ぱんどらさんの映画レビュー・感想・評価

ぱんどら

ぱんどら

映画(120)
ドラマ(0)
  • 120Marks
  • 39Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.6

これだけシリーズを重ねている作品だと、謎解きはアレのほうが良かった、アクションはアレのほうが良かったと比べる。
その意味でどちらにも突き抜けられなかった感は否めない。
ただ、事件のトリック自体はそこそ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

登場人物が多いと状況を理解するのに時間がかかって良くわからなってしまう。
正直同じような内容の映画は何本もあるし構成に関して特別感じたものもなかった。
ただ題材は良かったと思う。報道の過去として知って
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

ストーリーはお察しだが映像はキレイで世界観も良し、アクションもそこまで悪くない
頭を空っぽにして観て楽しめる作品だと思う
またヒロインが可愛くて目がいってしまうのもこの作品の魅力の一つだと思う

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

予告からあふれ出るB級感から考えるとかなり良かったほうだと思う。
問題児の4人がゲームの中で互いに助け合いながら成長していくストーリーはまさに王道でスッと入ってきた。
現代版のジュマンジとして見事にリ
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

なんというか微妙。
謎解きもほぼいきあたりばったりで、解いているという感じがない。
駄作。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

PIXARの技術がここまで進化していたことに感動
実写かと見紛うような美麗な映像にキャラクターの細かな動きは絶対に映画館で見るべきだ
ストーリーもしっかりしていて感動する人も多いと思う

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

最高の一言に尽きる
始まった瞬間からテンションが上がってしまう
正直ララランドはあまり刺さらなかったのだがこちらはどストライク
曲が頭から離れなくなる

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.1

単純にスポ根ものとして面白い。
そして広瀬すずちゃん、松岡茉優ちゃんが可愛いすぎる。
もちろん可愛いだけでなく原作を損なわない演技力も備え、3作通してベストの配役だったと改めて感じた
また、最後が素晴
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.0

セッションのシーンで鳥肌が立つ
ストーリーの多少の粗さや主役の演技の拙さが全く気にならないほどの良い演奏が見れた
見終わったあとはジャズが聞きたくて仕方なくなってしまう

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

気色が悪すぎて全てが入ってこなかった。
おそらく良いシーンであろう所でも、緑色のやつ気持ち悪いという感情が強く、他に何も感じられない…

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

4.3

旧ドラえもん含めても上位に入るほどの作品だと思う。
ドラえもん映画で一番大事なのは本筋に入るまでの所謂序章でどれだけワクワクさせてくれるかだと思っている。
新ドラえもんのシリーズではそこがハッキリ言っ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

超科学文明と部族的な伝統が入り混じった世界観は面白い
ビブラニウムを使用した武器たちはドラえもんのひみつ道具のような、スパイキッズを見たときのような子供心をくすぐられるようなワクワクを感じた
ただ、他
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.1

すごくきれいな映画だった
モノクロの綾瀬はるかとカラフルな現実世界の対比がものすごく映える。
展開的にはある程度予想どおり、というか王道的に話が進むのだが、
一つ一つのシーンが丁寧に作られているので、
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

たった三枚の看板が起点になり、それを軸に展開していく人間模様はひとときも目が離せなかった
正義の反対はまた別の正義、なんて某野球ゲームの悪役が言っていたが、単純な善と悪で測れないものこそ真に考えさせら
>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

3.4

王道なストーリーだったけれども、この年代の作品にはそのほうやはり合っている
今作でしかマジンガーZを知らないのだが、知らないなりにも楽しめたし、最後は少し感動したので、個人的には悪くなかった

映画 中二病でも恋がしたい Take On Me(2017年製作の映画)

3.6

中盤はちょっと中だるみしていた
話に展開がなく平坦なまま進んでいく
キャラを楽しむという点ではそれで良いのだろうが映画として考えると、物足りなさを感じる
ただ終わりの中二病でも恋がしたい。は良かった

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

期待通りで大満足
スパイ映画お決まりの多様な武器、スタイリッシュなガンアクション、爆音と欲しかったところは全部満たしてくれた
前作と比べ、敵の魅力は劣っていたかもしれないが、それを抜いても十分満足でき
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

推理に全くついていけなかった
だからなのか乗客の過去を無理やり事件にこじつけているようにしか見えなかった
ただ雰囲気では楽しめたので悪い映画ではない

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

新年一発目の映画。
普段は恋愛物をあまり見ないのだが楽しめた。
学生時代からの陰キャラが一歩踏み出す空回り感、その結果の空気感が見ていて辛い。
そして学生時代の片思い相手への美化は自分にもよく分かるの
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

洋画にありがちな比喩連発の会話劇で理解するのがなかなか難しかった
日本ではロビ活動をする会社があるというのは聞いたことがないが海外では一般的なのだろうか

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

キャラたちはみんな個性的でそこは凄く良かった。
ただ圧倒的な強さを誇るスーパーマンにおんぶに抱っこされていて、他メンバー必要があったのか?と感じた

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.3

さすがに見応えがあって面白かった
敵が出てきて戦って勝つというMARVELでは鉄板の流れなのだが、そこに至るまでに色々な展開があり飽きることなく最後まで見れた
ギャグも相変わらず面白い
ソーのシリーズ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

冗長かつ退屈な会話劇が多く眠りにいざなわれること数回
映画を観てる途中に寝てしまったのは初めてだ。
眠すぎて中盤からしかまともに見ることが出来ず、内容が良くわからないという悪循環
非常に退屈な3時間で
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

前篇に比べると失速感が否めない
多方面に話を広げすぎていて回収が不十分だったように感じる
なので映画を通して何を伝えたいのかが分からなかった
とはいえ役者陣の快演には目を見張るものがあり最後まで飽きる
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

ダブルミーニング的なタイトル回収は良かった
徐々に不気味さを醸し出してくる展開にハラハラさせられた

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

アクションメインのスパイ活劇かと思いきや割りとリアル志向。
予告の飛び降り以外は割りと現実的
敵の倒し方もなかなか泥臭くて個人的には好きだった
ストーリーは非常に分かりづらく、登場人物の名前を覚えるの
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

4.0

評判どおり戦闘シーンはかなり気合いが入っていて見応えがあった
川栄は正直少し不安もあったのだが違和感なしの素晴らしい演技だった
マジすか学園やっていた頃から比べると感慨深いものがある
内容としては多少
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.1

前作もそうだったのだが、伝えたいことが何なのか全くわからない
爽快感を得られるわけでもないしリアルなヤクザの世界を描いたにしても銃を撃ちすぎだしエンターテイメントとして質が低い

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.1

そんなに入れるか?ってほどセックスシーンが多かったのは気になるが満足
2つの場面が同時並行的に進むのだがうまく繋がってきそうで続編が楽しみ

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

個人的にはあまり響かなかった
生まれ変わったあとを特に辛い生活していたわけではなく、普通に犬生を全うしていただけで、ずっと探していてやっと見つけた、みたいなカタルシスがなかったので、サラッと受け入れて
>>続きを読む

THE WAVE ウェイヴ(2008年製作の映画)

3.5

テーマ自体は面白い思う
ただ展開が速く、多少強引な展開に引っかかりを覚えた

スタンフォード監獄実験にもあるように、人の心は環境次第でいくらでも変化してしまう可能性がある。
この映画の内容も、現実にあ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

何事も先駆者となる人は根性と才能が必要だということか
最近流行りのラノベのように、過小評価されていた人物たちが活躍することによるカタルシスを得られる作品だった

個人的に人種に対する偏見はないつもりだ
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

4.3

原作既読でメンバー目当てでの視聴
期待を裏切ることなくみんな可愛く映っていて演技もアイドルとしては申し分なかったように思う
ストーリーに関して言えば各所にギャグを折り込みながらテンポ良く進んでいき飽き
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

浮浪者ルックのおじさんは何者なのか、なぜ列車を移動する必要があったのか、など引っかかる点は多々ある
だが主人公?の成長や親子の絆など非常によく描けていて最後まで楽しめた
惜しむらくは、新幹線とかけての
>>続きを読む

>|