マムーラさんの映画レビュー・感想・評価

マムーラ

マムーラ

映画(504)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ザ・ディープ・ハウス(2021年製作の映画)

3.7

水中ホラーという斬新なジャンル。POVものはそうなんだけど、最初のほうは何も起きなくて眠たいが、いざコトが始まると、最後のほうは水中での息苦しさが伝わってくるかのような怖さがあった。水中で屋敷に閉じ込>>続きを読む

ザ・ミソジニー(2022年製作の映画)

3.0

あまりに難解すぎるというか、劇っぽすぎて途中で寝てしまった。見る人が見れば分かるのかもしれないが、それっぽいセリフが並べてあるだけにしか思えなかった。

この子は邪悪(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

筋は読みやすいが、ライトなスリラーとしては悪くなかったと思う。あと、単なるスリラーだとばかり思ってたら突然入るジャンプスケアはびっくりした。大西流星くんが気の毒すぎる。大西流星くんがそのままなのは全く>>続きを読む

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

もはやガリレオいる?みたいな科学トリックのなさ。トリックも容疑者Xの献身の焼き直し感と、それにオリエント急行殺人事件を混ぜたみたいな陳腐さが目についた。探偵ガリレオの「こんな手口があるのか!」みたいな>>続きを読む

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.9

セリフを無駄に詰め込みすぎているきらいはあるが、岡田くんのアクションが素晴らしい。無駄に存在感のあるMIYAVIも、大竹しのぶも良い味出してる。ただ、ヤクザモノにしてはエロスが足りない。エロスがあると>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.7

個人的にアス以降のジョーダン・ピールが合わないというのもあると思うが、「あー、メタファーのやつね」みたいな感じで、もっとガツンと来るオチを期待していたが、そこまででもなかった。ただ、奇想天外な世界観を>>続きを読む

グッバイ・クルエル・ワールド(2022年製作の映画)

3.4

タランティーノっぽいことがやりたかったということは分かるが、後はひたすら意味があるようなないようなそれっぽい断片的なセリフの寄せ集めみたいなのが続くだけだった。

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

4.1

けっこう感動した。夏休みの少年冒険ものだが、「子供の成長」的な大仰さがなく、むしろなんて事ないような話なのが良かった。さりげなく少年たちの心の触れ合いを描いた良作。

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.0

アクションと終盤の展開は素晴らしかった。ただ、序盤が回想シーンが矢継ぎ早に来るので、キャラクター把握がし辛いのと、あまりユーモアそれ自体は刺さらなかったが、度肝を抜かれるような殺戮が、軽妙な演出で描か>>続きを読む

シーフォーミー(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

まぁまぁな出来のスリラー。FPSゲーマーの支援で、元スキーヤーの盲目の女性主人公がドント・ブリーズ的な形で窃盗団と戦う話だが、そこまで爽快感がない。というのも、主人公はバイト先の金持ちの家から金品をく>>続きを読む

吉原炎上(1987年製作の映画)

4.2

オムニバスっぽいところがあり、ストーリーもまとまらなさがあるが、とにかく画力と勢いで押す映画。仁支川峰子の「ここ噛んでーー!」凄まじいシーンだった。かたせ梨乃も迫力満点。セットもとにかく豪華で、ラスト>>続きを読む

Zolaゾラ(2021年製作の映画)

3.5

とんでもない話で、86分と短くて良かったが、ちょっとアーティスティック過ぎる。細かいところでスタイリッシュで良い画はあったものの、キメ画みたいなグッドショットはない。

野球部に花束を(2022年製作の映画)

3.9

99分とコンパクトにまとまった青春コメディ。高嶋政宏をエキセントリックな監督役にする時点でもう勝っている。感動要素もあるが、ウェット過ぎない絶妙なバランスで、ユーモアがより引き立っていた。高校生がオッ>>続きを読む

劇場版 Gのレコンギスタ V 死線を越えて(2022年製作の映画)

3.8

ロボットの戦闘シーンの映像表現や、会話劇の究極の言文一致的な部分はエバーグリーンだと感じたが、富野監督が意気込んだ経済やテクノロジー・戦争への警鐘は驚くほど昭和・平成の価値観で、もちろん7年前の作品な>>続きを読む

キングメーカー 大統領を作った男(2021年製作の映画)

3.7

ポリティカル・サスペンスじみた選挙戦を描きながら、議員と選挙プランナーの関係性を描いたドラマ。ちょっと真面目すぎて眠くなってしまったが、面白かった。議員と革命に心酔するが故に道を誤ってしまったプランナ>>続きを読む

バイオレンスアクション(2022年製作の映画)

3.0

ある種の暴力だった。肝心のアクションが、何年前のアクション!?という感じで、もっと橋本環奈のジョン・ウィックを期待していたが、ギャグみたいなアクションだった。ヤクザの抗争も、殺し屋の掟もガバガバすぎる>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

4.0

原点回帰の映画だった。ジュラシック・パークとは、恐竜が暴れて人間が逃げてビビりまくる映画であるという割り切り。旧キャストも出てきて、面白いエンターテインメント映画になっていた。最後に人類への警告が出て>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

4.0

ピアース・ブロスナンの007を現代にアップデートしたような作品。ドローンも使いながら、スタイリッシュだが派手な画で楽しかった。子供も出してドラマもきちんと作っている。話も分かりやすく、NETFLIXオ>>続きを読む

PIG ピッグ(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

伝説の料理人だった世捨てケイジが、買っていたトリュフ豚を奪還するというストーリー運びで、ニコラス・ケイジが暗黒仕入業者をちぎっては投げ、ちぎっては投げするのかと思ったら、まさかの料理で改心させようとす>>続きを読む

劇場版 Gのレコンギスタ IV 激闘に叫ぶ愛(2022年製作の映画)

3.8

相変わらず究極の言文一致たる富野節がすごい。よくあんなんで意思疎通して宇宙旅行ができるなと思う。反物質弾なんかバカスカ使ってたっけ?と記憶は曖昧だが、カシーバミコシ争奪戦の記憶はあった。戦闘を止めに行>>続きを読む

アドレノクロム(2017年製作の映画)

3.1

全然よく分かんない映画だった。アートすぎる。でも、最後にラリった軍人が披露するアクションは面白かった。音楽は良かった。

セルビアン・フィルム(2010年製作の映画)

3.7

ゲテモノ扱いされる作品だが意外とちゃんとしていた。退廃や暴力が日常と化してしまったセルビアの世情をカリカチュアライズして描いている。「セルビアではこれが幸せな家庭だ」みたいなセリフが全てを表していた。>>続きを読む

ボイリング・ポイント/沸騰(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「レストラン経営、やっちゃいけないこと全部やる」みたいな映画だった。90分ワンカットで手持ちカメラなんだけど、ほとんどホラーに近い。ウエイターが皿を持つ度に緊張が走る。ヤク中でアル中のシェフ、仕事をナ>>続きを読む

キングダム2 遥かなる大地へ(2022年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい映画だった。清野菜名がグリーン・デスティニーみたいでカッコよかった。単体のアクションも、軍隊のシーンも素晴らしく、王騎将軍やトヨエツもキャラが立っていて、トヨエツと小澤征悦の一騎打ちシーンも>>続きを読む

炎のデス・ポリス(2021年製作の映画)

3.5

ガンアクションは良いんだけど、それに至るまでが長い&眠い。刑務所立て篭もり系で緊張感を維持するのは難しいなと思った。キャラ立ちもイマイチ。

GHOSTBOOK おばけずかん(2022年製作の映画)

4.0

ウェルメイドなジュブナイル映画。冒頭の図鑑坊はパペットだったり、まさにスピルバーグやジョー・ダンテのようなアンブリン映画を目指していることが分かる。図鑑坊とガッキーと柴崎楓雅くんがかわいくて、ラスボス>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

4.5

確かに恐怖の本陣だった。2022年夏ホラーの真打ち登場。拷問のような定点カメラジャンプスケアや、楽しい祈祷など、勢いがあって良かった。渋いオバサン祈祷師が素晴らしい。終盤、急にギアが上がるのは哭声より>>続きを読む

マーベラス(2021年製作の映画)

3.5

全体的に散漫なアクション映画。サミュエル・L・ジャクソン、マギーQ、ロバート・パトリックという関連性もよく分からないキャスト。話も長いし、アクションも特筆すべきところはなく、むしろ分かりにくい結末。

ミニオンズ フィーバー(2022年製作の映画)

3.7

ミニオンズがかわいかった。グルーと老泥棒の関係性も良い。音楽の使い方はさすがこなれているなという感じ。カンフー練習とかミニオンが自転車でバイクを追跡するところとか、ミニオン描写は良かったが、敵がイマイ>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

4.0

もっとスタイリッシュな映画かと思っていたら、良い意味でヒドイ。特殊造形が素晴らしい。若いハーヴェイ・カイテルやジョージ・クルーニーなど名優の演技も素晴らしい。ゴアとアクションがたくさん見られる映画。ラ>>続きを読む

ビリーバーズ(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

カルト宗教が無人島で修行をするが、美男美女を一緒にしたもんだから、何も起きないはずはなく...。みたいな話。カメラワークも面白いし、宇野祥平が絶叫しながらフェラされるのを磯村勇斗が応援するみたいなのも>>続きを読む

太平洋奇跡の作戦 キスカ(1965年製作の映画)

4.0

画面がやたら濃厚な映画。有名な作戦を克明に描き出した労作。三船敏郎の飄々とした三船敏郎ぶりと、山村聰の理想の上司感が良い。最後のキスカ西回りを航行する難所の描写は、超ゆっくりトップガンマーヴェリックみ>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

4.0

なかなか面白かった。こぢんまりしてて良い。ユーモアも楽しかったし、途中でモノクロになって戦うところがトップをねらえ!みたいでカッコ良かった。子供が戦うのも、子供向けMCUという感じで良い。今までが大人>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

3.8

とにかく気持ち悪い映画。立ち上がりが遅くて、最初の殺人が起きてもアクセル全開とはいかない絶妙なテンポ。ゆっくりと忍び寄る(ゆっくりしか忍び寄れない)老婆が本当に気持ち悪い。性欲がいつまで経ってもなくな>>続きを読む

バズ・ライトイヤー(2022年製作の映画)

3.9

ウェルメイドなSF映画。ウラシマ効果激推しだったり、ザーグの解釈が斬新だが、スタートレックとかでありそうな話。やたらデザインが0080のジオン軍だった。ズゴッグEとかケンプファーとか。

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なかなか頑張った映画だったが、血が多すぎて画面が汚い。もっと内臓をいっぱい出したり、脳ももっと使って欲しかった。一方で岸辺一徳似のババァゾンビ、安藤なつゾンビ、田山涼成ゾンビなど、ゾンビもキャラ立ちし>>続きを読む

>|