Cocoナッツさんの映画レビュー・感想・評価

Cocoナッツ

Cocoナッツ

映画は解き放たれたとき海を越え時を越え皆のものになる。
しかしながら私がそれを鑑賞し抱いたあんな気持ちやこんか感情はすべてわたしのものだ。

映画(110)
ドラマ(23)
  • List view
  • Grid view

美女と野獣(2017年製作の映画)

2.9

エマが相変わらず美しかった。


見た目が綺麗なのなんて心が野獣だったらなんにもならない

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.9

記録実写の中でこれは成功ですね。
主役ふたりが抜擢というまさにシンデレラガールとシンデレラボーイ
堂々としたそして品のある所作にうっとりで 歌がずっと離れない
脇が固まってるのもよろしい

アラジン(1992年製作の映画)

3.0

オープニングの謎眼いた異国情緒な音楽聞いてるだけで異世界の扉を開けたようにわくわくしてしまうよな

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

5.0

幸せなふりなんかしたくない
周りの眼から逃れて、心の一瞬をとらえる美しいものに耳をすませてそれに寄り添おうともがいて生きていきたい
本当に寄り添えるだなんて思わない、心から理解し合えるだなんて思わない
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

4.2

友情はどんなときも一生もんですね
始終ステキな衣装に釘付けでした
50才になっても自分を楽しみ続けたいと思いましたそしてNext Fifteen!って乾杯したいですね

もっとエロかったりしっちゃかめ
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.0

重い内容なはずなのにチャーミングな台詞の数々と呑気で愉快な音楽でたのしくなってしまうね
毎日ハッピーに過ごしてると本当にハッピーになれるんだ🍀😌🍀と思わせる作品。

君は僕の夢見る女性で僕は君の夢の中
>>続きを読む

21グラム(2003年製作の映画)

3.9

お前が殺したいほど憎むあいつは誰がが必死に愛し守り抜きたいだれかなんだ
何度でも人生を死にまた何度でも人生を生きろ

pulp fiction のように場面場面が鮮明でありだんだんと後半繋がる構成で見
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

Remember meって切なくて愛に溢れた歌ですね
mama coco, papa loves you ってもう泣いてしまう
色彩豊かでリズムを刻みたくなる愉快な音楽と共に死者を想うのは素敵なこった
>>続きを読む

サンセット大通り(1950年製作の映画)

3.3

Great Expectationの老女が過去に囚われBaby Janeのような狂気に満ちた最期を迎える

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.1

マリリンの才能は天性のもので脆く儚い不幸な性格と表裏一体だったんだ
それでもわたしは彼女は幸せ者だと思う
当時もそしてこんな何十年も経っても大勢の人間たちに愛されてるんだから
それが彼女の望む姿とかけ
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

わたしもきっと名を残すことなく忘れ去られるだろう
しかしわたしもひとつだけ誰にも負けないことをもちたい
愛とか

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.8

起こった現象も眼で見たかどうかも重要でない。重要なのは、わたしが神の存在を感じたかどうか、ってこと。

誰が心悪しき者で誰が弱き正しき者かだなんて伏線的で多面的でわからないよな、だからこそ、考えろ、安
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

3.5

本当の親子かどうか、本物の月かどうかなんて重要じゃないんだなあ

モナリザ・スマイル(2003年製作の映画)

4.3

女性の幸せとは、とか、この人は、とか、レッテルを貼ると楽よな、考えなくて済むから。

でもそのレッテルに抗った者が自分の幸せを感じられるんだ

沿って生きてると、端から見たら幸せになれるさ、でもそれは
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

美しい風景と音楽とともに描かれているのは尊く儚い恋愛だけでなく深い苦悩もあったのだ。

痛みを葬るな

早く立ち直ろうと自分の心を削り取り、なにも感じまいと、感情を無視することをしたくない、とことん傷
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.0

助けてくれた唯一無二の親友おじいちゃん置いてけぼりしてどこいくねん


ところで神が人間の形してると本気で思うだなんて傲慢だな。しかも白人の男だなんて。ほお、そうかい

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.1

題名が素敵。
高校生にも中年にも人生の雨宿りって必要だものね。立ち止まる雨宿りの時でも、依存ではなく、それぞれが向き合えるように、歩けるように送り出す、ってこと、尊いな。
冴えなくなんかないもん。そう
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.3

観ず嫌いしないでよかった。最高かよ。苦しいよな、孤独だよな、
兄貴がいなくなってまた兄貴であり親友が消えて恋人が消えてジムが消える、
気張って気張って強く生きてたのに涙がつたる、、
みーーーんな孤独だ
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.3

菅田将暉も木下あかりもみんなみんな素晴らしかった!エモくてモロくて気張ってて。

もっと暴力的でグロくてエロくて大変なことになってると思ったけど、ちゃんと味わいの広がる生苦しくない作品だ。

いや、暴
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

3.0

ああ、朽ちていくなよ

なんで墜落してく事実はクソなのにこうも淡く危うくそして美しいんだろうな



詩や日記というのは自分が辛いとき、自分を見失ったとき、自分がどういった思想をもっていて自分がどんな
>>続きを読む

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.6

最高やないかいっ
昔に作られた作品なのに偏見チックなところがなく現代でも先を進むようなラブコメディ。完璧な人なんていないもんね、愛。

ところでどっこい、ダフネみたいな友だち最高だなダフネと友だちにな
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

3.9

名演なり。
いやレオナルドはただのアイドル・レオ様じゃないな。これでオスカー授けずどうする。かっこよさやセクシーサを追い求めない役のどんなに少なきことか、そしてそれを全力で演じきるイケメンの少なきこと
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.0

夢を追い続けていた。過去の夢を。

虚しいの。

君以外みんなクズだ。が沁みる。この薄情者たちよ。彼女の声は君への愛で満ちている。いや、彼女の声は金で満ちているんだ。
そしてそれはなぜ彼が偉大であるか
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

3.8

きらきら光るお空の星よ

いっぱいいっぱい人の為になることをやってきたんだね、こどもの時から。無償の愛だ。だからだの、皆に祈られそれが届いたのだ。天使は薬のことを誰にも話していないか確認していたし。
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.8

だれも予期しない人が世界を救ったりする。お前が馬鹿にしたあいつがお前を救うかもしれない、っていうものな。ほんと、胸に刻みたい。ありがとう、偉大な人

>|