あめくさんの映画レビュー・感想・評価

あめく

あめく

映画(93)
ドラマ(0)

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.8

なんて理想的なゾンビムービー。おバカさ加減も若干のエロも青春で絶妙。ボーイスカウトに惚れました。

娼年(2018年製作の映画)

1.0

こういうおっさんの妄想キツいストーリーほんと無理になったなぁ……
時代がちょっと違ったら男女逆の物語だっただろうし、松坂桃李の激しすぎて痛そうすぎる性行為描写もしんどかった……
原作もあんな雑なセック
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.5

こういうのが好きなんでしょ!で殴られた感。キッチュでレトロで最高なファッションに伊達男との夢小説、怒涛のアクション。強かった.......好き.......

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.3

ひさしぶりに観たけれど
受け入れられない世界観もありつつ
しかしそこで各々が自分のために判断して強く生きていく姿は素晴らしいと思う
たくましくなりたい

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

想像もできないその先を想像するSFは好き。
脳の100%を使える生き物は時間からも空間からも解放されて世界そのものになるのだという仮定かな

レンタネコ(2011年製作の映画)

3.5

ほのぼの~~~
ねこまみれ。

ゆるーっとした休日の昼間のお供にしたい映画。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

2.8

キャラクターが誰も彼も口が悪く下品かつ意地悪で愛せなかった……アメリカのティーンズムービーって何故こういうノリなんだろう。
歌のシーンはとても良かったです。

アラジン(2019年製作の映画)

4.8

映画館で聴く山ちゃんの歌声が5億点でした。
ダンスシーン多めなのも楽しかった!ウィルスミスは素敵だなー
ストーリーとしてもボリュームあってよかった❤️

ジャスミンの独白シーンがちょっと「???」だっ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

深海はロマン。
最近ハリウッドで流行っている(?)中国資本美女、賢くて勇気があってうつくしい、守られるだけではない女として描かれることが多いのでわたしはけっこう好き。

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.5

ちゃんとしているサメ映画だった。笑
原題SHALLOWSのとおり浅瀬で繰り広げられる タイマンの攻防…
変に大きい音で驚かせる系でなく 無音のタイミングもよくてドキドキした。

海獣の子供(2018年製作の映画)

4.0

10年以上前に原作に出会ってから ずっとアニメーションで観たいと思っていた作品。映像が期待通りの美しさでした……。もうそれだけで8割方満足。

ストーリーは 2時間でまとめるには上々なのではという印象
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.0

天才詐欺師の頭脳戦モノを期待して観たらオレたちワルだぜ系恋愛ものだったので……。
マーゴット・ロビーのスタイリングがどれも最高に美しくて素敵でした。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.5

おもしろかったけど……
複雑……
3までは大人も子どもも楽しい作品だったけど
今作は大人向けだなぁと思った
おもちゃというよりキャラクターを通して人生観を考えるような作品

おもしろかったけど……!笑
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映像はすごいし伏線もおもしろかった
エンドゲームからヒーロー個人の人生への感情移入が強くて
ピーターもキャップやアイアンマンのように滅私奉公でヒーロー活動したり、パートナーを顧みない人生を送るようにな
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.5

忙しい人のためのTRIGGER。
音楽が要所要所でかっこいい。
面白かったけど頭空っぽで観れる系作品てあんまり得意じゃないのかもな……?と思った 色々考えたい 笑

囚われのサーカス(2008年製作の映画)

3.0

こういう関連のテーマの作品は……判断が難しい……

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.7

唐突な世界観設定、嫌いじゃない。
ルール設定と詰んでる感が良かった。終わり方も潔くて好き。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.8

なんとなく見始めたけどおもしろかった〜!
子供向け作品らしいトンデモがありつつ、大人からしたら妄想としか思えない子ども視点での彼らにとってはリアルな世界。
ほのぼのもコメディもバディ感も楽しめて良かっ
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.8

青春だなぁ。優しい。
価値ある人々が自身を蔑ろにするような相手と付き合わないことを選べるようになってほしいね。
エズラミラーの美しさ。

アノマリサ(2015年製作の映画)

3.0

んーーー あんまり好みじゃなかった……
地下に降りたあたりは少しすき

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

ゴジラとシリーズと聞いて。
無駄な死の演出が嫌いじゃない……。
あとトム・ヒドルストンは眉がほんとセクシーですね
ストーリーはまあまあでした
最近のハリウッド映画はほんとに中国資本の力を感じて純粋に羨
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.0

大怪獣スマッシュブラザーズ!
ゴジラは履修していないけれど アラサーに馴染みのゴジラやモスラのテーマソングが聴けたのはアツかった
不足していると言われていた人間ドラマも丁度いい塩梅だったのでは?
モス
>>続きを読む

イキガミ(2008年製作の映画)

3.2

劇場で観てたら感動したかも
でも劇場で観るほどの映画でもないかも
ふんわり漫画読んだことあったのでふんわり知っている感じだった
実写としては悪くないと思う
原作が読みたくなった

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

3.2

平日昼に観るようなサスペンス。
突然の来訪者との牧歌的日常からの転換が激しいけど動機づけがあっさりすぎたのでもう少しちゃんと描かれていたらもっとおもしろかったな……

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.0

行き当たりばったりに殺人件数が増えていく話。実話ベースというていだからか作りがドラマティックでない、ただ運悪く被害者がどんどん増えていくというような印象
実際は計画外に被害者が増えるということは起こり
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8

少女漫画的SF。タイムトラベル能力を使って尊大じゃない日常を大切にする物語。
ヒューマンドラマとして素敵だった。
最後の父との散歩シーンとても好き……

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

連作だからこそ演出できる絶望。違う角度から見れば平和。ストレンジに恋しました。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.9

アベンジャーズから観たので アイアンマンとストレンジがいちいち小競り合いするのは アイアンマンが自由奔放自己中すぎて ストレンジが和を大切にする神経質な人間ゆえだと思っていたのだけど
ストレンジも大概
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.2

レイシズムへの拒否が強いので序盤からしんどくて観るの辞めようかな……と思ったのだが なんだか観て良かったという気持ちになった
ストーリーが進むごとにキャラクターの印象や内情がどんどん変わっていって引き
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.4

わたしは就活はしなかったけど この映画は恐怖だった
disらずにいられないような人たちとコミュニティ形成し続けるのしんどいなぁ
菅田将暉のキャラがちょっと好き
意外とおもしろかった

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.7

バットマンのこと、何も知らなかったんだな……
富豪のDIYはマジでやばいなと思った。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.9

アマンダ・セイフライドが最高にかわいいシリーズだと思っている
前作よりトラブルの規模は小さめだけど、ママの若い頃と今の対比構造がなかなかおもしろくて良かった〜
ハッピームービーで好きです!

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.8

あまりにも綾瀬はるかが美しい……今まで見たどの綾瀬はるかよりも美しかった……衣装が最高だった……
ストーリーはそんなに好みじゃなかったけど 好みじゃないながらに感動してしまった

主人公が星野源にみえ
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.5

普通にあんまり面白くなかった
誰がキラなのか?は少し良いかなーと思った

>|