Kotaさんの映画レビュー・感想・評価

Kota

Kota

映画(194)
ドラマ(0)

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

オープニングのドライブシーンが恐ろしくかっこいい。

台風クラブ(1985年製作の映画)

3.9

小説を見ているような感覚。嵐の夜は踊り狂う。

フットルース(1984年製作の映画)

3.8

踊れないけど音楽かけて
パーティーは間違いなく楽しい

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

4.0

狂気 ロマンティック コメディ
自分には新鮮な撮影方法でのめり込んだ。

やかまし村の子どもたち(1986年製作の映画)

4.1

見てて心地良いくらい風景が綺麗で子供が可愛い。シャスティンとおじいちゃんが推しメン。
些細なことを遊びにしちゃう純粋さが素晴らしい。

お早よう(1959年製作の映画)

4.2

日常の中にも随所に遊び心があって、あっという間に見終わった。テレビが欲しくて黙りこくる実と勇が可愛い。小津調をもっと味わってみたい。

ワサップ!(2005年製作の映画)

3.6

サウスセントラル→ビバリーヒルズ
ロック×スケボー

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.6

「外見より中身が大切」てのメッセージを感じた。それと劇中の音楽が好みだった。

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.9

是枝監督作品初鑑賞。
幼少期おじいちゃん家遊び行ったのを思い出した。家族の関係性をリアルに表現していると思う。

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.5

後世に残すべき映画。
色の使い方が素晴らしく、引きこまれた。
戦争の毒に侵されない「生命のリスト」

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.8

ヒトラーが現代に生きたらという話。コミカルながらドキュメンタリーにも感じた。

明日に向って撃て!(1969年製作の映画)

4.0

自転車に乗るシーンが好き☔️🚲
そしてラストシーンで持っていかれる。

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.9

都会では味わえない食事の楽しみ方と感謝。食事のシーンの音が心地よい。夜中に部屋を真っ暗にして見る事を推奨。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.9

国の複雑な制度がダニエルブレイク(おじいちゃん)と母子家庭を苦しめるお話。リアルでした。

サウスパーク/無修正映画版(1999年製作の映画)

3.8

高校生の時に知ってハマっていたサウスパーク。ツタヤでわざわざ借りたのが懐かしい。

あん(2015年製作の映画)

4.5

樹木希林さんの映画初鑑賞。演技、セリフ1つ1つでここまで感動させられたのは初めて。圧倒的な演技力。どら焼き屋を題材にしてる話でここまで感動するとは思わなかった。

陽の当たるべき場所に当たらない胸糞悪
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.2

スウェーデンの景色が綺麗で、内容も綺麗。こういう歳のとりかたをしたい。誰よりも厳しく優しいオーヴェが人差し指を握るシーンが素敵。

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.3

脚本と芝居で成り立っている素晴らしい映画。リメイクともに両方鑑賞済。

良作!

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.2

温かい愛に支えられた人達。
何度も泣かされました。

良作!

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.5

「彼はフェルディナン」
もう少し理解出来るようになってから見直したい。

12人の怒れる男 評決の行方(1997年製作の映画)

4.3

偏見を持った人は論理的な裏付けがない(偏見)
暑い部屋で12人の陪審員がそれぞれの個性を持って討論するお話。終始目が離せない!
良作!
1957年も見たい

>|