HiImYuiさんの映画レビュー・感想・評価

HiImYui

HiImYui

映画(1039)
ドラマ(60)

ハイ・クライムズ(2002年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

元軍人の夫と弁護士の妻。軍人時代の行いについて夫に殺人容疑がかけられ、法廷で救いたい。
自分も弁護士だけど、よく分かんないから
モーガンフリーマン手伝って!と何の脈絡も無く依頼する事から始まる
夫サイ
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.6

頑固親父の裁判官と頑固息子の弁護士のやり取り切ない。もっと意固地にならずに恥ずかしがらずに、家族に寄り添いたいと思う。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.4

この映画の凄みは、小学校舞台なので、一切下ネタやブラックジョークを使わず、子供から大人まで楽しませるところにある。けして幼稚にもならず、誰も傷つけない無邪気な笑いが、逆に新鮮で、やさしい世界。

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

3.4

呆れてしまうほど、ワガママ寄生娘なのにシャネルだからって、愛に生きたと言われて神格化されるのがシャネル。シャネルの特権。だってシャネルだもの。で何でも通用する、それがシャネル。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.3

三面鏡の鏡台の前に座って、見る三つの物語。一方に映る自分と、他の二方から映る自分とでは、それぞれ違った顔をした、自分が映っている。

くさいけど「愛してる」(2015年製作の映画)

3.2

くさいけど愛してるなイケてない僕と、イケてるけどくさすぎる彼女。気になるところがあったら男ならそこはかとなく伝えんねん!って難しいお題に苦しむ男。他にもいい人はいるわよって私は思った。そう思ったその矢>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

困窮する貧困のシングルマザーと、難病認定をされて働くことの出来ないダニエルの出会い。社会やシステムに否定され続けても「私」という生きた存在がここにあるという叫びが、雑音にかき消されていくような歯痒さが>>続きを読む

娼婦ベロニカ(1998年製作の映画)

3.1

ベネチア。ゴンドラに乗ってぽっくり下駄のような厚底を履いて男にアピールするその姿は、まさに吉原遊廓の花魁だなって。日本の遊女との共通点も多い気がする。男のおもちゃを寝室で演じて、本当のおもちゃにはなら>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

4.8

香りに翻弄された香水師。嗅覚が研ぎ澄まされるような錯覚を、視覚と聴覚で与えてくれる、官能的で汚くて偉く美しい、息を留めて観てしまう映画です。好きすぎるとコメントがし辛い。3回は観た。原作も読書中。

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

3.6

ドンクサのアパムが生き残り、帰りたい家のために戦い続けた男たちが死んで行く。アパムチビってないで走れって!!って心の中で泣き叫んだ。
お国のために。みたいなパトリオットを描いた戦争映画もあるけれど、国
>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

3.2

途中から、あれ?ホームアローンじゃんってなる。

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)

4.0

ある意味最後にどんでん返しを喰らうんですが、この世紀末ワールドでみんなサングラスをかけているのはなぜ?やっぱり目に悪い粉とかが飛んじゃってるの?あと邦題どうしたの?原題でよくない?だったらもう座頭市で>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

日本兵との戦場、銃を持たずに仲間の負傷兵をを救うため、仲間の死体の山を踏み越えて駆けずり回る衛生兵。並大抵のメンタルでは出来ない。緊張して手が汗ばんでくるような映像体験。少年時代に主人公が登った崖とデ>>続きを読む

ステイ(2005年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

私の頭が付いていけないのか最初から最後まで理解不能。解説見ても?。何でもかんでもフロイトだの、夢だので片付ける映画は私は嫌いだね。
まだ垢抜ける前のライアンゴスゴス見れたので2.8にしようと思う。

ボーイズ’ン・ザ・フッド(1991年製作の映画)

3.8

胸が苦しくなるリアルゲットーライフ。
タイトルのhoodだけどアメリカのスラングで、ストリートに生きる、ゲットー出身のやつ。という意味があるよう。
ただのガンファイトやギャング抗争じゃなくて、不条理な
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.7

劇中にジャパンが出てくるとこの島国が、アメリカでどういった見方がなされているのかが、少し分かる。

イコライザー(2014年製作の映画)

3.6

周りにあるもの、ネジ回しとかショットグラスとか植栽用の電ノコなどの家庭用工具で殺しまくる。デッドライジング、通称デッドラをプレイしたことのある人なら、デッドラの世界だぁ。ってなります。
こういう潔癖性
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.6

痛みが分かる者同士にしか分からない温度。傷の舐め合いじゃ無い。カサブタを優しく保湿し合うようなそんな関係。

ニキータ(1990年製作の映画)

3.5

初めてニキータを観たとき、ジャン・レノはこの映画をもっと撮りたいと言ったそう。
それに応える形で作られたのがLEON。
正直ニキータ本体よりもLEONの序章として観た方が面白い。
主人公の精神不安にち
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー: ホーリーチキン !(2017年製作の映画)

3.4

2作目のタイトルからチキンを食べまくる人体実験ドキュメンタリーかと思いきや、
養鶏場の実態と見せかけだけの健康志向について暴くサスペンスだった。
レストランやファストフード、コンビニでよくみる、フレッ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.3

自分の願うもの全てを手に入れることはできない。過去があるから今の自分がある。今日を最後の日だと思って生きてみる。

チンケなコメディホラーだと思って観てたら教訓がいっぱいあるし、一作目からの繋がりも、
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

兎に角ホラーがダメな私が言います。
全然怖くないです。
お面関係ないじゃん!!ってエンドロールでつぶやきました。

モールス(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

兎に角ホラーがダメな私が言います。
全然怖くないです。

この主人公もやがて血を探す旅に出なければならないのかと思うと泣けてくる。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

2.4

リュックベッソンのLEONとフィフス・エレメントは5回ずつぐらい観てる。それ以上かもしれない。
狂気じみた悪役の(つまりゲイリーオールドマンなんだけど)魅力と
そしてメインの男女が欠陥をお互いに補完し
>>続きを読む

ツーリスト(2010年製作の映画)

1.9

脚本が酷いとこんなにも、俳優が活きないのかとびっくりした。今まで避けて観てこなかったけど観なくても良かったかな。
なんかこの時のジョニーデップの顔も、堂本剛にしか見えないんだよなぁ。正直しんどい。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.4

お互いがお互いを想い合う気持ちがセリフじゃなくて眼差しに表れているのが良い。

用意されたのは素敵なお家と素敵な夫婦とヘルニアの犬だけです。

セックスアンドザシティのミランダも出てきます。

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

4.0

サイコパスキモキモ殺人鬼のシスコンモンスターから電話で少女を救う話と思いきや、、、
いてもたってもいられなくなって、ソソクサと現場に向かうハルベリー。
1時間半心臓バクバクで超楽しい。ジェットコースタ
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.9

ビンラディン暗殺の裏側。
死体はアメリカが回収したのか。とか知らなかったことが沢山あった。

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.9

行ってきますから、ただいままで、ひたすら絶望の麻薬捜査官配属初日のなっがい1日。腐り切った警察の中じゃ、どっちがギャングか、分からない。
スヌープドッグが車椅子で爆走してるシーンが最高かな。Dr.Dr
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.9

君の瞳に乾杯って言って許される人、この人しかいない。
"As Time Goes By"のピアノの音に痺れる。うっとり。

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

2.7

奥さんが終始狂ってる印象。
昔の野球選手を知っていて、尚且つ野球が好きだったら楽しめるのかもしれない。

>|