TTSZさんの映画レビュー・感想・評価

TTSZ

TTSZ

映画(289)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

The Happytime Murders(原題)(2018年製作の映画)

3.9

下ネタ満載&モラル無視のハードボイルド・パペット・ミステリー。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

2作目で早くもシリアスモードに。
魔法使えたら、大平原を永遠に食べ続けたい。

クリスマス・クロニクル(2018年製作の映画)

4.6

最高にハッピーなクリスマス映画!
気分はベビーシッター・アドベンチャー!

バスターのバラード(2018年製作の映画)

4.2

数多の人生と、数多の唐突な死。コーエン兄弟の描く西部の世界は、時に残酷だけどとても心地良い。

Blood Fest(原題)(2018年製作の映画)

3.9

ホラー映画のオタク知識を駆使して、地獄のフェスから脱出せよ!
「キャビン」の二番煎じだけど、こんなフェスかテーマパークがあったらいいのに!とワクワク楽しめるホラコメの佳作。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

音楽の力は凄い。それをガッチリと伝える映画の底力も凄い。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.8

雰囲気はかなりいいけど、10年前ならもっと好きになれた気がする。なんなら学生時代に観たかった。

The Dark(原題)(2018年製作の映画)

4.5

ゾンビ少女と盲目少年の哀しき殺人逃避行。
オーストリアからやってきた、2018年ベストゾンビ映画。

7月22日(2018年製作の映画)

3.9

ポール・グリーングラス、いつもに比べて少し抑え目の印象だったけど、前半のテロシーンの緊張感と後半のドラマパートの重厚感はかなりのもの。
犯人がイルマリにしか見えなかった。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.7

デスクトップスリラーの完成形!面白すぎて鳥肌立った!

人狼(2018年製作の映画)

3.6

オリジナルアニメほとんど覚えてないけど、こんなんだったっけか。
内容スッカスカでまるで大したことないけど、人がたくさん死ぬのは良い心意気。

呪われた死霊館(2018年製作の映画)

2.8

オカルトとスプラッターを同時にやってみようという心意気が残念ながら裏目に出て、どっちに転んでも中途半端になっちゃった凡作。

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.5

レトロなようで新しい不思議な世界観。もう数時間浸かっていたかった。

Unfriended: Dark Web(原題)(2018年製作の映画)

3.8

全編PC画面のリアルタイム・デスクトップホラー『アンフレンデッド』の正式続編!
前作からだいぶ雰囲気変わったけど、面白かったです。

デッド・シャック ~僕たちゾンビ・バスターズ!~(2017年製作の映画)

3.7

背後からゾンビが迫ろうとも、一度放出してしまった小便を止めることはできない。

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

4.5

ギャレス・エヴァンスとカルト教団はヤバすぎる組み合わせだけど、蓋を開けたら『地獄の門』と『サイレントヒル』と『もののけ姫』で思わずぶっ飛んだ。いやーすげーすげー。
残虐と狂気と可愛いルーシー・ボイント
>>続きを読む

The First Purge(原題)(2018年製作の映画)

2.7

結局いつもの感じ。このシリーズはもうお腹いっぱい。

ホールド・ザ・ダーク そこにある闇(2018年製作の映画)

4.0

産後鬱の狼と、PTSDの狼。物語はだいぶ破綻してるけど、なんだかすげぇ。
ソルニエ映画は、相変わらず登場人物
がほとんど死ぬ。
しかし一体なんなんだこの映画は…

孤独なふりした世界で(2018年製作の映画)

4.3

シンプルかつ雰囲気が最高で、かなりクセになる終末ドラマの秀作。

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

4.2

『Beyond The Black Rainbow』の監督が、あのビジュアルに血まみれバイオレンスをてんこ盛りにした、狂気のハードリベンジスリラー。相変わらずなんだかよくわからんが凄かった。

>|