朗らかなこっぺさんの映画レビュー・感想・評価

朗らかなこっぺ

朗らかなこっぺ

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

3.5

 うん。(´・ω・`)
 なんだかよくわからないけど、好きだな!
 既存ホラーとは一線を画す、ありとあらゆる恐怖がごった煮になって次から次へと差し出されて来る感じ。遊園地のアトラクションを楽しむ感覚。
>>続きを読む

シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ(2007年製作の映画)

3.6

 いい役者さん、うまい役者さんはいっぱいいるけれど、歌舞伎の良さを伝えることにこれだけひたむきに取り組んだ方はやはり勘三郎さんをおいて他にいないのではと思ってしまう。勘三郎さんの作り出す笑いと底知れぬ>>続きを読む

シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉(2015年製作の映画)

5.0

 ほんっとにすごい。最高すぎる。
 三時間があっという間に感じられる面白さ。
 いまやベテランの域にある幸四郎さん(染五郎さん)、勘九郎さん、七之助さん、の御三方が揃うことなんてもう多分ないだろうし、
>>続きを読む

高速道路家族(2022年製作の映画)

4.0

 明らかに『パラサイト』の影響を受けて作られたんだろうと思われる作品。ずっとイケメン俳優路線で来ていたチョン・イルさんがここまで自分を壊すとは、強い覚悟のようなものを感じる。『パラサイト』の衝撃的なラ>>続きを読む

なのに、千輝くんが甘すぎる。(2023年製作の映画)

3.2

設定もストーリーもありがちだけど、主演二人のビジュアルが良いので目の保養になる。

ある閉ざされた雪の山荘で(2024年製作の映画)

3.4

原作読了済み。原作が面白いので、どうやったってある程度までは面白くなる。けど、やっぱり原作のほうがいいかなあ。2時間で描き切るためとはいえ、3重構造に対しての更なる真実が端折られているのは残念だった。>>続きを読む

コンクリート・ユートピア(2021年製作の映画)

3.4

2022年に“うちだけ倒壊”を描いた『奈落のマイホーム』という韓国作品が公開されたが、まさにこれの逆版“うち以外倒壊”。
みんなで助け合おう、の精神が崩壊していくお話なので、奇しくも能登半島地震が起き
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

5.0

「こんなふうに生きていけたら」のキャッチコピーがめちゃくちゃしっくりくる作品。
海外で“禅MOVIE”と呼ばれるのも納得。
存在で見せる演技、とはこういうものか、と改めて役所広司さんの技術力の高さに感
>>続きを読む

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

5.0

2024年最初の一本!
原作が最近、伏線だらけの日常ストーリーで落ち着いているところなので、久々に大暴れする一家が見られて大満足!
それにしても母、強すぎんか。
アーニャが可愛すぎる。

ショータイム!(2022年製作の映画)

5.0

 これはいい!好き!
 気持ちがパッと明るくなる作品。
 農場とキャバレーという組み合わせ自体が新鮮なのに、耳の聞こえない手品師やテンポの合わないダンサー姉妹、自分が術にかかってしまう催眠術師、悲しい
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

3.6

 昔、第一話「鬼太郎の誕生」は読んだことがあって、ミイラ男みたいなお父さんの姿しか知らなかったのでなかなかに新鮮。お話は今回向けのオリジナルなのかな?印象としては、完全に金田一耕助シリーズの世界観。犬>>続きを読む

ナポレオン(2023年製作の映画)

3.4

 戦闘シーンの迫力が半端ではない。特にロシア遠征の悲惨さを描いた氷上のシーンは圧倒的。ナポレオンをカリスマアイコンとして表現していないところが、個人的にとても良いと思った。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.3

 1があっての2だから単純に比較できるものではないけれど、個人的には2のほうがこの世界観の核心に迫るストーリーになっていると思うので好き。ただ、噂に聞いていた通り、エルサがアスリート化しているので、「>>続きを読む

ふたりのベロニカ(1991年製作の映画)

3.5

 初キェシロフスキ作品鑑賞。これはつまり何なのだろう、とずっと思っているのだけど、なぜだかそのまま見続けてしまう不思議な引力がある。ラスト5分でどういうことなのかわかって、「え、もう一回観たい」となる>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

3.1

 『パール』が観たかったので、予習としてこちらを鑑賞。
 A24っぽいと言えばぽいのだけど、頭のよくなさそうな若者たちが次々と惨殺されていく、一昔前のスリラーものって感じ。これといって特筆すべき点はな
>>続きを読む

シチリア・サマー(2022年製作の映画)

5.0

 個人的に今年のベスト10には絶対入る作品。
 人間を描き切っている、という感じ。
 主人公の二人よりもむしろ、家族や近所の人それぞれの感情ラインを丁寧に映し出していて、一冊の小説を読んでいるかのよう
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

3.2

 各武将のキャラクターがどうもしっくりこなくて、私にはあまり合わなかった。北野監督はエンタメ要素のある内容より、『Dolls』のような台詞が少なく描写で伝えきるタイプの作品のほうが得意なのでは、と思う>>続きを読む

翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~(2023年製作の映画)

3.3

 今回は埼玉というより滋賀県メインのお話。予想を上回りはしないものの、安定の笑いを供給してくれる。とびだしとび太グッズが映画館でバカ売れしていたのも頷ける。

マディのおしごと 恋の手ほどき始めます(2023年製作の映画)

2.4

 ジェニファー・ローレンスの脱ぎ損って感じ。演技力の高い素晴らしい女優さんなのに、なぜこんな軽い企画にのってしまったんでしょう、、。

エスター ファースト・キル(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 12歳で33歳を演じたイザベル・ファーマンさんが、今度は23歳で9歳を演じているというのだから、その状況こそがまさにホラーという感じだが、なんの違和感もないのがこれまた不思議で不気味。主人公がサイコ>>続きを読む

デビル(2010年製作の映画)

3.0

 シャマラン監督原案とのことなので少々期待しすぎてしまったか。やっぱりエレベーターの中に閉じ込められるソリッド・シチュエーション・スリラーといえばヴィンチェンゾ・ナタリ監督の『ELEVATED』が最高>>続きを読む

スマイル(2022年製作の映画)

3.1

ベタな展開だけどそれなりに楽しめる。配色のせいかコマ割りのせいか、グロいシーンでなくてもたまに気持ち悪くなる。

モナ・リザ アンド ザ ブラッドムーン(2022年製作の映画)

3.0

チョン・ジョンソさん、ケイト・ハドソンさんの存在感で画を持たせているMVって感じ。

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

4.2

 ベタで何が悪い?これぞ王道のエンタメ。
 ゴジラ映画ではない。これは戦争映画。
 生きたい、生きてしまった、生きなきゃならない人々の、もう一つの戦争の物語。

正欲(2023年製作の映画)

4.2

 小説の映画化に成功している好例。国内でエンタメとして消費されるより、芸術作品として世界に多く広まってほしい。

私がやりました(2023年製作の映画)

3.3

 フランス版『CHICAGO』かと思いきや、そこはやっぱりフランソワ・オゾン監督。ひと味ふた味違うユーモラスかつ劇的な展開。
 イザベル・ユペールさんは、カトリーヌ・ドヌーヴさんと同じく「この人が出て
>>続きを読む

理想郷(2022年製作の映画)

3.4

フランスからスペインの田舎へ移住してきた老夫婦の話。コマは続くものの、実質的に第一部・第二部みたいな分かれ方をしているのが特徴的。一時間ちょっと経った頃に「あれ?これは予想と違う方向へ進んでいる」と思>>続きを読む

>|