おにたんさんの映画レビュー・感想・評価

おにたん

おにたん

映画(282)
ドラマ(0)
  • 282Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

なかなか分かり易い、痛快な作品だった。FBIのお姉さんは、これからも捜査を続けるのでしょうか。

セブン(1995年製作の映画)

4.1

昔に見て、すごく印象に残っていた映画。久々にもう一度見ましたが、やはりストーリーが素晴らしい。
最後のシーンは頭に焼きつくこと間違いなし!

JOY(2015年製作の映画)

3.7

ながら視聴でしたが、良い映画でした。
なんとなくスターチャンネルつけていたら、見入ってしまいました。

モンスタートラック(2016年製作の映画)

3.4

途中から鑑賞。
モンスターの子供が可愛らしかった。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

子役のローラがかわいらしい。
ラストのシーンは少し感動しました。
ローガンは不死身という苦しみから、本当に解放されたのでしょうか?

マリー・アントワネット(2006年製作の映画)

2.0

歴史的な内容を期待していたのに、あまりにも内容が薄すぎて、途中で見るのをやめました。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.5

日本の文化の影響を強く感じさせる映画でした。海外への影響力を強く感じます。誇らしく思いました。
一昔前の韓国の面影はどことやら…
嘘偽りを続けていると、化けの皮が剥がれます。

パシフィック・ウォー(2016年製作の映画)

3.5

大東亜戦争の終戦間近に、原爆をテニアン島まで運搬した後、日本の潜水艦に撃沈された米重巡洋艦インディアナポリス号の物語。
船は知っていましたが、実話としてこのような出来事があったことを、初めて知りました
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.2

昔見た記憶があったが、2回目の鑑賞。
映画はほぼ宇宙空間のみですが、ハラハラドキドキ、手に汗握る展開であっという間に時間が過ぎました。映画の時間も適度な長さです。
無重力の宇宙空間の恐ろしさを、改めて
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.6

最近の旅客機はエンジン性能が良くなったせいか、装着エンジン数が少なくなっている気がする。
この事故のように、バードストライクに遭遇した際のリスクは高まっていないのだろうか?
そう考えると、エンジンが沢
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.8

ドミニクの子の名前をブライアンと名付けました。最後のシーンはジーンときました。

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

3.3

特段感動なし。
米国人は金が全てなのか?
金のためなら人を騙してよいのか?
日本人はそうあるべきではない…
人に役に立つ、感謝してもらえることを行うことこそが、日本人の生き方だと感じました。

君の名は。(2016年製作の映画)

5.0

話題になっていましたが、アニメなので大したことないと思いこれまで見ていませんでした。地上波放送されたので鑑賞。

感動です。素晴らしい映画です。こんなに人気だったのもよく理解できました。
伝統ある神社
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.1

形見の日本刀を通して見られる、旧日本軍兵士と米軍兵士の友情、零戦とP51の部品で作った船など、過去の戦争を乗り越えたうえでの、現在の良好な日米関係を背景として作られたことを感じさせられる。
一方、一時
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 劇場版(2015年製作の映画)

3.6

戦車講座が勉強になりました。
日本戦車の性能が当時の標準だったということで、安心しました。
すごく遅れていると思っていましたので…

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.5

2回目の鑑賞ですが、奥が深すぎて、意味をまだ理解できません。
さらっと見て理解できない映画は好みではありませんが、ハビエルバルデムの印象が妙に残っていたので、もう一度見てしまいました。
この俳優は顔、
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!(2014年製作の映画)

4.0

戦車講座でのマニアックなイタリア戦車の解説が良い。勉強になりました。
しかし、普通の人は戦車の種類なんて分からないのでは…
私は🇯🇵三式中戦車を応戦したいです。八九式は古過ぎます。

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.3

死体と刑事とトランク男の関係は不明のまま…
しかし、ストーリーもなく楽に見られた。

ディセント2(2009年製作の映画)

3.4

ハラハラで落ち着く暇もなし。最後のおっさんは何者?
続編はあるのか…

ディセント(2005年製作の映画)

3.3

プレデターを連想させるシーンあり。
洞窟の中の後半はハラハラする。
前に一度見たことがあった…

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

3.4

狙撃兵は効率性抜群。無駄弾を使わない。
しかし、素人が考えるより、実際には難しそうです。

トラ・トラ・トラ!(1970年製作の映画)

3.8

古い割にリアルな映画だった。
特にカーチスP-40戦闘機が、飛行場で破壊される様子は秀逸。
しかし、零戦の再現度は今ひとつ。P-40が零戦を続けて撃ち落とすなんて有り得ない…
日本は純粋に真珠湾の軍事
>>続きを読む

トリプルX(2002年製作の映画)

3.2

普通のアクション映画でした。
特に目新しいものなし。

>|