素晴らしき哉映画さんの映画レビュー・感想・評価

素晴らしき哉映画

素晴らしき哉映画

男性です。最近は前にみた映画を改めてレンタル。
いいねはもうしません。レビューは読んでいますがいいねを押すだけがメインになりたくないからです。こちらにもいいねは好きなように。フォローの外しは気にせずしてもらっても大丈夫です
皆のための参考というより自分用のメモにしています

映画(3176)
ドラマ(0)

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

-

両親を亡くしたヤーコブ
生き甲斐も感じられず自殺を考えていました

ある崖の所に行くと疑問というか不可解な出来事が起きていました
その場にいき落ちていたマッチ箱には

ELYSIUM(エリュシオン)
>>続きを読む

魔法遣いに大切なこと(2008年製作の映画)

-

そうか彼女の裏にはそのようなことがあったのか

山下リオ🔴鈴木ソラ
岡田将生♠緑川豪太

田中哲司♠原誠一郎
木野花🔴白石沙織
草村礼子🔴赤池菊子
鶴見辰吾♠権田伊佐男
余貴美子🔴川田女史

太賀♠黒
>>続きを読む

ReLIFE(2017年製作の映画)

-

「今を大切に」


27歳の海崎新太(中川大志)はニート続きで面接して落ちるの繰り返しの生活。
そこに現れたのが夜明了(千葉雄大)。ニート対象にした社会復帰プログラム【リライフ】の話を持ちかけてきまし
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

-

🔶

万次がまるでウルヴァリンみたい

それぞれの立場に恨みや悲しみがあって
しかも連鎖してるなんて、なんか悲しいね
____________________

木村拓哉♠万次
杉咲花🔴浅野凜/町(万
>>続きを読む

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦(2011年製作の映画)

-

レフェリー「モンスターらしくクリーンに戦え」


ミシガン州にあるヒルサイド共同墓地で行われるモンスター・トーナメント
普段は人を襲いあの世に導く彼らも、よくリング上まで大人しく来てもらえたものだと感
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

-

🌟
みやこの夫「ハインリッヒ~~❗❗」
広瀬(ハインリッヒ役の井上順)が後ろからおもいっきり叩く


主婦である鈴木みやこがラジオドラマで採用された「運命の女」の作品
ラジオ局に来たら順調にはほど遠い
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

-

🔶

ある自宅で殺人事件が起き、その犯人は逃亡中
三つの場所で、それぞれ疑わしい人物が1人ずつ現れ整形して時間軸をずらしながら登場
同一人物なのか
それとも1人だけか、2人なのか

演技も皆、よくでき
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

-

🔶

泉水「春が2階から落ちてきた」

心の部分を大きく捉えてたと思います。
DNAか環境によってか
それは絶対と言い切れないけど、心の広い父親の中だからこそ何回も乗り越えて来たんだと思う。
人生の結
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

-

🔶

団結の心が大事だよね
仲間ができる時から敵との戦いまでみて思ったのは戦闘シーンをより多く見せるというより初めての作品らしい丁寧な作りでした
それだけに人によっては物足りないとか展開が遅いと感じる
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

🔶

悪くなかったと思います。
曲を聴きながら強盗する人達を乗せそして逃げるの繰り返し。計画のリーダーはドク(ケビン・スペイシー)さん。『ラスベガスをぶっつぶせ』と似たかんじで指示を送り自分は何もしな
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

🔶

メモ

状況が変わる時があるかもしれません。

【イギリス秘密情報部MI6】
シャーリーズ・セロン🔴ロレーン・ブロートン(MI6のスパイ)
ジェームズ・マカヴォイ♠デヴィッド・パーシヴァル(MI
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

🔶

1作目


弟思いのビル
中々ピエロを見れないリッチー
喘息持ちで母親から束縛されるエディ
やたらと町の過去に詳しいガリ勉のベン君
ショートヘアがお似合いのべバリー
ちょっと寂しげなカーリーヘア
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

-

🔶

3作目
▫1作目『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)
▫2作目『天使と悪魔』(2009)


トム・ハンクス♠ロバート・ラングドン教授
フェリシティ・ジョーンズ🔴シエナ・ブルックス

ベン・フォ
>>続きを読む

orange(2015年製作の映画)

-

🔶

その時その時の決断が分かれ道なんですね
たかが言葉と思ってもやっぱり大事
恋愛のジャンルは苦手な方だけど、これは良かったです
翔の家庭状況と菜穂の自分に負けないように振りきる気持ちは応援したくな
>>続きを読む

エクリプス(2017年製作の映画)

-

実話を基にしているとあります
当時の警察がまとめた報告書からのようです

説明のあるとおり学校で降霊術の文字盤を同級生と呼び出しをしたことによりベロニカの体や弟妹のまわりに異変が起き始めました。
まだ
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

-

🔶

Clown Laughing At You
ピエロがお前をあざ笑ってる
あたまをとって
CLAY(クレイ)

ハッカーと言っても連邦情報局にまで手を出すとは、やりおるな!
あとからみるとヒントに
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

-

🔶

国にためになるんだと米軍に入隊し
そのあとCIAに属し転々と場所を移動しながらも気持ちは変わらずでした。
しかし自国のみならず国を越えての監視というのは理想とは程遠い現実にとてもショックだったは
>>続きを読む

杉原千畝(2015年製作の映画)

-

🔶

古くは昭和9年から始まります

外務省に訪れた白人男性(ニシェリ)
映画の中では外務省の方(滝藤賢一)が、センポと聞いて杉原千畝と分かってる雰囲気を見せてるようにも思えます。実際はどうかは不明。
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

-

🔶

祖父から過去に起きた話を聞かされ、それを信じるまではいいんですが来て良かったのか悪かったのか・・

ナルニアに似たところがあるかもしれません。ジェイク(エイサ・バターフィールド)には楽しさより戸
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

-

🔶

出だしはワンダーウーマンの映画と思いましたわ
1933年のキングコングとの映像の差は歴然としてすすんでいますが、内容の作りとしてはそれほど変わってないかもしれません。
人間のそれぞれの立場も、ど
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

-

🔶

1作目

『スパイダーマン』(2002年、トビー・マグワイア主演)からは6作目
『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』をふくめて今回で7回目の登場


メイ・パーカー「それなに?」


車内で
>>続きを読む

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第7章(2014年製作の映画)

-

🔶

パトレイバー第7章
【エピソード12 大いなる遺産】
エピソード12のみ

次のエピソード首都決戦に繋がる形に作られています。過去の話に関わった登場人物や敵となるステルスヘリも終盤にみかけます。
>>続きを読む

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦(2015年製作の映画)

-

🔶

パトレイバー 首都決戦
THE NEXT GENERATIONのDVDでは8作目


テロリストに対抗するにはパトレイバーを頼るしかない
ステルスヘリという厄介な戦闘にも関わらずパトレイバーの起
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

🔶

武器を持たず衛生兵として戦場に立つという説明は簡単で理解には難しいテーマ
そう思うようになったのは人柄か家庭環境からなのか
主人公デズモンドの行動が正しいかどうか人それぞれの考えがあっていいと思
>>続きを読む

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

-

🔶

 モーリス「アーケインのこと?」

モーリス先生がダブル・コリーンを引き寄せ
((( ・・) (・・ )))

 モーリス「行方不明なの フッと 姿を消したの」
Wコリーン「フッと?」

ジリリ
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

-

🔶

2作目
前作はプロメテウス


 入植船:コヴェナント号
  日付:2104年12月5日
 乗組員:15名
  積荷:入植者2000名
     胎芽1140体
 目的地:オリガエ-6
到着予定
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

🔶

「プロとしての礼儀だ」


戦闘シーンで心配だったのはキアヌ・リーヴスもすでに50歳を過ぎてること。
ただアクションは銃がメインとなるので、楽ではないけども助けられてる部分があるのは事実。
アク
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

-

🔶

ロボットなのにベイマックスから愛情や心を癒すものがありました。ただ設定されただけなのにね。
でもヒロが元気でいれたらそれでいいかな
結果そんな仕上がりになりました。
______________
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

-

🔶


上戸彩:ジュディ・ホップス(ウサギ初の警察)
森川智之:ニック・ワイルド(キツネ)
三宅健太:ボゴ署長(水牛)
竹内順子:ベルウェザー(ヒツジ、副市長)
高橋茂雄(サバンナ):ベンジャミン・ク
>>続きを読む

ハムレット(2000年製作の映画)

-

🔶


考えは我々のものでも
結果が独り歩きをする

2000年 ニューヨーク
デンマーク・コーポレーション社の会長が亡くなるところから始まります
主人公ハムレットの父親にあたります

現代版とはいえ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

-

🔶

2作目(3作目 ピッチ・パーフェクト3)


ベッカ「ほざいてなよ
    このゴージャスな~~~べっぴんさん・・(゜゜;)
    またホメちゃった」
ベッカ「サウンドとりもどした?(*^ー^
>>続きを読む

>|