素晴らしき哉映画さんの映画レビュー・感想・評価

素晴らしき哉映画

素晴らしき哉映画

男性です。最近は前にみた映画も改めてレンタル。
フォローの外しは気にせずしてもらっても大丈夫です。皆のための参考というより自分用のメモにしています
最近はたまにコメントをします

映画(3398)
ドラマ(5)

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

-

🔶

今まで南北戦争で印象的だったのは実際にあった黒人部隊での『グローリー』

今回のニュートン・ナイトという方は結果的に黒人奴隷や作物を搾取された白人を見て見ぬふりが出来ず、その人達と力を合わせ南軍
>>続きを読む

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾(2013年製作の映画)

-

🔶

タイトルの哀しみの銃弾がとても合ってるように思えました
兄弟以外にも出演者が何人もいるんですが、やはりクリス(クライヴ・オーウェン)とフランク(ビリー・クラダップ)の良くも悪くも兄弟愛を感じます
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

-

🔶

一見普通なのに最後のあの登場で
なるほどなとなった
助けるはずの父親も複雑すぎる

【マイケル・シャノン】
『マン・オブ・スティール』のゾッド将軍であられるぞ!

【アダム・ドライバー】
『スタ
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

-

🔶

当たり前なんだけど『モールス』とほぼ場面やセリフが同じです
どちらもお気に入りだけど、こちらがなんとなく好きかな
少年オスカーはスウェーデンのイメージどおりな顔とヘア

エリといたあのお爺さん
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

-

🔶

なんかこの余命わずかと宣告された二人は、残りの人生をこの数日だけで経験したんとちがいますか?
ルディ役の人はアイアンマンの人と顔が似てますね
____________________

ティル・
>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

-

🔶

のちにレビュー追加かも

📍ROLLYの登場は笑えました
▫椅子に座ってからの脚の組み方
▫歌い出す
▫そして長い
▫長いけど飽きずに聴けた
▫名前が◯◯宗男

📍女性が傘をほって永瀬正敏が拾っ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

-

🔶

無名どころか周りは誰も知らないストリートミュージシャン
その日の生活も生きていくのが精一杯なジェームズ
さらに依存症ときたら絶望的な人生そのもの
ひょんなことから拾ったネコがキッカケとなり注目さ
>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

-

🔶

よく確信がないのに危険なことをやろうとしたなコートニーさん(エレン・ペイジ)
・・・・なんなら手伝いましょうか
あの世とのつながりは面白さの1つ
出だしは良かったんですが、途中からホラー系も入っ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

-

K―1で昔みかけていた角田さんにどことなく似てる人物いてさらに攻撃力もあった
この作品では主人公になるコン・ユさん
若い頃の中村雅俊に似てる気がします
そんな感じで韓国映画に慣れない私としてはなんとな
>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

-

🔶

そういう方向でしたか・・・・
でも同じ経験をすればどのような見え方になるんだろう
あまり期待しないほうがいいでしょう
____________________

シャイア・ラブーフ(小松史法)♠
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

-

🔶

ケネス・ブラナー♠エルキュール・ポアロ

ジョニー・デップ♠エドワード・ラチェット(アメリカ人の富豪)
ジョシュ・ギャッド♠ヘクター・マックィーン(ラチェットの秘書)
ジュディ・デンチ🔴ドラゴミ
>>続きを読む

キートンの探偵学入門/忍術キートン(1924年製作の映画)

-

バスター・キートンもチャップリンと同じで楽しいね
最初は退屈しそうでした

📍相手への尾行
📍顔を近くまで見すぎ
📍ビリヤードのテクニック
📍走り出したら止まらない
他にも注目する場面あるんだけど
>>続きを読む

アース・トゥ・エコー(2014年製作の映画)

-

3人の友人が巡りあったあの~~あれです
なんしか可愛らしかった
彼らの最後の思い出になるであろう出来事が普通ならそれどころではない

ピンチがあったり、子供なのに運転したり何故か女の子が結構ノリノリで
>>続きを読む

リヴォルト(2017年製作の映画)

-

🔶

何か得体の知れない‘何か’に襲われている
侵略されようとしてるようです人間側が
主人公の男性は牢屋に入っていてまずは脱出しないといけなくて所謂プリズン・ブレイク風

期待していなかった分面白かっ
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

-

🔶

ジョゼ・ガルシア♠トム(父親)
カロリーヌ・ヴィニョ🔴ジュリア(母親)
ジョゼフィーヌ・キャリーズ🔴リゾン(娘)
スティラノ・ルカイエ♠ノエ(息子)
アンドレ・デュソリエ♠ベン
シャルロット・ガ
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

-

🔶

全てを見られる
シーチェンジ
⇒カンニングできるかもしれない


ただただ怖いとしかない
相手の事を考えられない極端な映画だと思ったんだけど、現実問題でも似たことがあって予想以上に深刻なことでは
>>続きを読む

エコール(2004年製作の映画)

-

🔶

学校といえば学校ですが、少女達が踊りや勉強をしたりそれほど不自由なく過ごせてました
ただ初めの連れて来られて弟とかの発言はどの形でここにいるのかだいたい予想はつきます

今回これを観ようとしたの
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

-

🔶

19―19 中間世界

ジェイクがいつも夢見るガンスリンガーや黒衣の男
それに現実世界と異界となる中間世界のバランスを保つ塔ダークタワー
親には信じてもらえない上、学校とは別の場所に入れさせよう
>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

-

🔶

爆破テロを起こすはずだったメンバーではなくスリの天才マイケルが💣爆弾💣が入ったカバンを鮮やかに盗み
そしてなんとなくカバンを適当に捨てると・・・・

なんと爆発したんです!!

爆破からスリが 
>>続きを読む

白い沈黙(2014年製作の映画)

-

🔶

夫婦にとってとても残酷な仕打ちでしかない
自分の子供を誘拐されその後生きているのか死んでいるのか分からないので毎日考えては苦しみの繰り返し
連れ去られたのもほんの少しの間で
トム・クルーズ主演の
>>続きを読む

アクロス・ザ・ユニバース(2007年製作の映画)

-

🔶

イギリスからアメリカに渡ったジュード
そこで知り合ったルーシーとマックス
アメリカではベトナム戦争もあって初めは明るめなミュージカルもシリアスと言えば大袈裟だけど雰囲気も変わり始めた印象

ビー
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

-

🔶

何故あの絵を描けたのか
途中まで進むと女性達は何なのかわかり始めるけど、ニコラがどうしても気になる
彼の事を考えると予想はつきそうでしたが

あと気になったのはニコラに話しかけてくる女性
彼女は
>>続きを読む

エミリー・ローズ(2005年製作の映画)

-

🔶

ジェニファー・カーペンター🔴エミリー・ローズ

ローラ・リニー🔴エリン・ブルナー弁護士
トム・ウィルキンソン♠リチャード・ムーア神父

キャンベル・スコット♠イーサン・トマス検事
ヘンリー・ツェ
>>続きを読む

嵐の国のテス(1922年製作の映画)

-

前から住んでいる者を追い出すと言い切るエリアスさん
立派な住まいですし人を動かす力もおありのようだ
ただここで追い出されるであろう1人にテスが住んでいて、エリアスの息子フレッドと仲良くなってしまう
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

🔶

良香のキャラが面白かった
テンションが上がったり下がったり
こちらも笑えたり重い気持ちになったり影響しまくりでした

本も最近読んだんですが、映画観てからだと想像しやすい上、ページ数もそんなにな
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

-

🔶

2010年4月20日メキシコ湾にて
海上に浮く石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン
作業者は126人と表示されていました
ここで実際に火災が起きた出来事です


事故どころか心配するほど
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

-

🔶

地味な展開だけど最後の人間性がでたのは良かった

長澤まさみ🔴加瀬鳴海
松田龍平♠加瀬真治(鳴海の夫)
前田敦子🔴明日香(鳴海の妹)

光石研♠鈴木(鳴海の社長)
満島真之介♠丸尾

長谷川博己
>>続きを読む

ファミリー(2004年製作の映画)

-

🔶

ジョンファン「お姉ちゃん 電球飲んじゃった」


ジョンウンは悪さもしていたようでまずは出所するあたりから話は始まります
3年ぶりに帰って来ても父親は冷たい対応
姉は保護観察中でありつつ仕事に就
>>続きを読む

シグナル(2014年製作の映画)

-

🔶

何の説明もなしにみたのでハッカー対決とばかり思ってました
そしてトンデモナイ相手と知り主人公たちが追い詰められ逃げ続ける・・・そんなイメージでした

追い詰められる部分は合ってるところもあります
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

-

🔶

2作目


我らの友人
アラン・リックマンに捧ぐ
1946-2016


アリスがまたあちらの世界へ
誘ってきたのはウサギではない

アリスは来て早々マッド・ハッターの過去の悩みを仲間に告げられ
>>続きを読む

クリスティ(2014年製作の映画)

-

🔶

ジャスティンは死んだ
私はクリスティよ
⇒ジャスティンだから


怖すぎでしょう
名前違うくてクリスティって決めつけてくるし
もう誰でもいいんじゃないのか?
相手の「何のつもり?」はこっちが聞き
>>続きを読む

セリーナ 炎の女(2014年製作の映画)

-

🔶

1929年ノースカロライナ州にあるグレート・スモーキー山脈

職場は伐採関係でその場をまとめているジョージ
セリーナと夫婦となり彼女も仕事に関わるようになります

タイトルには炎とありますが、氷
>>続きを読む

くるみ割り人形(2010年製作の映画)

-

🔶

くるみ割り人形となってしまった王子くん
その国では大軍隊でネズミ人間達が攻め寄せてきて彼らの支配下です
王子くんの仮の姿はその人らの影響なんですよ、許せん!
そこにメアリーやマックスがその世界に
>>続きを読む

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

-

🔶

スクワレルが救われなかったのは
ここだけの内緒で

友人、住んでる場所、ジェームズとの縁
これが音としてラストを飾ったのは良かった
ピンポーンのあとの対応もね

【ジョニー・ウェストン】
「プロ
>>続きを読む

>|