ぱんどらさんの映画レビュー・感想・評価

ぱんどら

ぱんどら

  • 104Marks
  • 36Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

映画 中二病でも恋がしたい Take On Me(2017年製作の映画)

3.6

中盤はちょっと中だるみしていた
話に展開がなく平坦なまま進んでいく
キャラを楽しむという点ではそれで良いのだろうが映画として考えると、物足りなさを感じる
ただ終わりの中二病でも恋がしたい。は良かった

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

期待通りで大満足
スパイ映画お決まりの多様な武器、スタイリッシュなガンアクション、爆音と欲しかったところは全部満たしてくれた
前作と比べ、敵の魅力は劣っていたかもしれないが、それを抜いても十分満足でき
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

推理に全くついていけなかった
だからなのか乗客の過去を無理やり事件にこじつけているようにしか見えなかった
ただ雰囲気では楽しめたので悪い映画ではない

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

新年一発目の映画。
普段は恋愛物をあまり見ないのだが楽しめた。
学生時代からの陰キャラが一歩踏み出す空回り感、その結果の空気感が見ていて辛い。
そして学生時代の片思い相手への美化は自分にもよく分かるの
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

洋画にありがちな比喩連発の会話劇で理解するのがなかなか難しかった
日本ではロビ活動をする会社があるというのは聞いたことがないが海外では一般的なのだろうか

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

キャラたちはみんな個性的でそこは凄く良かった。
ただ圧倒的な強さを誇るスーパーマンにおんぶに抱っこされていて、他メンバー必要があったのか?と感じた

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.3

さすがに見応えがあって面白かった
敵が出てきて戦って勝つというMARVELでは鉄板の流れなのだが、そこに至るまでに色々な展開があり飽きることなく最後まで見れた
ギャグも相変わらず面白い
ソーのシリーズ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

冗長かつ退屈な会話劇が多く眠りにいざなわれること数回
映画を観てる途中に寝てしまったのは初めてだ。
眠すぎて中盤からしかまともに見ることが出来ず、内容が良くわからないという悪循環
非常に退屈な3時間で
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

前篇に比べると失速感が否めない
多方面に話を広げすぎていて回収が不十分だったように感じる
なので映画を通して何を伝えたいのかが分からなかった
とはいえ役者陣の快演には目を見張るものがあり最後まで飽きる
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

ダブルミーニング的なタイトル回収は良かった
徐々に不気味さを醸し出してくる展開にハラハラさせられた

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

アクションメインのスパイ活劇かと思いきや割りとリアル志向。
予告の飛び降り以外は割りと現実的
敵の倒し方もなかなか泥臭くて個人的には好きだった
ストーリーは非常に分かりづらく、登場人物の名前を覚えるの
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

4.0

評判どおり戦闘シーンはかなり気合いが入っていて見応えがあった
川栄は正直少し不安もあったのだが違和感なしの素晴らしい演技だった
マジすか学園やっていた頃から比べると感慨深いものがある
内容としては多少
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.1

前作もそうだったのだが、伝えたいことが何なのか全くわからない
爽快感を得られるわけでもないしリアルなヤクザの世界を描いたにしても銃を撃ちすぎだしエンターテイメントとして質が低い

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.1

そんなに入れるか?ってほどセックスシーンが多かったのは気になるが満足
2つの場面が同時並行的に進むのだがうまく繋がってきそうで続編が楽しみ

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

個人的にはあまり響かなかった
生まれ変わったあとを特に辛い生活していたわけではなく、普通に犬生を全うしていただけで、ずっと探していてやっと見つけた、みたいなカタルシスがなかったので、サラッと受け入れて
>>続きを読む

THE WAVE ウェイヴ(2008年製作の映画)

3.5

テーマ自体は面白い思う
ただ展開が速く、多少強引な展開に引っかかりを覚えた

スタンフォード監獄実験にもあるように、人の心は環境次第でいくらでも変化してしまう可能性がある。
この映画の内容も、現実にあ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

何事も先駆者となる人は根性と才能が必要だということか
最近流行りのラノベのように、過小評価されていた人物たちが活躍することによるカタルシスを得られる作品だった

個人的に人種に対する偏見はないつもりだ
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

4.3

原作既読でメンバー目当てでの視聴
期待を裏切ることなくみんな可愛く映っていて演技もアイドルとしては申し分なかったように思う
ストーリーに関して言えば各所にギャグを折り込みながらテンポ良く進んでいき飽き
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

浮浪者ルックのおじさんは何者なのか、なぜ列車を移動する必要があったのか、など引っかかる点は多々ある
だが主人公?の成長や親子の絆など非常によく描けていて最後まで楽しめた
惜しむらくは、新幹線とかけての
>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

4.0

内容としてはスタンド・バイ・ミーのような感じというのが一番伝わるか
しかしスタンド・バイ・ミーより現代の設定なので、より物語に入っていきやすいと思う
大人にとっては大したことなくても、子供には大冒険。
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

最初のカーチェイスからいきなり惹き込まれ、最後まで飽きることなく観終えることができた。
上半期では上位に入るくらいの良作であったと断言できる

ただ、ヒロインの女の子の感情というか行動原理のところに引
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

あまり特定個人をフォーカスしすぎずに全体を描いていくというのは理解できるが、そのせいで誰にも感情移入ができず、最後まで入りきれなかった。
音がでかいだけで映画としての面白さ、魅力を感じなかった

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

見応えのある映画だった
世界観の描写もなかなかリアルで戦争での悲惨さもよく描けていたのではないかと思う
所々気になる点もあったのだが全体通してみると悪くなかったかな

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アイアンマンのスビンオフみたいな感じ?
あれなら別にアイアンと同じスーツでも良かったのではないのか
蜘蛛に模す必要性を感じられなかった
また戦闘シーンも基本的に泥臭くMARVELに求めている爽快感を得
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

短い時間で引き込まれるストーリーではあったのだが、ホラー要素がそれほどなく怖いかというとそうでもない
結局は幻覚でしかないので主人公の言うとおり気の持ちようだし…
一番の失敗はバイバイマンの顔を見せて
>>続きを読む

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生(2016年製作の映画)

3.7

リメイク作品の中では今までで一番良かったんじゃないだろうか。
痒いところに手が届くというか、旧作に足りなかった所が満たされていた
個人的には「一世紀負けたか」というセリフが追加されていて感動
他の作品
>>続きを読む

帰ってきたドラえもん(1998年製作の映画)

5.0

時間を置けば何回見ても号泣する
のび太がドラえもんのために何度倒されても立ち上がってジャイアンに立ち向かう姿は、やっぱりいつもののび太の頼りない姿と比べて感動してしまう
長くやっている作品は、こういう
>>続きを読む

ドラえもん のび太の大魔境(1982年製作の映画)

4.2

冒険感の強い作品でワクワクとハラハラの詰まった作品
ラスト、みんなでジャイアンの後を追うシーンは屈指の泣き所

ドラえもん のび太とふしぎ風使い(2003年製作の映画)

3.6

ストーリー的には平坦ではあるが、終わり方に関してはシリーズでも屈指だと思っている。
ドラえもんシリーズはラスボスなどの最後の難関を割とアッサリ?解決しがちなのだが、今作品ではかなり熱い

ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984年製作の映画)

4.5

ドラえもん映画の最高峰
文句なしに最初から最後までずっと面白い
ひとつだけ言うならば、タイムマシンで過去を変えようとする展開はナシにしてほしかった

美夜子さんは歴代ゲストで一番可愛い

ドラえもん のび太の日本誕生(1989年製作の映画)

4.0

ドラえもんがそれなりに全力で道具を使って敗れてしまった数少ない作品。
終わり方に関して賛否あると思うが、これはこれで現実的な終わりな気もする。
ただ個人的には、新のようにみんなで力を合わせての方が良か
>>続きを読む

ドラえもん のび太と竜の騎士(1987年製作の映画)

4.0

現実にありそうな設定で夢がある
一つ一つの展開が後半に繋がっていき、シリーズの中では、良く練られている方のストーリーだと思う

ドラえもん のび太の宇宙漂流記(1999年製作の映画)

3.6

幻惑の星の恐怖は誰もが共感するところだと思う
魔界・アニマル等に並ぶトラウマシーンがあり、幼きころはこの作品を見るのに多大なエネルギーを使ったのを覚えてる

ドラえもん のび太の南海大冒険(1998年製作の映画)

4.0

ドラえもんの道具が使えないパターンだと、やはり追い込まれている感が出て面白い
のび太のコミュニケーション力の高さを思い知る

>|