おぐぽんさんの映画レビュー・感想・評価

おぐぽん

おぐぽん

2018:17本(新作1本)
2017:105本(劇場61本)
2016:140本(劇場40本)
2015:83本(劇場30本)
2014:176本(劇場28本)

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.0

おしゃれで見てるだけで楽しめる。

コリンファースの映画っていろいろ見てきたけれど、キングスマン観てから画面に映るだけでなんか嬉しい(笑)

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.5


心がじんわり温まる人と人との繋がり。

けれど人情では進めることが出来ない決まりごともある。

人としての尊厳を失うか、犬となって生きるのか。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5


親近感ある笑いが凄く良かった!
面白かったな〜。

松岡茉優めちゃめちゃいいじゃん。
かわいい。

まっすぐ誰かに好きだと伝える事に弱いのでぐっときた。
まっすぐ、真剣に、誰かに好きだと言ってもらえ
>>続きを読む

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

3.5


Miss you already.


子どもがママのバックに入ったところ一番泣いた。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0


一番最初のエイリアンしか見た事がない中、コヴェナントに突っ込みました!

父と夫に捕捉されながらなんとなく見たけれど、これは過去作見てなきゃいけないやつだ。
途中参入は許されない感ある。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0


始まるまで知らなかったのですが、立川の極音上映に行ったら上映後に賀来タクトさんのトークショーがあり、もっと楽しむことができました。

彼が言っていたのは、この映画の善し悪しではなく、映画音楽に注目し
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

5.0


全員愛したくなるキャラクターとして確立させた俳優陣の演技が素晴らしい。
全員良かった。

弱さを抱えつつ生きるからかっこいいのだ。
苦しみを知っているから強く生きられるのだ。
愛は伝染する。

隠された時間(2016年製作の映画)

3.0


時が止まった世界の物理的なルールに破茶滅茶さは感じつつも、動かしても止まってしまうという視覚的な幻想さが好みでした。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.0


マリオン・コティヤールのアイシャドウが綺麗映画。

ディスコード -DISCORD-(2012年製作の映画)

3.0


そっこー本題に入っていくし、分かっているのにしっかり怖いし、ストーリーもそれなりにあってこれは意外にも結構面白かったぞ…!

全く関係ない2かと思ったら、正真正銘の続編もあるようですね。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8


前作がめちゃめちゃ良くて、2年ちょっとの間によりその記憶は美化されて、今回すっごく期待していたのですが…

冒頭のカーチェイスや戦闘シーンはなかなかに魅せるなぁとわくわくするものの、全体的にはなんか
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5


美しい映像とは裏腹に、
内容はとっても苦しかった。

でも、それでも生きていかなきゃいけないのよね。

痛みを抱えて、なお生きる。
簡単なことではない。

チャイルド・プレイ2(1990年製作の映画)

3.0


トラウマ映画チャイルドプレイ。

幼い頃父がよく観ていて、兄ともどもトラウマです(笑)

印象に残ってるシーンは1だと思うのだけれど、Netflixに2があったので鑑賞。

ちょっとだけ観ようと思っ
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます


ゴキブリこっわ……
むり…

と思っていたけれど、子どもだからこその発想の拷問がエグすぎてこわかったね。

大人さながらの飴と鞭拷問、それが邪気があるわけじゃないっていう。

お母さんかわいそうだし
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.5


誰を信じるか、どころか、見終わってみると何を信じていいのか分からない。
どれが確実な現実だったのか。

不穏で不気味な空気感。

なのだけれど、

おっおっゾンビもいっちゃう?
祈祷師わっしょーい!
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.0


色使いがおしゃれだった以外にあまり感想がない。

こういうのが響かない年齢、もしくは人間になってしまったんだな。

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.0


2018年映画始め。

昔は下ネタとかほんと笑えなかったんだけど、歳を重ねるごとになんか普通に面白くなってきちゃうのなんでなんだろ。笑

特別面白い映画でもなかったけれど、ザック・エフロンの歌声少し
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0


良かったんだけど、やっぱ前後編で5時間はちょっと長いよね!笑

(全く違う話しで比べることは出来ないけれど、ボクシングという点では百円の恋の方が好きだったりして…)

菅田将暉とヤン・イクチュンの関
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5


めちゃめちゃ良かったです。
家族の話弱すぎるので泣いた〜。

母と娘の関係を越えて責任を負っただかなんだか言っていたけれど、母親は子どもの母親として味方でなければならない。
たったひとりの母なのだか
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0


これを観て私が言えることは、
いくら綺麗事だと言われようと愛の力を私も信じているという事だけです。


憎むべきものは何かというわけではなく、有名な役者を使って世界で大勢の人に観てもらう、映画として
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


賛否両論がある今作ですが、スターウォーズにわかファンなので問題なく観れました。

友人がアニメ的な展開と言っていたけれど確かにそうだったな〜笑

まさかの過去を全て葬り去って完全に新しいスターウォー
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.5


ショートムービーってあまり見ないけれど、たった30分でもこんなの作れるんだな。

短い時間だろうと、要は見せ方なんだね。
あと演技力。

再会したら気まずい雰囲気流れるだろうなって人は何人かいるけれ
>>続きを読む

エリザベスタウン(2005年製作の映画)

3.0


昔見た時はこんなのいいな素敵だなって観ていたけれど、今となってはあーこういう感じ懐かしいわーって感じですわ(笑)

付き合ってるわけじゃないけど好き合ってる確信が心のどこかにある人との長電話って、楽
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


勝手にほぼ宇宙船内だと思ってたけれど、宇宙のシーンもちゃーんとあって映画館で観なかったことに後悔。

物凄い緊迫感で非常に面白かったです。

カルビンがライアン・レイノルズの中から出てこようとする時
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0


大作っぽい映画にありがちな、まぁ別に面白くはないけれど最後まで見れる映画。

こんなに有名な作品なわけですが、原作は読んだことがありません。
だからなのか酷評する程の映画でもなかったなという印象。
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


冒頭シーンのインパクトは今年イチというか、人生通しても忘れられないものでした。

圧倒的ジェイク・ギレンホール。
良すぎる。

鑑賞後に他の人のレビューをいろいろ読んだけれど、解釈の幅が広いね。
>>続きを読む

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(2017年製作の映画)

-


5歳の甥っ子が映画デート行こうと誘ってくれたので観てきました。

今までただのひとつもシリーズを見たことがなく、かろうじて仮面ライダーの名前が分かる程度。

面白いかどうかも分からなかったけれど、ど
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.0


圧倒的菅田将暉力。
最近見た桐谷健太が彼らが本気で編むときは、だったので、ギャップ!って感じ。
ハマり役。

わたしの涙は安いので、最後の漫才泣いたわ〜。

テンポがあまり良くなく盛り上がっても冷め
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.0


こんなに固い絆で結ばれた仲間って私にはいないので、本当に羨ましい。

こんなキラキラした学生生活の思い出なんてないなぁ…

昔から映画と読書が好きだったようなインドアな私といまだに仲良くしてくれてい
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.0


高校卒業したての頃に見た時、ゆるっとした時間の流れが苦手でちょーつまんねーと思った作品。

けれど、その後人のセックスを笑うなめっちゃ好きっていう何人かと出会い、久しぶりに見てみることにしました。
>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

2.0


菅田将暉と野村周平とか得すぎると思ってながらで観たけれど、非常に微妙でした。

つまらないにしても、テンポが悪すぎるのが問題。

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.5


浅野忠信こわい…。

自分たちの行いのせいで娘がこうなってしまった。
罰だと思ってしまうのは当たり前だけれど、娘のことが自分たちの罰だと思うことが罪なんだろうなぁ。
それは放漫だよ、と。

死ぬより
>>続きを読む

>|