ntrecさんの映画レビュー・感想・評価

ntrec

ntrec

映画(1024)
ドラマ(27)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

大尉の台詞の重さよ。
この素晴らしい映像を持ってしても、
どれだけ底沼な残酷だった戦いであったのか、到底イメージできる訳がない。その台詞が全てを物語っていた。

アップグレード(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

そういえば、「アリバイがないから自分で行って証拠を見つけるしかない」ってのがなんか変だったんだよな〜、いとも簡単にSTEMに負けちゃった人間。確かに、人間の潜在能力を全部発揮させちゃったら、高性能な量>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.6

最後、主人公が嗅いだ木の匂い..ものすごくよく解ります~~、
アニミズム大国日本、漁業、農業、林業といろいろあると思いますが、林業がなんか神に一番近いのかなぁ?と思わせるものすごい説得力のある映画。
>>続きを読む

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

3.0

ギリギリのリアリティーとファンタジーで成り立っている最近稀有な作品
でもサーモンはファンタジーでは育ちませんねぇ

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.8

すべての犬を愛する人へ Part2
犬って何考えてるか分かんないからこそ生まれるドラマ。
犬バカだから本当にこんなことあるかも!って思っちゃう(笑)

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.9

ミュージカル仕様なのでたまに素に戻っちゃいましたが、感情移入ポイント沢山で楽しめました。まさにファミリー向けディズニー映画って感じ。
可愛い海賊との戦いが個人的MVPでした、らしい、らしいなぁ。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

脚本がリメイク?だから派手さは無かったのかもしれないけど、いわゆる「ゲーノーカイあるあるストーリー」をみせられた感があって何だかなぁ、というのが正直なところ。楽曲もそれほど感情移入できず、、ガガ様の歌>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.3

「迷惑を掛け合わないと人は生きていけない」
迷惑振りまく人にも2パターン居て、根も葉もなくただ自分勝手で終わる人と、その自分勝手さに気づいて反省し、迷惑かけた以上の恩を返そうと思う人。
"バナナさん"
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

2.4

BL好きにはハマるの?違和感しかなかったなぁ、宝塚ってこんな感じなのかな?
小ネタはおもしろかったけど、壮大な世界観と展開のギャップが..この白熱の演技の役者にこんな薄い台詞喋らせる??っていうのが結
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

「この映画を見た後は必ず3部作観るor観返して正義を取り戻してくださいね!」、と言いたくなるようなとてつもない虚無感に覆われ..

賛否両論あるというか、映画としては★5つだけど正義感?が評価を邪魔
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

ヒトラー征伐といい今回といい、タランティーノは世の中を正してくれる、いつもちょっと乱暴でR15だけど観てて気持ちよかったりする(笑)
こういう目線で戦国時代を描いてくれる脚本家さんと監督さん居ないかな
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず感想速報:
私的MVPはルークのX-Wingが釣れたポイントですが、
折角だったらR2乗っけてファイトして欲しかった。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.1

”We shall be released”、完全にやられた。
ノームチョムスキーの登場、2度やられた映画でした。
自分の魂を鷲掴みされた気がした映画。

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.8

戸田恵梨香が「素敵」
大泉洋は相手方の女優を引き立てる天才ですね、いろんな意味で

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.5

イギリス贔屓なのでちょっと加点

安心して見られるコメディ。テレビ版、翻訳で観たので後で英語でもう一度見てブラックネタ拾い直そうかと思います

>|