ステパフさんの映画レビュー・感想・評価

ステパフ

ステパフ

映画(306)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.3

今のマーベルの重点地域?なのはわかるけど、さすがにヒュンダイ車ばかりなのは違和感あった。

mothers(英題)(2017年製作の映画)

3.6

韓国映画なのに?めちゃくちゃ静かだった。女優さんが少し菅野美穂に似ている。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

我慢出来ず、飛行機で見てしまった。異常に高い評判でやや不安だった中、しっかり刺さった。始めはえ、ほんとにこれが…?と思ってしまうw
誰もネタバレしないでくれてよかった。笑いとぐっとこみ上げてくる涙でし
>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

4.0

うっかり飛行機で鑑賞。
最初、最愛の妻との思い出を必死に守ろうとするカールじいさんに涙。そんなカールじいさんの変化。
プクプクした男の子とモフモフ犬の可愛さよ。風船の映像も圧巻。

僕の彼女を紹介します(2004年製作の映画)

4.1

美しい、可愛い、かっこいいチョン・ジヒョンを存分に味わえる。遊び心も満載。ストーリー以上に、音楽や映像がバシッとハマったエモさに泣けた。僕に似た精神(ドM)

ロボコップ(2014年製作の映画)

3.1

あの鮮烈なオリジナルがなかったら、これで十分。サミュエル・L・ジャクソンを以てしても…

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5

バイトとしてお世話になったマックの歴史。利用者にとって便利なシステムだし、闇深い?のも含めて嫌いになることはありませんが。
シェイクのくだりとか腹立った~。ユダヤ商人の印象がまた一つ悪くなるw

PTU(2003年製作の映画)

4.0

本当に偶然観たものの、アウトレイジを初めて観たときくらい痺れた。国家のPTUがゲスかったり、ヤクザがマジでやばそうだったりダークなのにサァ刑事がさり気なく笑わせてきて生かさず殺さずな感じが4時まで続く>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

三石さんの変態さと、色気以外はしょうもない役どころのオダジョーがツボでした。臼田さんの健気で流されやすいツチダには泣きたくなる。いい男に会って幸せになって欲しすぎる。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.6

セリフ聞き取れないのに銃声がでかい…阿呆なのでまさかの日本語字幕で観た。アウトレイジじゃなきゃ観るのやめてるよたけしコノヤロ
とりあえず大友お疲れさまでした。Yakuzaイメージは多分ずっとこれになる
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

Xフォースっていうかピーターが気になって仕方ないのに、どうしてくれる。
ヒロイン好きだったからとても残念だけども、無意味じゃなかった。
映画愛強くて意味なし言葉ばかり並べるデップー愛しいです。トレーニ
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

今年も新作が観られてうれしい。
ケイトウィンスレットの演技がやっぱりよかった。女の情念ほとばしっていてゾクゾクしました。
男はあきらかに軽薄だし、キャロライナが若くて可愛くていい子で、無意識に煽りまく
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

あれ?と思いながら見てて、壮大な回想シーンだったことに中盤ぐらいで気づいた…。1がカッタッパ?!??!!ってところで終わってたんだった。やっぱり、え??うーん…と思った。でもこの勢いがあればいい。3も>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.1

あきらかに狂ってるんだけど、幸せな家族らしさもあり。駄菓子屋のおじさんみたいな、家族以外の関わりも影響してきたり。こんなに家族ってものを考えさせられた映画は初めてかもしれない。
息子と妹の顛末から、こ
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

3.6

しょうもないところの東京が切り取られている。ほんと、外国人観光客はこの程度の期待値で来るべし。クールジャパンとかいう喧伝に騙されてはいけない。
深夜番組もひどい。でもマシューはあれでいいんです!懐かし
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.0

KY気味で、躁のテンションで人に絡んだり、それでも好きなことを追って行動している人は眩しい。遠くからそういう人を見ていた気持ちを思い出した。
だんだんと本人なりに気をつかったり、妥協点を探り出す世知辛
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

キャラが多くて記憶力が限界近づいてる。やっとギャラクシー勢が合流して、スパイダーマンが可愛くて、陛下にキュンとしてる(なんか好き)どころではなかった。明日休ませてくれ。
この流れで次のアントマンはどん
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

前半胸糞悪いけど、いろいろ判明してくるとおもしろかった。ちょっと予想外w
復讐のために周到に準備する努力…みたいなのは韓国の十八番という気もするので、韓国版見てみたくなった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

クリスティンの黒歴史を見守る映画。かなり奔放で、ちょいちょい悪さもするのでヒヤヒヤする。放っておけない親心というやつを疑似体験した。
若気の至りだらけだけど、合間には仲間と部活に打ち込むなど、普通にキ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

原作の良さそのまま実写できてた。みんなが動いてた…遊んでそうな先輩の加瀬さんやっぱりかっこよかった…
なんだろう、大泉洋のおもしろい感じをもっとたくさん見たかった気がするという物足りなさか。

ムトゥ踊るマハラジャ(1995年製作の映画)

4.1

おもしれぇえEEEEEE!ちょっと疲れちゃうけど。勢いが素晴らしい。
ムトゥいい奴だし顔芸が面白い。カンフーもやる。
いろいろとツッコミどころは多い。もはやストーリーはどうでもいいんだけど、終わり方が
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.8

思ったより重かった・・・デップーが完成するまでがとても痛そう・・・確かに、ウザめでちょっと憎めない感じのキャラだった。個人的に、ハッピー・ボイス・キラーでやばい人の印象となっちゃってるライアン・レイノ>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

ずっと気になっていたやつ。歴史あるホテルの栄華を回想、悲しい歴史があったりして哀愁漂う感じ。ホテルとかズブロフカ共和国のアートワークがいい・・・
変態初代コンシェルジュや、可愛いロビーボーイのゼロとか
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.0

妻としてのシャシの場面では、夫は傲慢だし娘が生意気でかわいくないしでフラストレーションがたまった。でも仲間と英語を学ぶ場面は本当に楽しそう。フランス人とのやりとりにドギマギしつつ。
コンプレックスを克
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

4.0

この深みを理解するのは自分にはまだ難しかった感がすごい。でも実験的なシーンの数々と、皮肉多すぎの会話と、アニーの個性的なお洒落ファッションだけでも満足。あの風貌のウディ・アレンがどんな感じでモテている>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

【吹】どんでん返しに騙されて気持ちよかったー。モアナのポリネシアとか、ピクサーで扱うことで、文化にスポットライトが当たるのがいいなと思う。
死者の国の美しさは勿論、少年とかキャラクターが可愛くて、プリ
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.8

紛うことなきママレードボーイだったので、咽び泣きたくなった原作ファンです。あまりにも遊で未希😭超~銀太😭茗子のは実写だと少し生々しかったw両親たちもやりかねない感じもぴったり~
わりと忠実に名セリフ、
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

4.0

酸いも甘いも含んだ恋のミュージカル。ここで歌!と計算してる感じがいい。ミュージカルにしても皮肉っぽさが出ちゃう。冒頭の甘いデートシーンとかウディ・アレンのドヤ顔が浮かんできそう(?) 
何やかやあって
>>続きを読む

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム(2007年製作の映画)

4.1

喜怒哀楽が激しくて感情が強引に揺さぶられる。このまま歌とダンスだけなら観るのやめようかなってとこで本題が始まるw
主人公はいい感じに三の線でカリスマ感ある。そしてヒロイン、どの場面を切り取っても絵にな
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

マイ・インターンから観てしまい、アン・ハサウェイがこき使われているのが少し新鮮。この業界はやっぱりドロドロで極限状態なのかな、でもいい女になってくアン・ハサウェイを見てるとファッションにときめく。業界>>続きを読む

アルマゲドン(1998年製作の映画)

4.0

テーマ曲聴いて何の映画か思い出せなかった自分。これは盲点だったw
そしてB.ウィリスに娘との結婚を反対されるベンアフ出てたー

地球を救うため立ち上がるアメリカ。
仕事に賭けてきた漢たちが宇宙へ・・・
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

途中、マーベルってことを完全に忘れてた。何気にワトソンのマーティン・フリーマンまでマーベルにw
ワカンダという国がすごく魅力的。完全にアフリカで国際的には農業国と思われてるのに超ハイテクで近未来。この
>>続きを読む

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

3.7

やはりド変態映画でした。ピアノ弾く姿と手話の手つきが美しかった。
母が話さないかわり、利発な幼女がヒステリックに話しまくるのがちょっと狂気感じた。
結構壮絶な展開になってぐったり。いろいろメッセージ性
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.8

アレクサンドルさんめちゃくちゃグイグイいく。男性だったら、美女をおとす参考になりそう…日常の中の身長に関するエピソードは発送豊かだなぁと思った。オシャレで普通の恋愛映画として楽しんだ。

>|