ぱんどらさんの映画レビュー・感想・評価

ぱんどら

ぱんどら

映画(153)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

4.2

夏目友人帳に求めているものをスッと出してくれる気持ちよさ。
心地よい雰囲気と感動を味わえる。
それにしてもニャンコ先生が可愛すぎた。

バイキングは出さないで欲しかった

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow(2018年製作の映画)

2.8

まさにOVA。劇場でやる意味あったのか。
キャラは可愛いがストーリーに起伏がなく平坦。ちょっと疲れている状態で見たら寝てしまうこと必至。
DVDで見れば良いって感じ

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.0

前作に比べて格段に質が上がっていた。
ギャグも面白いし、スローモーション過多ではあるが戦闘も格好いい。
文句なしに面白かった。

前回もそうだがジブリのパロディはやっていいのか?笑

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

予想以上にハラハラさせられて面白かった。
最初は友人へただの親切心でやっただけのことが、お金が絡むようになり歯止めが効かなくなってしまう。
カンニングさせる人数もどんどん増えていき、答えを伝えるのも大
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

それなりの域を出ない作品。
わりとよくある展開の詰め合わせで、このあとどうなるかっていうのが殆ど読めてしまう。
しかし、敵のフォルムに関しては不気味で気色の悪い敵として100点の描き方といえる。
生き
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

面白いがやはり地味。
敵がそれほど強くないというのと敵ってほど敵になりきれてないのが問題か。
でも巨大化縮小化しての戦闘は見所で、見ごたえがあった

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

さすが絶体絶命の場面でもジェイソンステイサムならなんとかしてくれそうな安心感がすごい。
銃や爆弾など必要ない。刃物さえあれば太古の生物にも立ち向かえるのだ

累 かさね(2018年製作の映画)

3.9

ストーリーはもちろんだが、土屋太鳳ちゃんの演技に楽しませてもらえた。
特にサロメでの演技は表情や指の動き一つとっても魅力的で目を引かれる。まさに偽物が本物になる、越えた瞬間を感じることができた。
累と
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.9

楽しかった学生生活と、ままならない現実と。
学生時代の友達は一生モノなんだと改めて感じさせてくれる作品。
何年経っても変わらない友情に泣かされる。
そして自分の学生生活を思い出し、空っぽなこともまた泣
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.8

ストーリーは壊滅的だが、
画面では常にEカップ以上の胸が揺れているため何とか最後まで見れる。
こういうバカ映画もたまには良い。

池田エライザの身体がメチャクチャにエロくて感動した。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

街に突如現れたペンギン。その謎を解くために少年たちが奮闘する話。

森見作品はキャラクターたちの気取った言い回しがオシャレで良いのだが今回もまさにその感じで、会話劇が楽しい。未知の現象や物体に対するア
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

楽しくは観れたが前作ほどではなかったかな…
特に感想も思い浮かばないがアン・ハサウェイは可愛かった

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.4

ただただ殴り合うだけの映画。
だけど何故か見てしまう。
リアルな泥臭さが感じられたからだろうか、目が離せなかった。
こういうのは嫌いじゃない。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.1

終始浜辺美波ちゃんが可愛い。ZIPか何かで、よりそう声がキャスティングの決め手だったとのことだが、まさにその通り。こちらに語りかけてきているかのような自然さのようなものがあって、より感情移入ができた。>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.1

うーん、つまらない。
2がやるとのことで1を見てみたのだが終始退屈だった。
キャストの演技自体は申し分ないのだが、銀魂タイプのギャグは実写には向かない。
殺陣シーンも他のものと比べて良いというわけでも
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.8

何となしに見たのだが予想外に面白かった。
浜辺美波ちゃんのコミカルなキャラが常にテンポを出していて飽きない。
そして何より可愛すぎる。この作品の魅力の8割はそこに集約する。
我ながらキモイが、一番最後
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.7

今年のTOP3に入れたい傑作。

ワンカットでゾンビ映画を撮るということで、カメラワークも演出もグチャグチャ。設定もなかなか酷くて逆に笑えるし、所々違和感のあるシーンが入るので、ワンカットをネタにした
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.8

このレベルで面白くない作品には久々に出会った。
映画の趣旨が何で、何を見せたいのかが全く伝わってこない。

子供らしさの描写はよくできているのかもしれないが、ただただ不快に感じる。それを活かして、子供
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.7

ストーリーがすごく丁寧だった
「みんなの物語」のサブタイ通り、キャラクターたちはポケモンと一緒に成長していく。そして力を合わせて困難に立ち向かう。
王道だがそれがいい。

サトシの電撃耐性が更に上がっ
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.6

一つの歯車が狂ったことで、全体に支障をきたし何もかもが悪い方に転じていく。
絶体絶命のところまで徐々に追い詰められていく感じは良かった。
ここからの巻き返しを池井戸作品には期待していたのだが、いかんせ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

表面でなく本質が大事。
よく知らなかったり勝手なイメージで避けてしまっては中身の良さに気づけない。
中身の良さを知ってるから家族も支えてくれる

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

家族の在り方を提起する作品。
子供は実の両親のもとにいるのが一番良いことなのか。最後の終わり方は考えさせられるものがあった。

たとえ偽物の関係であったとしても、そこに本物になろうという意志があるだけ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

悪知恵が働き畑を荒らすウサギとそれを排除しようと四苦八苦する青年の物語。

ストーリーは平凡ながらも、随所に笑いが散りばめられていて、メタ一歩手前くらいのギャグなどもあり思っていたより楽しめた。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

暴力団の抗争を止めるために役所広司と松坂桃李扮する大上と日岡が奮闘する話。

グロい、エロい、カッコいい、感動といろいろな感情を味わせてもらえる。
特に広島弁がたまらなくいい味を出していて、
男なら帰
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

まさにデッドプールの続編らしい映画に仕上がっていた。戦闘中でもユーモアを忘れないMCUの中でも特にデップーはギャグ、メタ多めだが、今作も楽しませてくれた。

CMでさんざん煽っていたX-フォースだが流
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

良い雰囲気の作品だった。
主人公の女子高生らしい葛藤や悩みが丁寧に描写されていて感情移入しやすい。

爽やかな良い映画だった

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.6

設定とかどうでもいいから取りあえずデカイ奴らに暴れさせたって感じ。
巨獣たちの暴れっぷりは見応えがあった。
この映画を見ようと思った人の求めていたものをキッチリ出してきた、まさにメニュー通りの映画とい
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.9

親のエゴに無理やり付き合わされる子供。インドは女性の地位が〜って下りも父親を悪にしないための後付けっぽい。
こりゃ泣けないだろうなぁと思ってたら最後は涙流しながら観てた。
特に国歌が流れるシーンはヤバ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.9

映像の切り替わりでプツッて音がなったりとかやたらアップとスロー使いまくりとか突っ込みどころ満載だけど、爆音で音楽流されるとなんかグッとくる
テンションのみで笑わしてくるお笑い芸人みたいな勢い
戦闘もい
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

娯楽映画として文句なしの出来だった
元ネタをしっていれはより楽しく、知らなくても楽しく見れる
いかに自分の知ってる作品のキャラを見つけられるかもこの作品の楽しみの一つ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

期待を裏切ることのない面白さ
要所要所でテンションがぶち上げられて飽きることがない
続編を見るまで死にたくない。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.6

これだけシリーズを重ねている作品だと、謎解きはアレのほうが良かった、アクションはアレのほうが良かったと比べる。
その意味でどちらにも突き抜けられなかった感は否めない。
ただ、事件のトリック自体はそこそ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

登場人物が多いと状況を理解するのに時間がかかって良くわからなってしまう。
正直同じような内容の映画は何本もあるし構成に関して特別感じたものもなかった。
ただ題材は良かったと思う。報道の過去として知って
>>続きを読む