蹂躙さんの映画レビュー・感想・評価

蹂躙

蹂躙

映画(623)
ドラマ(16)

PASSION(2008年製作の映画)

4.0

おーー。
男くさいなー。男同士で不倫について語ってるのをずっと聞かされてる感じ。女性の気持ちは蚊帳の外。「おれがどう思うか」。特にかほが褒められてるところはひどかったなー。男性が女性を褒める時外見の話
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

5.0

「海見たかった」→「私帰る」の流れ、わかる。わかるーーー。

音楽の使い方がなんかー。狂気のテーマとあさこのテーマだけでいいかなー。濱口竜介は無音であってほしいって思っちゃう

黒猫チェルシーのひと上
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.8

前半がキツイ。

ホルガの人々は言葉の冒涜をしてる。共感の仕方。言葉が使われるときは必ず、肝心なことを言わない手段としての言葉。

ダニーとクリスチャンも言葉を否定しているので、ホルガと一緒。

儀式
>>続きを読む

Outer Space(原題)(1999年製作の映画)

5.0

こっわ。こっわこっわこっわ

映像は普通に怖いけど音が狂ってる

こんな時間に見るんじゃなかった

イメージズ思い出したなー

キャロル(2015年製作の映画)

4.3

ケイトブランシェット様尊い...

ケイト様の尊さを我々平民が頑張って摂取しようとする映画。マーラと我々はケイト様を目で追う。覗き見ショット多数。覗き見してたのが最後目が合う気持ち良さ。

テレーズ→
>>続きを読む

女と男のいる舗道(1962年製作の映画)

4.0

ダンサーインザダークやん〜あのダンスシーンの文脈....

おじいさんとの会話、男と女の分かり合えなさがよく出てる...

下腹部が痛い....

ルグランの主題歌、短調から途中少し明るくなったかと思
>>続きを読む

パームビーチ・ストーリー(1942年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

あまり笑わなかった。脚本がウィットに富んでないし、説明的。なんで主演二人が愛し合ってるのかわからないし、金持ちに関しては、結婚するなら兄弟でもいいとか全然笑えない。

男女観と人種観が古すぎてちょっと
>>続きを読む

モード家の一夜(1968年製作の映画)

3.8

紅茶のくだりだけで奴のヤバさがわかる。ジャンセニストとかパスカルとか言ってて難しそうだけど要はそういうことだと思う

なんかすごいレベルの低いコミュニティでごちゃごちゃやってるのを見せられてる感じ。不
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

4.7

幸せ!!幸せすぎる!!

浜辺美波が相当頭おかしいし、変顔がすごいが、ほかの登場人物と画面がそれをスルーしながら暖かく見守ってるのが感動。泣ける。PFのキャンディスとジェレミーを思い出した。

雨の中
>>続きを読む

砂漠のシモン(1965年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シモンみたいな奴いるいる〜〜

ブニュエルのいきのいいダンスシーンがレア!

Knife + Heart(原題)(2018年製作の映画)

5.0

これは、やばいです、、、、、、泣きました、、、、、、、、言葉に出来ません、、、、全てが美しい、、、、、、、、、、、、、泣泣泣

そしてとてもスタイリッシュ、、、、、M83、、、、CHANEL、、、、、
>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

結婚式が革命に様変わりするラストの反乱がハード...笑 『if....』っぽい、政治性


★墓地
二人は墓地でデートする。なぜ墓地?人がいないから?イギリスでは学生が墓地に集まる風習があるのか?
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

4.4

リチャードカーティス最高すぎな。それに尽きる。(リチャードカーティスの脚本はコリンファースよりヒューグラントの方が生かされてるよね当たり前だけど)あとレネーのウィスパー上品な声色のど下品ジョークが好き>>続きを読む

シーズ・ガッタ・ハヴ・イット(1985年製作の映画)

-

自由性愛に女性解放はあるのか?彼女のアートを追求して欲しかった。筋肉つけてる金持ちがすごいクズだった。

オープニングタイトルのデザインがかっこいい。

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.9

話がなんども反転して面白かった(というかほぼ台詞を聞いてない人にとっては辛い)。ソダーバーグっぽい淡々さ。ジュードロウのヒロインへの執着がピグマリオンぽくてキモくて面白かったんだけど、結局ジュードロウ>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

2.0

すべてクリシェすぎない? てかこんなに扇情的にわかりやすく二元論的に貧困を描かなくちゃいけないの?

ムレーの強者のジョークとJOKERの弱者のジョーク

(ホアキンふつうに顔が綺麗、タイプ!

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.4

人に対する姿勢が真摯ですねーこの監督。愛し合ってるのにうまくいかない、、。チャーリー的な、天才肌でこだわり強い男性に女性は惹かれる人は多いが、十中八九自己中なので、仕事欲のあるニコールのような人はそも>>続きを読む

あるあるティーン・ムービー(2001年製作の映画)

4.0

監督結構すごいテレビ人だった。

結構ブラックジョークきついけど、面白かったです。
私の好きなコメディの特徴

・登場人物が語りに介入してくる(スロークラッピングをどうしてもしたい人、スローモーション
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.0

ガサツカップルー

セリフは原作まんまっぽい。読んでないけど

アシュリーが好きなのに清らかすぎて自分にはとても釣り合わない、、、わかりみ

拾った女(1953年製作の映画)

5.0

えええーーー自分史上最高ノワール〜〜〜〜!!!
筋もカメラも脚本も全部完璧〜〜!!!

視線劇!視線とブツだけで語る!これぞ映画!!!

あとね、女性が人格を持った人間として描かれてるのが本当感動した
>>続きを読む

血の婚礼(1973年製作の映画)

5.0

手!!!
最初の情事のシーン→二人がいなくなって手だけが残る
公の場で二人が会うシーン→他の人と違う触り方の手
エンドシーン→手錠に繋がれた手
だから何って感じかもしれんけど、なんか個人的にすごく興奮
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

階段の話とかみんなのレビューみててへーと思った。

わたしは、「匂い」についての件がほんそれなだった。最終的に殺意を沸かせたのもあの臭う仕草だし。トルストイ並みの繊細さ。

殺人パーティのあとがハリウ
>>続きを読む

歩道の終わる所(1950年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

タイトルだけで選んだ映画。

ヤバイサイコパスが出てくるのは、『バニーレイク』と『ローラ』と同じ。

殴るシーンが冷酷で静か。

スカラーシをやっつけてからじゃないと自首しないんだ、ほへーと思った。わ
>>続きを読む

Booksmart(原題)(2019年製作の映画)

5.0

超面白い!!!風通しがいい!!
ジョークのセンスと間が神!!パンダとピザ屋のくだり笑
フレンズのフィービーが出てる!

前半が冒険譚みたいなのが面白かった。
gigiとmiss fineとjaredが
>>続きを読む

卍 まんじ(1964年製作の映画)

4.5

しとしと、しとしと、しとしと、今夜は雨が降っている。しとしと、しとしと、しとしと、何を囁いているのかしら。ああ、そうだ、みつこ、みつこ、みつこ、みつ、みつ、みつ、あたしはいつの間にか筆をとって指の先へ>>続きを読む

アンビリーバブル・トゥルース(1989年製作の映画)

3.5

ハルハートリー の映画って全部こんな喋るのかな。演者が流暢な台詞を動き停止して喋るから、全員ハートリーの操り人形みたいに見えるんだけど。特に家族の描き方がすごく不自然。母と父、父と娘、母と娘の会話リア>>続きを読む

召使(1963年製作の映画)

5.0

へへへへへ最高〜〜。
ロージーの上品な下品さたまらん!
ヴェラのシーンバキバキすぎる。脚の伏線回収。

召使が紳士を堕落させて淑女と引き離すことが、ヒューゴのトニーへのホモセクシュアルな愛情。得意料理
>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

3.4

うーんテーマとかはすでに知ってることをわざわざ時系列ぐちゃぐちゃにしてドヤ顔で言われてる感じがしたし、どんでん返しも「へー」だし、長い。なんとなく哲学とか雰囲気が「Boyhood」に似てるんだけど、全>>続きを読む

少年たち(1999年製作の映画)

4.9

あんな治安悪いのになんでそんなになかいいの...泣いちゃう

ユダヤ入ってるタリアとイスラム入ってるイリエス。キスシーンとかウェディングドレスとか....。

ウェディングドレス盗んだあと音楽入るタイ
>>続きを読む

簪(かんざし)(1941年製作の映画)

3.5

どのタイミングで納村のこと好きになったのかがわからなかったので階段のシーンがあまり響かない。

「おじさん頑張れ!」が伏線なのはいいけど、多すぎるし長すぎる。

不美人だと簪の情緒がぶち壊しですか、そ
>>続きを読む

白衣の男(1951年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

SFというより風刺。

汚れず破れない布という新発明により利益を奪われるブルジョワとプロレタリアート両方から総攻撃受ける→結局は発明失敗でチャンチャン。ストラットンは新たな街へ、、。
この筋は一見風刺
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.7

超ハード。レンガを投げるのは子供が真似しそうだと思った。

彼氏がハトのひとに共感したらしくガチ泣きしててちょっと心配した。

ビンタが多かった。

朝弱いのは深刻。3までに治した方がいい。

接吻(2006年製作の映画)

4.5

ヒョエー

セリフ、ショット、音全てが意味を持って噛み合ってる。なんか私には理解できないけど、彼らにはちゃんと筋が通ってるんだろうなという感じ。超ウェルメイドな映画。
噛み合わない会話のディスコミュニ
>>続きを読む

>|