ぱんどらさんの映画レビュー・感想・評価

ぱんどら

ぱんどら

映画(134)
ドラマ(0)
  • 134Marks
  • 47Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.7

ストーリーがすごく丁寧だった
「みんなの物語」のサブタイ通り、キャラクターたちはポケモンと一緒に成長していく。そして力を合わせて困難に立ち向かう。
王道だがそれがいい。

サトシの電撃耐性が更に上がっ
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.6

一つの歯車が狂ったことで、全体に支障をきたし何もかもが悪い方に転じていく。
絶体絶命のところまで徐々に追い詰められていく感じは良かった。
ここからの巻き返しを池井戸作品には期待していたのだが、いかんせ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

表面でなく本質が大事。
よく知らなかったり勝手なイメージで避けてしまっては中身の良さに気づけない。
中身の良さを知ってるから家族も支えてくれる

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

家族の在り方を提起する作品。
子供は実の両親のもとにいるのが一番良いことなのか。最後の終わり方は考えさせられるものがあった。

たとえ偽物の関係であったとしても、そこに本物になろうという意志があるだけ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

悪知恵が働き畑を荒らすウサギとそれを排除しようと四苦八苦する青年の物語。

ストーリーは平凡ながらも、随所に笑いが散りばめられていて、メタ一歩手前くらいのギャグなどもあり思っていたより楽しめた。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.3

暴力団の抗争を止めるために役所広司と松坂桃李扮する大上と日岡が奮闘する話。

グロい、エロい、カッコいい、感動といろいろな感情を味わせてもらえる。
特に広島弁がたまらなくいい味を出していて、
男なら帰
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

まさにデッドプールの続編らしい映画に仕上がっていた。戦闘中でもユーモアを忘れないMCUの中でも特にデップーはギャグ、メタ多めだが、今作も楽しませてくれた。

CMでさんざん煽っていたX-フォースだが流
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

良い雰囲気の作品だった。
主人公の女子高生らしい葛藤や悩みが丁寧に描写されていて感情移入しやすい。

爽やかな良い映画だった

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.6

設定とかどうでもいいから取りあえずデカイ奴らに暴れさせたって感じ。
巨獣たちの暴れっぷりは見応えがあった。
この映画を見ようと思った人の求めていたものをキッチリ出してきた、まさにメニュー通りの映画とい
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.9

親のエゴに無理やり付き合わされる子供。インドは女性の地位が〜って下りも父親を悪にしないための後付けっぽい。
こりゃ泣けないだろうなぁと思ってたら最後は涙流しながら観てた。
特に国歌が流れるシーンはヤバ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.9

映像の切り替わりでプツッて音がなったりとかやたらアップとスロー使いまくりとか突っ込みどころ満載だけど、爆音で音楽流されるとなんかグッとくる
テンションのみで笑わしてくるお笑い芸人みたいな勢い
戦闘もい
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

娯楽映画として文句なしの出来だった
元ネタをしっていれはより楽しく、知らなくても楽しく見れる
いかに自分の知ってる作品のキャラを見つけられるかもこの作品の楽しみの一つ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

期待を裏切ることのない面白さ
要所要所でテンションがぶち上げられて飽きることがない
続編を見るまで死にたくないと思わされる

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.6

これだけシリーズを重ねている作品だと、謎解きはアレのほうが良かった、アクションはアレのほうが良かったと比べる。
その意味でどちらにも突き抜けられなかった感は否めない。
ただ、事件のトリック自体はそこそ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

登場人物が多いと状況を理解するのに時間がかかって良くわからなってしまう。
正直同じような内容の映画は何本もあるし構成に関して特別感じたものもなかった。
ただ題材は良かったと思う。報道の過去として知って
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

ストーリーはお察しだが映像はキレイで世界観も良し、アクションもそこまで悪くない
頭を空っぽにして観て楽しめる作品だと思う
またヒロインが可愛くて目がいってしまうのもこの作品の魅力の一つだと思う

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

予告からあふれ出るB級感から考えるとかなり良かったほうだと思う。
問題児の4人がゲームの中で互いに助け合いながら成長していくストーリーはまさに王道でスッと入ってきた。
現代版のジュマンジとして見事にリ
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

なんというか微妙。
謎解きもほぼいきあたりばったりで、解いているという感じがない。
駄作。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

PIXARの技術がここまで進化していたことに感動
実写かと見紛うような美麗な映像にキャラクターの細かな動きは絶対に映画館で見るべきだ
ストーリーもしっかりしていて感動する人も多いと思う

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

最高の一言に尽きる
始まった瞬間からテンションが上がってしまう
正直ララランドはあまり刺さらなかったのだがこちらはどストライク
曲が頭から離れなくなる

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.1

単純にスポ根ものとして面白い。
そして広瀬すずちゃん、松岡茉優ちゃんが可愛いすぎる。
もちろん可愛いだけでなく原作を損なわない演技力も備え、3作通してベストの配役だったと改めて感じた
また、最後が素晴
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.0

セッションのシーンで鳥肌が立つ
ストーリーの多少の粗さや主役の演技の拙さが全く気にならないほどの良い演奏が見れた
見終わったあとはジャズが聞きたくて仕方なくなってしまう

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

気色が悪すぎて全てが入ってこなかった。
おそらく良いシーンであろう所でも、緑色のやつ気持ち悪いという感情が強く、他に何も感じられない…

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

4.3

旧ドラえもん含めても上位に入るほどの作品だと思う。
ドラえもん映画で一番大事なのは本筋に入るまでの所謂序章でどれだけワクワクさせてくれるかだと思っている。
新ドラえもんのシリーズではそこがハッキリ言っ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

超科学文明と部族的な伝統が入り混じった世界観は面白い
ビブラニウムを使用した武器たちはドラえもんのひみつ道具のような、スパイキッズを見たときのような子供心をくすぐられるようなワクワクを感じた
ただ、他
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.1

すごくきれいな映画だった
モノクロの綾瀬はるかとカラフルな現実世界の対比がものすごく映える。
展開的にはある程度予想どおり、というか王道的に話が進むのだが、
一つ一つのシーンが丁寧に作られているので、
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

たった三枚の看板が起点になり、それを軸に展開していく人間模様はひとときも目が離せなかった
正義の反対はまた別の正義、なんて某野球ゲームの悪役が言っていたが、単純な善と悪で測れないものこそ真に考えさせら
>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

3.4

王道なストーリーだったけれども、この年代の作品にはそのほうやはり合っている
今作でしかマジンガーZを知らないのだが、知らないなりにも楽しめたし、最後は少し感動したので、個人的には悪くなかった

映画 中二病でも恋がしたい Take On Me(2017年製作の映画)

3.6

中盤はちょっと中だるみしていた
話に展開がなく平坦なまま進んでいく
キャラを楽しむという点ではそれで良いのだろうが映画として考えると、物足りなさを感じる
ただ終わりの中二病でも恋がしたい。は良かった

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

期待通りで大満足
スパイ映画お決まりの多様な武器、スタイリッシュなガンアクション、爆音と欲しかったところは全部満たしてくれた
前作と比べ、敵の魅力は劣っていたかもしれないが、それを抜いても十分満足でき
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

推理に全くついていけなかった
だからなのか乗客の過去を無理やり事件にこじつけているようにしか見えなかった
ただ雰囲気では楽しめたので悪い映画ではない

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

新年一発目の映画。
普段は恋愛物をあまり見ないのだが楽しめた。
学生時代からの陰キャラが一歩踏み出す空回り感、その結果の空気感が見ていて辛い。
そして学生時代の片思い相手への美化は自分にもよく分かるの
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

洋画にありがちな比喩連発の会話劇で理解するのがなかなか難しかった
日本ではロビ活動をする会社があるというのは聞いたことがないが海外では一般的なのだろうか

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

キャラたちはみんな個性的でそこは凄く良かった。
ただ圧倒的な強さを誇るスーパーマンにおんぶに抱っこされていて、他メンバー必要があったのか?と感じた

>|