P銀@_(:3」∠)_さんの映画レビュー・感想・評価

P銀@_(:3」∠)_

P銀@_(:3」∠)_

4点満点。
私的な感動が強い場合5点。
残念だったり物足りなかったりで減点します。
〜〜〜〜〜
期待感からの不満はなるべくのぞきたい。
予算とか関係ない。
意味不明のギャグと呆けた演技を蛇蝎のごとく嫌う。
鑑賞メーターと併用。

映画(291)
ドラマ(3)

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

4.0

意外と苦い結末だったので、解釈。

これは奇しくもスーパーパワーを手に入れてしまった子供同士の戦いなんだよな。子供だからといって、ソウル市民の生命を左右するほどの力はただ事ではない。"With gre
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.9

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/v/B00BHAN0MW

へんげ(2011年製作の映画)

3.5

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/v/B0080Z6H1I

女優霊(1995年製作の映画)

3.6

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/v/B003RRDCVC

「哄笑」っていうのはこれだ!

降霊 KOUREI(1999年製作の映画)

3.0

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/v/B00005HAYI

保護しましたって!
連絡!
しとけば!

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

4.9

ギレルモ・デル・トロのセンスがちょっと足りない分、デザインとかが惜しい感じ有り。
しかし「なるほどこいつはやるしかないぜ!」と新たな戦いに挑むシナリオでした。異次元人め!

前作ではイェーガー登場シー
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/4781493

「すまないな、鎖が回るんだ」
「……」

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

5.0

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/4777871

ヴァルチャーながらグリーンゴブリンでもあったので、次回作ではリズが2代目ヴァルチャーに……!(な
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/4777602

要するに彼女は「セイレムの魔女裁判の犠牲者」なわけだが、解剖の結果「生きていて」「拷問の苦痛を受
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/4774850

字幕の語彙力がすばらしい。

不能犯(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

●ジャンル的にはサイコスリラーだろうか。
松坂桃李が演じた「視覚探偵」日暮旅人は目が青かったが、こちらは紅く輝く「幻覚殺し屋」である。口角がよく上がる。

●雰囲気で「脳男」を思い出したが、こちらの主
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「名前を知るだけで死ぬ」という、この手の呪いの中でもかなり凶悪なシステム。 名前を言わないだけなら回避できそうなものだが、執拗な幻覚で精神を苛み、「言うな、考えるな」を繰り返さなければ、つい口に出して>>続きを読む

フッテージ デス・スパイラル(2015年製作の映画)

2.5

鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/v/B01D0Z8UBW

前作は結構よかったのに。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

5.0

エイリアン戦争から20年後、テクノロジーを頂いて月面や土星軌道上にまで基地を作るレベルになった人類vsイカの親玉大再来。月よりデカい母船で地球に食らいついてコアをすすり採るイカ族に対し、連中に怨み持つ>>続きを読む

JUKAI 樹海(2016年製作の映画)

2.7

樹海ご法度3か条! 壱!夜明かししない! 弐!勝手に走り回らない! 参!自分の精神力を過信しない!
テントに残るって言いだした時点で、以降の怪現象が全部、幻覚と疑心暗鬼の産物なんだよね。エイデンはえら
>>続きを読む

グレイヴ・エンカウンターズ2(2012年製作の映画)

2.7

これまでに呑まれたインディーズ監督の霊が(違
エレベーターはわかってても「そう来なくっちゃ」って感じだった。
「この映画はフィクションだよ!」プロデューサー無敵の鈍感力。この人はこれからも賠償以外の
>>続きを読む

7500(2013年製作の映画)

2.0

死体が消える辺りは呪怨っぽいか……ホラー部分のパンチが弱過ぎて「なんでこれ撮ったの?」と思ってしまう。

>|