメ版の>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.5

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2に向けて過去作を順に見始めた、MCUシリーズ8作目。
「アベンジャーズ」の戦いから1年ー地球滅亡を救うため、アベンジャーズ最強の男ソーが立ち上がる。
前作で卑怯
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.0

リメイク版を観たのでこちらも鑑賞。
80年代設定の方が自分に近いから、気持ちの入り方がかなり違ってしまった。😅
リメイク版と違って地味なキャスト(失礼)がストーリーにリアル感を出し、韓国あるあるに笑い
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

今回は小さくなるだけでなくデッカくもなるんだな。😅
ドタバタは相変わらずで、おしゃべりルイス(マイケル・ペーニャ)も健在。🤣
実は「アントマン」は未鑑賞だったので、前日にU-NEXTで鑑賞してからの劇
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.7

「アントマン&ワスプ」公開前に観ておかないとーと思いながら鑑賞日前日のかけこみ鑑賞になってしまった。😓
身長1.5㎝の最小にして最強?ヒーロー映画はコメディ要素がたっぷりで面白かった。🤣
大量アリには
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

正直なところ、観終わった後にもの凄く嫌な気分になって、9月の1本目に観てしまった為感想の駄文が書けない程落ち込んでしまった。😰
芥川賞作家の小説の映画化、カンヌ映画祭コンペティション部門作品と意味深な
>>続きを読む

クリミナル・タウン(2017年製作の映画)

2.6

予告編とフライヤーに騙された😓😓
どこがスタイリッシュ・クライム・サスペンスなのかわからない😠

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.3

2011年に大ヒットした韓国映画「サニー永遠の仲間たち」のリメイク版。
敢えて韓国版を予習しないで観た。
90年代を代表するヒット曲や当時の女子高生の姿を懐かしく思った。
世代が違うので刺さるところは
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.6

前作「マンマ・ミーア!」をNetflixで予習(前作を観ていないので予習 笑)してから観たので、違和感なく観る事が出来た。
前作では不完全燃焼で終わったドナ(メリル・ストリープ)と3人のパパとの出会い
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.5

続編「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」を観る前に予習。
ABBAのノリの良い曲を口ずさみながら、その当時の自分のいろんな思い出が蘇って来た。
歌のチカラって凄いな、と実感。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

原作小説は未読なので、既読の方のレビューのような激しい嫌悪感は無かったのだけど。😓
<一線を、越える。>まではそれなりに緊張感もあり、現在と過去の殺人事件の真相に迫る展開をひたすら見守っていました。
>>続きを読む

SHOCK WAVEショック ウェイブ 爆弾処理班(2017年製作の映画)

3.6

香港警察爆弾処理班VS凶悪テロリストの壮絶な対決。
香港映画らしい大雑把なストーリー展開ではあるけど、爆破シーンが半端なくてドキドキでした。
アンディ・ラウ、年齢を感じさせないアクションの連続でした。
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.6

人気シリーズの最新作やテレビドラマの劇場版、人気コミックの実写版の続編ーをチェックしていたので、こちらは全くノーチェックでした。😅
原作小説は未読。
SF大賞の小説のアニメ映画化なので、全編不思議な雰
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.0

原作コミックは未読だけど昨年公開の「銀魂」が面白かったので、「銀魂2」
はとても楽しみでした。
冒頭から笑いっぱなし🤣🤣🤣
笑いのスイッチが入ったままなので、笑い過ぎない様に堪えるのが大変でした。
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.0

劇場に置いてあるフライヤーの「極上の心理サスペンス」の文字に惹かれて観たのだけど、昼食後のフランス映画はやはり睡魔に勝てなくて何箇所か意識が飛んでしまった。😓
精神分析医ポール(ジェレミー・レニエ)の
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

あのダニー・オーシャンに妹がいた?しかもダニーは既に死んだことになっていて😅
世界一豪華で厳しいセキュリティのメットガラで、犯罪のプロフェッショナル達がどの様にして盗み出すのかーも興味があるけど、豪華
>>続きを読む

沈黙、愛(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

映画全編に仕掛けられた罠。予想だにしない結末に、あなたは黙っていられないー(「沈黙、愛」フライヤーより)
映画の評価と鑑賞後のレビューが好評なので観たけど、期待したほどではなくてがっかりだった。
イヤ
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.3

ドラマのファーストシーズンをちょろっと見ただけなので、劇場版には手を出さないつもりだったけど、次女が観たいと言うので、付き合って観て来た。😅
公開日から2週間以上過ぎているのに、TOHOシネマズ梅田
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3

1996年に公開された第1作から22年、シリーズを追うごとに難易度と過激度が増していくミッション。
特に今作はシリーズ最大&最難関のミッションで、究極の不可能に挑むトムから目が離せなかった。
IMAX
>>続きを読む

>|