野良鹿さんの映画レビュー・感想・評価

野良鹿

野良鹿

映画(262)
ドラマ(2)

ゆれる(2006年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

20200524
「誰の目にも明らかだ。最後まで僕が奪い、兄が奪われた。
けれどすべてが頼りなく、儚く流れる中でただひとつ、危うくも確かに架かっていたか細い架け橋の板を踏み外してしまったのは、僕だった
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

-

20200514
てっきり戦時中のプロジェクト系の話かと思っていたら、ある研究者の(研究内外の)苦悩に視点を当てた話だった。アスペルガー障害の人間にとっては、直接的ではない会話は暗号と同じことというの
>>続きを読む

マージン・コール(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

20200315
この映画の登場人物には金は稼ぐけど家族がいない人ばかりだ。同僚は他人の給料ばかり気にしている。上司は親への仕送りはしているが家族は持たない。とんでもない年収を稼いでも家、車、酒、女で
>>続きを読む

白いリボン(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

20200315
解説や感想を見てやっと少し理解できた。地主、医師、聖職者など権力者や大人たちにからの抑圧にまみれ、閉鎖的で陰鬱で不穏な空気が終始漂っている。それが後に起きることに繋がっていく。
『シ
>>続きを読む

麦の穂をゆらす風(2006年製作の映画)

-

20200310
初ケン・ローチ作品です。どうして人は過ちを繰り返してしまうのでしょう。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

20200308GYAO
邦題はもちろんアダム・スミスの「(神の)見えざる手」からもじったんだろう(スミスは「神の」とは言ってないけどそれはここでは置く)。現代の資本主義経済では見えざる手が導くことは
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

20200305GYAO
胞子の房に火をつけて人類を絶滅させる選択は『虐殺器官』を思い出す。「先生一人じゃ人類絶滅するじゃん」とは言ってはいけません。あれが彼女たちの幸福なのです。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

-

20200305GYAO
2013年ボストンマラソン爆破テロ事件の映画。ドキュメンタリーではないし、どこまでが事実なのか脚色なのかわからないのでなんとも言えないところはある。マークウォルバーグが事件後
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

20200305GYAO
画面の色調と音楽が印象的だった。全体の構成は難しかったけど、一つ一つのチャプターはわかる気がする?外から見て状況が改善したわけではないけど、ずっと引っかかっていたことや人間関
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

-

20190803
立ち止まったとき、こういう話が僅かでも慰めや支えになればいいなと思う映画だった。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

-

20190803
前半の料理シーンはテンポよくリズミカルでのんさんの演技も相まって癒やされる。それと同じように後半の空襲警報が連発するシーンもテンポよくリズミカルに描かれていて、こうして空襲が日常のも
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

20190521
映画やアニメ、ゲームなどサブカルネタがふんだんで画面はすごく楽しい。しかしストーリーはなろう系っぽくてちゃちだった。いや、こういう映画にはそれくらいがいいのかもしれない。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

5.0

20190519劇場
私たちのポケモンの原体験を思い出させて、そこに連れ戻してくれる。こんなにリアルに私たちの暮らしの中にポケモンがいる世界を描いた作品はなかった。子供のころあんなにポケモンが好きだっ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

20190308
序盤はなんだとこれと思いながら見ていたけど、中盤以降ワクワクが止まらなくなってくる。

人生、サイコー!(2013年製作の映画)

-

20190121
コメディチックだけど、家族とはなにか考えさせられた。どう生きるか決めるのは自分だ。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

20190208
松潤も坂口健太郎もどちらもタイプの違うクソ野郎で、嫌になっちゃうよね。いるよね、フラフラして周りをぐしゃぐしゃにしていくやつ~。いるよね、モラハラ野郎~。どちらかといえば私は葉山先生
>>続きを読む

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

20190114/GYAO
前作に引き続きジェラルド・バトラーつええええええ。でもさすがに、大統領に居場所をテロリストに教えてしまうのはどうかと思うよ(ツッコミではない)。

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

20190114/GYAO
こういう映画はツッコんではいけないとわかっているんだ。セキュリティがガバガバとか、わかってるけど、さすがに所属不明の攻撃機がワシントンDCまで侵入できるのはどうかと思う。映
>>続きを読む

>|