マンメンミさんの映画レビュー・感想・評価

マンメンミ

マンメンミ

映画(1394)
ドラマ(53)

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.5

1930年代を舞台にした破滅的な作品。
時代背景が分からないので作品の良さも余り分かりませんでした。
何故あんなに簡単に銀行を襲いまくるのか。
そんな犯罪者にホイホイついていくのか。
言動は楽観的でし
>>続きを読む

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

3.6

東京新聞の望月記者のドキュメンタリー作品。
公平公正とは何か考えさせられる作品です。
熱意とパワーを感じた作品でした。
彼女は良くも悪くも有名人ですが、職務を全うしよう、記者の使命を全うしようとする彼
>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.6

フェルメールの有名な絵画をテーマとした作品。
使用人として初めて作品室を訪れた際に作品に見惚れていたスカーレット・ヨハンソンの表情がそれまでの緊張していた表情から一変してあどけない顔となり印象的でした
>>続きを読む

グラディエーター(2000年製作の映画)

3.8

カッコいい!面白い!
以前に観たことがあるような気がしますが、今回はすごく面白く感じました。
武士のような精神性、肉体も素晴らしいヒーローでした。
コロシアムでの闘技シーンは迫力満点で文字通り手に汗握
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.0

公開当時わりと評価が高かった記憶があり、配信されていたので鑑賞したら思っていた以上にシモの話でした。
阿部寛が人の行為を覗きながら解説風な心の声は面白かったですが、真面目にじっと観るのはちょっと耐えら
>>続きを読む

サブウェイ123 激突(2009年製作の映画)

3.0

映像が格好良かったです。
ストーリーは電車をハイジャックした犯人と地下鉄管制官とのやり取りが軸になります。
管制官も自身の職務で収賄の嫌疑がかかっている状態なので完全なヒーローではなく、犯人がそれを利
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

タイトルとジャケットから鑑賞しました。
歪んだ青春とも純情な青春とも取れる絶妙な見せ方でした。
性についてみんなで語るシーンが何度もありますが日本では中々考えづらい事なのでビックリしました。
良いセリ
>>続きを読む

羅生門(1950年製作の映画)

3.1

超有名作を初鑑賞。
羅生門ってこんな話だっけ?と思ったら「藪の中」とミックスしていたんですね。
リマスターで観ましたがシロクロでも映像が美しかったです。
何を信じ、何が見えるか。
一つの変死体を巡るそ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.7

犯人を見つけるドラマではなく犯人がバレないかドキドキしながら観る作品。
終盤には更なる真相も用意されており楽しんで最後まで観られました。
嘘をついたら嘔吐する癖が汚いけど面白かったです。
最後もかまし
>>続きを読む

クロース(2019年製作の映画)

3.6

サンタクロースをモチーフにしたアニメ作品。
クリップしたまま随分経ってしまい季節外れの鑑賞になりました。
初めは主人公の話し方やキャラクターが受け付けずイライラしましたが、改心してからは本当に素晴らし
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.6

若手俳優の演技合戦。
中盤までの敢えて橋本環奈の顔を隠していたのは面白かったです。
マンガ的な演技を求められたのかアイコン的なわざとらしさが目につき残念でした。
このメンバーなら舞台設定はそのままでも
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.7

ハドソン川に不時着した航空機の機長。
多くの人命を救ったはずの彼は英雄なはずなのに多くの命を危険に晒したとと尋問を受ける事となります。
実話ですが事実は小説より奇なりを地でいく作品でした。
ストーリー
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.6

襲撃された主人公、妻は殺され主人公は半身不随。
その後、主人公は特殊なチップを身体に入れて人工知能ステムに身体も知能も助けられながら犯人に復讐するストーリー。
ステムと名乗る人工知能は無機質で時に不気
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

3.5

戦後間も無く復興に舵を切ろうと国を挙げて一体感のあった時代の東京の日常。
当時の生活感を感じられて興味深かったです。
当時の景色も含めて貴重に感じました。
家族の形は昔と今ではだいぶ変わりましたが普遍
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.5

デンゼル・ワシントン主演の主人公が超強い勧善懲悪のアクションもの。
ただ敵を倒すのではなく、ドラマもわりとしっかりしている印象のシリーズです。
導入から世界観ドップリのアクションで初めから最後まで楽し
>>続きを読む

ローマンという名の男 信念の行方(2017年製作の映画)

3.3

法律事務所で裏方で働き実は有能だが冴えない主人公。
正義感から長年地道に地味な仕事をこなしてきた主人公がある時をキッカケに信念を失い欲と金のために働くことを決め、そこから人生が大きく動き出す社会派ドラ
>>続きを読む

二十四の瞳(1954年製作の映画)

3.7

60年以上前に製作され、戦前から戦時中を舞台にして女教師の目線で生徒たちを描いた反戦的な厳しくも温かい作品。
教師の芯の通った温かい包容力、生徒たちの純真な心。
戦時中特有の事情や当時の家庭による様々
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

3.6

児童向けの作品ですが楽しめました。
ドラゴン退治が生業となる世界のファンタジー作品で、古い慣習や常識を変えてドラゴンと共生するようになるストーリー展開はベタベタですが良かったです。
テンプレ的なキャラ
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.6

仲良くなったばかりの友人の子どもを預かっている最中に友人が失踪。
間も無く友人は遺体で発見されるが、主人公を含めて怪しいと疑える複数の人物、二転三転する展開で目が離せませんでした。
ミステリーですが撮
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.0

伝説の殺し屋が一般人のフリをして普通に生活をしようとするけど色々巻き込まれる話。
表現や構成が軽すぎて私には合いませんでしたが、岡田准一の機敏な動きは流石でした。
アクションシーンはもちろん良いのです
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.2

オードリー・ヘプバーン主演のサスペンスコメディ。
ジャンルが示すようにウケそうな要素が詰め込まれている欲張りセットのような作品でした。
60年程前の作品なのでモッサリしている部分も大分目につきますが、
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

3.9

インドの専業主婦が英語を学んだことにより知識だけでなく様々な面で良い変化を遂げたストーリー。
色々な所で本作のパッケージを目にしていましたが初鑑賞です。
分かりやすい成長物語でした。
学校で習いたての
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.5

すれ違う大人の恋愛映画。
私が習っているギターの先生がチョイ役で出演しているとの事で鑑賞しました。
内容的に福山雅治と石田ゆり子の清潔感がないとキツいものでしたが、この二人だから成立するもどかしい作品
>>続きを読む

6日間(2017年製作の映画)

3.4

1980年に実際に起きた武装テロリストたちがイギリスのイラン大使館に立て篭もった人質救出作戦。
突入までが長いですが、それまでに様々な人物に焦点を当てているので人間ドラマに近く感じました。
事実をなぞ
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.8

真相が面白く、二度楽しめました。
途中のネタバラシではやり方に納得できなくてハズレを引いたかなー、と思わされた中盤以降からの真の真相。
結末への持って行き方が好みです。
正直後半も途中からは読めました
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

4.0

開始5分で生首。
タイトルからは全く連想されない内容との評判で公開時から気になっていました。
品性はありませんが、好きなシーンが沢山ありタランティーノ的な作品で大好きでした。
主要人物が次々と退場しま
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.2

実際に起こったウトヤ島でのテロ事件を狙われた被害者側の視点でワンカット撮影された作品。
他の作品を観てこの事件のことは知っていました。
一人の犯人に対して被害者が多い事件ですが視点が固定されているため
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

3.8

炭鉱夫が主な仕事の田舎町に住む主人公。
ソ連が打ち上げた世界初の衛星スプートニク号を夜空で見てからロケットへの夢を見て友達と打ち込んでいくストーリー。
同じ目標に向かって仲間と打ち込む姿は素晴らしいで
>>続きを読む

壬生義士伝(2002年製作の映画)

3.4

浅田次郎原作の新撰組モノ時代劇。
新撰組を扱った作品は数多く出ていますが、主人公の吉村貫一郎は本作で名前が知られるようになりました。
彼はほとんど知られていない人物、文献も少ないのでキャラクターや史実
>>続きを読む

ワン チャンス(2013年製作の映画)

3.5

典型的ないじめられっ子が青年になり、夢だったオペラ歌手になるために勇気を出して踏み出すストーリー。
失敗や挫折もありながら着実に夢に向かって進んでいる主人公に好感が持てました。
主人公には周りに背中を
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.1

主人公と近しい関係と思われる青年ですが、どんな関係か分からずにモヤモヤします。
関係が分かっても登場人物がみんなどこかおかしくてモヤモヤします。
演出もそのモヤモヤを意図的に演出しているので画面に映る
>>続きを読む

犬神家の一族(1976年製作の映画)

3.2

世代的に金田一と言えば辞書の人、もしくは「金田一少年の事件簿」ですが、本作の有名シーンは知っていました。
配信されていたのでリメイク版も含めて初鑑賞です。
だいぶ昔の作品ですが、知っている役者が沢山出
>>続きを読む

チリ33人 希望の軌跡(2015年製作の映画)

3.5

700メートルの地下鉱山で2ヶ月以上生き埋めになり奇跡的に生還した33人の実話。
救出時に早速映画化されるというのもニュースになっていたのを覚えています。
閉じ込められる際の落石シーンは結末が分かって
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.5

シリーズ3作目。
わたしは順番を、バラバラに見初めてしまいましたがどれも楽しく観ています。
今作もアクションとストーリーのバランスが良く、アクションは前作に比べてスケールが大きくなっていて最初のピンチ
>>続きを読む

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

3.6

小津安二郎監督の遺作。
デジタルリマスター版を鑑賞したので古い作品ですが映像が鮮明でした。
片親の父親が一人娘の縁談への複雑な葛藤を描いており、戦後、落ち着いた後の当時の日本の慣習を哀愁を漂わせて描か
>>続きを読む

グレート・ハック SNS史上最悪のスキャンダル(2019年製作の映画)

3.5

インターネットのターゲティング広告で使われているようにネットの世界では我々の情報こそが商品となっている。
何となく分かっていましたが、実際に言葉で説明されると怖くなりました。
収集されたデータはビック
>>続きを読む

>|