unーさんの映画レビュー・感想・評価

unー

unー

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

5.0

いろいろ気になるところある、が!ニタニタのニタでみてました。赤ちゃん扱うような甘々表情&声には気をつけた方がいいね(ビビりまくってた)、森の芝居の没入感すごかったな、あとは運もクソもありませんで、ハハ>>続きを読む

スローなブギにしてくれ(1981年製作の映画)

5.0

風船で埋もれるとこ、破壊破壊破壊なとこ、ニャ〜お!…ワァん!

まわり道(1974年製作の映画)

4.5

一方通行、同時にそこに留まる感じがした。言葉もも行動もすべて独り、交わらないな。死を前にしたとき、ゆく先なんて元からないのに、さらにどこへ向かえばいいかわからなくなるのかな

愛・アマチュア(1994年製作の映画)

4.5

何者かもわからない、俺も私も静かに守る感じがよかった。エドワードいいなアーーー踊ってるみたいな銃乱射特に

豚が井戸に落ちた日(1996年製作の映画)

5.0

ウオーーーーーどこまで嘘ついてたらいいんでひょハハハハハ、、、

ショーイング・アップ(2023年製作の映画)

5.0

ア〜〜ぐるぐるしてたな〜〜生きてるな〜〜生きてたな〜〜〜ムシン、ムシン、、

イヌとイタリア人、お断り!/犬とイタリア人お断り(2022年製作の映画)

4.0

アニメでも苦しみがすごいな、悲しむ余裕もないくらい仕方なく淡々と進むところがつらかったです

春の日は過ぎゆく(2001年製作の映画)

4.5

消火器の使い方とラーメン食べる?ですよねえ!!風の音をひたすらきこうじゃないの

ゴンドラ(1987年製作の映画)

5.0

俺の還る場所どこだろねえ。ひとり、どこにいてもひとり、誰といてもひとりですカ、そうですカ、やださみしーーーい

夏はいいねすごく暑くて。2人並んでおにぎりと卵焼き食ってんのすきでした

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

5.0

自分がどこか隙間から、それか鳩目線で盗み見てる感じ。心臓グリグリさせてきましたねえ!制限されてた分アレがしたいコレがしたいって爆発しちゃう冒険心はみてて楽しかったな。貧しさと幸せかあ、ウーーーン

>>続きを読む

ファースト・カウ(2019年製作の映画)

5.0

やさしいな、空気がつめたいあたたかい。流れる、がひたすら心地良い。映画終わってすぐオールドファッション食べた

僕らの世界が交わるまで(2022年製作の映画)

4.0

窮屈さと眉間にシワ、ひたすらこちらに感じさせててすごい

正しいと思ってることがそうじゃなかったときの底を知るのは怖いね、いや超嫌ですもん、落ち込みハンパなーですもん、だって僕は私はそれを信じたいから
>>続きを読む

ドンテンタウン(2019年製作の映画)

5.0

ああ、すごいすきな空気です、有線は強い、ウソもホントも信じたのがソレなのですそうだと思いますた

憂鬱な楽園(1996年製作の映画)

5.0

ひたすら流れる、流れる流れるう。外で食う飯絶対ウメ〜!!!

溺れる魚(2000年製作の映画)

4.0

銃パァン!窪塚キャアアアア!仲間由紀恵が頬張りに頬張り、サービスゲップ&リップを吸収する大倉孝二がよかったです

アステロイド・シティ(2023年製作の映画)

4.5

目と脳キャア〜〜〜〜〜〜〜です、狂いがないので全然退屈だす

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

4.5

涙ツーーーーー本当可笑しいくらい最初と最後の言葉に限るのですが、作るってやべえんだと思いますた、わかったフリしてるけど生き様超カッコいーです、理解超えてた。ツチヤタカユキもまわりもやさしい、やさしい

青い車(2004年製作の映画)

4.0

ンーーーなんとかできそうもない「俺がなんとかするから」です

MEMORIA メモリア(2021年製作の映画)

5.0

何かから何かへの(何もない?)吸収と攻撃を受けている感覚。夢とも違うような記憶なのかも曖昧で、ただ雨の音だけきこえていますル…

時の支配者(1982年製作の映画)

4.5

オ〜〜ホホホホホホ、、、己を憎み否定しろお!!!!すげ

CLOSE/クロース(2022年製作の映画)

4.5

痛みがすぐに分かればな、苦しい苦しい。変わらないままでいられないのなんでかな、ただ楽しいだけでいいのに抱きしめたいだけなのに

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

5.0

今度。今。今か、今だなと思ったすごく。見上げる空はどんな表情してるかな。いつも明るくあってほしいとは思わない、いつもはいつもじゃないもんねえ。でもいつも今はふふふってなりたいと思いました

リバー、流れないでよ(2023年製作の映画)

5.0

スキスキですねーーー世界線バグって天気ころころ変わるのと2分間の逃避行と死んだあとの可笑しい感想がスキでした

白いリボン(2009年製作の映画)

4.0

汚いなと思いつつ、ああこれ人間って嫌に頷く。嘘に嘘を重ねるとそれが本当になるのか、真実なんてどうでもよくて欲でしかないんだもんウエ〜ん、、

鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い(1975年製作の映画)

4.0

アンタ誰なの?ハア、クミさんにシンゾー撃たれて即死した男です

ヴァイブレータ(2003年製作の映画)

5.0

頭の中で声がうるさいの泣きそうになってた、わからなくていいなあいいなあです。旅は道づれえー!!世はなさけえー!!!!

ふたりの人魚(2000年製作の映画)

5.0

きれいに涙流しててスゥーーーーー、存在しないの雨か誰か、洗面器に足、どこにいますかどこにもいないねえ

オオカミの家(2018年製作の映画)

5.0

心臓がなんですカなんですカ!!!もうずっと夢だし抜け出したかったし席立ちたかった、同時に醒めないでェ!!!って口角上がりっぱなしでどうしようかと思った。最高の上です、やべえです

ほかげ(2023年製作の映画)

4.5

心がやられっぱなしでみるのつらかった、坊やの真っ直ぐすぎる瞳と、趣里の起きるだけでも辛そうな感じがひたすら苦しかった、

生、生、、生。

>|