素晴らしき哉映画さんの映画レビュー・感想・評価

素晴らしき哉映画

素晴らしき哉映画

男性です。最近は前にみた映画を改めてレンタル。
いいねはもうしません。こちらにもいいねは好きなように。フォローの外しは気にせずしてもらっても大丈夫です
皆のための参考というより自分用のメモにしています

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

🔶

「プロとしての礼儀だ」


戦闘シーンで心配だったのはキアヌ・リーヴスもすでに50歳を過ぎてること。
ただアクションは銃がメインとなるので、楽ではないけども助けられてる部分があるのは事実。
アク
>>続きを読む

セルフレス/覚醒した記憶(2015年製作の映画)

-

🔶

ニューヨークの建築王のダミアンは
ガンの病気もありあと半年ほどの命。
死にたくないと思うのは誰もが同じ。

そこでいいお話が。
何でしょう?
我々の研究所(フェニックス)には遺伝子を操作し肉体が
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

🔶

1940年
フランス北端のダンケルク港
英仏連合軍の兵士が40万人
兵士救出にあたりドーバー海峡にいる700隻(色々な説明があり数はバラバラです、Filmarksでは900隻)の船がダンケルクに
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

-

🔶

今まで見てきたウルヴァリンの強さを圧倒する凄さは継続しながらも現在(2029年)では治癒能力を失いつつあるようです。戦闘ではあまりそうは感じないんですが。

過去にはプロフェッサーXと呼ばれ皆を
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

-

🔶

記録

神木隆之介♠立花瀧
上白石萌音♦宮水三葉

谷花音♦宮水四葉(三葉の妹)
市原悦子♦宮水一葉(三葉の祖父)
成田凌♠勅使河原克彦(三葉の同級生)
悠木碧♦名取早耶香(三葉の同級生)

>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

🔶

女性が住むセミッシラ
アマゾン族で女性のみで男性は1人もいない
ある時不時着したパイロットのスティーブを救出し、彼を追いかけてきたドイツ軍を彼女達が倒す
そこからダイアナはスティーブから今までの
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

🔶

不明な点が多くネタバレをみてそれなりに理解しました。これは何回もみて答えが出せそうです。
結果よりそれまでの内容をああでもないこうでもないと考えるのが面白さ。
予告やパケでみるとおり派手な演出・
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

-

🔶

大学生の金木研(窪田正孝)はリゼ(蒼井優)と呼ばれる喰種に臓器を移植されたことにより半喰種となってしまう。
喫茶店あんていくの人達に助けられる形で、そこで働くことに。

アニメは放送(12話)で
>>続きを読む

人狼ゲーム ラヴァーズ(2016年製作の映画)

-

🔶

5作目(6作目 人狼ゲーム マッドランド)
今回は11人となります。
何作もあってダレるかと思いきや、意外に悪くない。役が多くてさすがに混乱してしまう。
一番の注目は気持ちのぶつかり合いとなる演
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

記録

9作目
⇒ローグ・ワンをふくめて
新3部作のうちの2作目

1回目

親指タイタニック(2000年製作の映画)

-

🔶

歌がお世辞にもうまいとはいえない
それと2人とも助からなかったとしても微塵にも心痛めることはない
なぜみたんだろ?

1回目

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア(2015年製作の映画)

-

🔶

2作目(3作目 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起)

前作から3年後みたいです
当たり前なんですが、成長して名前も変わっています。テアボロの養子ということになります。命の危険
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

-

🔶

介護施設にいたマックスから手紙を受け取ってから、ゼヴは1人だけで目的となる人物に会うため動き出します
最後の結末もある意味では予想したが、どのようにしてなのかは気付かなかった
戦後になっても犠牲
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

-

最初は重たい感じはしたけど、やっぱり人の繋がりや家族はいいものだとつくづく思う
病気やいじめと誰にでも起きそうなことだからその反動がとても実感できる
___________________

宮沢りえ
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

-

🔶

今までの栄光
不幸な出来事や挫折
娘のためにも再びリングへ

一見地味に見えて彼の心の中は荒波のようだったと思える
良き理解者、道を正してくれるのはやはり人生にとって大きい。あのまま諦めてもおか
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

-

🔶

自分が幼かった頃と重なって懐かしい気持ちになれた。この映画ではヴィンセントが祖父ではないけども、祖父と私は似た経験をしたことがあって、また戻りたいとも思えた。
オリバーはしっかりしてる
____
>>続きを読む

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)

-

🔶2

栄えてた時代とは変わって荒廃した世界となってしまった現在

イーライ(デンゼル・ワシントン)とソラーラ(ミラ・クニス)が食事前の祈りをソラーラが知らないことや物の取り引きや使用されてるかどうか
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

アスガルドは場所より人のセリフ

📍ソーと話すバナーの混乱ぶり
📍スタン・リーは中盤あたり
📍エンドロール中2回映像

1回目

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

-

🔶

ソーラ・バーチとスカヨハの二人をみていたいと思いながら、いつの間にかスティーヴ・ブシェミを応援したくなった。
そう!初めて彼を応援したくなった!
____________________

ソー
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

🔶

二人がそれぞれ良いところあるのに長年寄り添うとなれば誰もがぶつかるであろうところも描かれていて胸が痛くなる。

娘が産まれる前までと現在の映像を何回も入れ替わりでストーリーが進んでいく。私もあの
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

-

3作目

この三部作はソナチネやBROTHERを取り入れた集大成といってもいい
良いか悪いかはわかれる内容かもしれません
____________________

役職も変化あり
【張グループ・済州
>>続きを読む

>|