むぅさんの映画レビュー・感想・評価

むぅ

むぅ

サスペンス多め。B級ホラーも好き。
映画館は上野とか亀有あたりに行く。

映画(59)
ドラマ(0)

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

4.0

多重人格者による殺人が刑法39条(刑事責任能力の無い者は処罰の対象外とする)の適用によって許されるか否かを問うサスペンス作品。

堤真一の演技力に脱帽する作品だった。それまで穏やかであった青年が、別人
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

クラスメイトによって娘を殺された担任の復讐劇を描く作品。松たか子の凄まじい演技力と、観客を魅入られる脚本に舌を巻く。

当時、冒頭の30分で一気にこの世界観に引き込まれた。当初は修了式後のHRでふざけ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.5

大きな音を立てれば計り知れない速さで攻撃をしてくる怪物がいる世界。そして、その怪物から逃れるために移動を続ける一家の恐怖を描くホラー。

この映画は映画館で観なくてはもったいない。本作のキャッチコピー
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.0

幼い頃に遊んでいたプーさんたちとの再会によって、日々の多忙によって失われていた心の平穏を取り戻していくストーリー。

脚本はわかりやすくシンプルだが、ディズニーなど様々な年齢層が観る映画では逆にそれが
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.5

性行為によって人の形をした「何か」に追われ続ける呪いを描いたホラー。

近年、「カメラを止めるな」などの低予算ながら爆発的なヒットを出す映画が増えている。そうした映画に共通するものとして、斬新な設定や
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

すい臓がんが発覚し、余命数カ月の夫が妻の再婚相手を探すという物語。

妻の再婚相手を見つける…なんて普通では考えられない設定である。しかし、流れるような脚本の運び方や、主要キャスト三人の演技力の高さに
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ワンカットのゾンビ映画を撮っていたクルーが本物のゾンビに襲われる前編、そして実はその前編部分は一つの作品として製作にあたっていた…というネタバレ的な後編。本作はこの二つの構成にて進展する。

鑑賞前に
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

海洋調査艇を救出する際、太古のサメであるメガロドンを呼び寄せてしまった科学者の奮闘を描く作品。

あのメガロドンが映画化されるとなれば、自分を含めたサメ映画好きの期待度は高まるものではある。しかし、そ
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

4.0

タイムリープ能力を持つ青年が20年近く前に戻り、過去に発生していた連続誘拐殺人事件の真相を追求するストーリー。

タイムリープをしても様々な理由により殺されてしまう雛月。その運命を変えるために何度も過
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.0

個人的な考えとして、時間を戻せる能力は基本的には禁忌的なものであり、物語の中で何度も使用するのはどうか…と思っている。
それはもはや各キャラクターの設定や背景を全て吹き飛ばし、主人公本位のストーリーに
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

膵臓の病気で死期を告げられているクラスで人気者の少女と内気でクラスに溶け込めない少年のラブストーリー。なんだか本多孝好の作品に出てきそうな二人。

主人公桜良は膵臓の疾患によって作中のどこかで亡くなる
>>続きを読む

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

3.5

バトルロワイアルの米国企業版。老若男女総勢80名の職員が殺し合いをする。制限時間内になったり不審な行動をすれば頭に埋め込まれたチップが爆発するというもの。

バトルロワイアルでは無人島での殺し合いだっ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.5

半魚人にも似た「異形のもの」と言葉を話せない障害を患う女性とのSFラブストーリー。

東西冷戦時の政府公認の研究機関において、南米で捕獲された半魚人が連れて来られる…そのような設定からは安易にホラー映
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

4.0

ケージダイビングをしていた姉妹が海底47メートルに檻ごと落とされるシチュエーションスリラー。

檻から出て海底を探索した後に戻り道がわからないシーンは縮み上がる。周りは全て暗い海。酸素も尽きかけている
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

動物たちの理想郷である「ズートピア」にて、ウサギの新米警察が行方不明事件に挑んで行く話。

普段あまりアニメーション映画は観ないのだが、この作品は時間の経過を感じさせないほどに完成された脚本だった。誘
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.0

子供たちが偶然宝の地図を見つけ、財宝をめぐる冒険をする話。

所謂ジュブナイル系の作品。初見だったが、こういった作品は子供の頃見た方が親近感なども相まって、より思い入れが強くなると思う。

子供たちの
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.5

富豪だが障害を持った白人紳士と休職中の黒人男性との友情物語。

身分や人種など全く違う二人だが、最高の友情は意外な形で作られる。実際の話をもとに作られており、ラストで本人たちの映像が少しだけ流れる。展
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.0

1960年代の東西冷戦の中、アメリカとソ連、それぞれの凄腕スパイが手を組み、犯罪組織と立ち向かう映画。

物語は王道だが、両スパイの性格が真逆であることから、掛け合いを楽しむ面もある。

個人的にはア
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.0

イギリス国王のジョージ6世がコンプレックスである吃音症を克服するために言語聴覚士とともに奮闘するもの。

国王と言語聴覚士の立場の違いから、最初は距離を置いていたジョージがライオネルのカウンセリングに
>>続きを読む

Every Day(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

交通事故で昏睡状態の恋人が突然元気な姿で現れ、「1週間だけ時間をもらった」と言う。それから恋人との限られた時間の中での生活が始まる。

時間の経過と遡りをフォトブックで表現する演出が好き。ラスト、彼女
>>続きを読む

チーム・バチスタの栄光(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

超難関のバチスタ手術を何度も連続して成功しているチームが、ここ数回立て続けに失敗している。その謎を解明するために心療内科の田口が院長から特命を与えられる。

一つの事件が解決をしたと思ったらその次の事
>>続きを読む

屋敷女(2007年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

夫が交通事故で亡くなり、未亡人となった妊婦の元に謎の黒ずくめの女が現れる。女はハサミなどを使って妊婦の腹部を刺したり、周囲の人間を殺めていく。
屋敷女と聞くと、望月峯太郎の漫画「座敷女」を思い出す。そ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

1995年に公開された「ジュマンジ」の続編。4人の高校生の男女がゲームの中に吸い込まれ、それぞれがアバターとなりゲーム内の世界を冒険する話。
続編だけど、設定は前作のジュマンジとは別物となっている。R
>>続きを読む

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.0

高校生の友達同士がSkypeで他愛もない会話をしていると、謎のアカウントが出現する。どうやら一年前に自殺をしたローラというクラスメイトと名乗るのだが、その正体は一体…。
物語は終始パソコン画面上で展開
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.5

時系列が結末から進行するサスペンス。10分間しか記憶がもたない主人公が周囲の人間に翻弄されていく話。ストーリーをちゃんと把握するのが難解な映画だった。
周りの人間が善人かと思いきや、実は主人公レナード
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

盲目の老人宅に多額の現金があることを知り、強盗に入った三人組の男女。しかし、盲目の老人は元軍人だったため強盗が逆に反撃される話。

設定も脚本もコンパクトに、かつ端正に収まっている。老人宅に忍び込むま
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャズピアニストを目指すセバスチャンと女優を目指すミア。二人は恋に落ちるが、夢の方向性から二人の関係は岐路に立たされる。
最後の回想シーンに見入った。後半、二人はそれぞれの道を目指すために別れ、5年後
>>続きを読む

21グラム(2003年製作の映画)

4.0

交錯する3つの物語があり、さらにそれらの時間軸をバラバラにして展開していく。

物語は①自動車事故で見知らぬ親子を轢き逃げをした男の視点②轢き逃げされた男の妻の視点③大病を患っており、轢き逃げされた男
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

完璧主義で苛烈な指導者と偉大なドラマーを目指す青年とのスポ根的作品。脚本はコンパクトにまとまっており、一気に観れた。

観た人は何度もフレッチャーに騙されたに違いない。冒頭では誠実そうな印象を見せるも
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

時空を超えたラブコメから、過去へ遡りヒロインの命を救うSFへと展開は遷移していく。

公開当時劇上で鑑賞したが、映像も音楽も至高。登場人物にも無性に愛着が湧いた。エンドロールが近づくにつれ、まだ終わっ
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.5

謎の男によってシェルター内に監禁された女性が試行錯誤を繰り返し脱出を試みるサスペンス。

謎の男はシェルターの外は空気汚染されていると言い、監禁を強要する。その言葉は監禁を正当化させるための口実に聞こ
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

1.5

ジブリ作品であり、アニメ界のアカデミー賞と言われるアニー賞を受賞した作品。

内容よりも雰囲気重視な映画と思った。言葉がないのにここまで感動した、などのレビューも散見されたが、個人的には言葉がないだけ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

ディズニーの超名作を映像化した作品。

公開時に観に行った時にはあの野獣を実写化するとどうなるか…が、すごく気になっていたが予想をはるか上回る出来映えだった。

主人公ベルが暮らす村の感じも、原作の世
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

3.0

独立記念日を前にしたとある日、突如直径24キロメートルの未知の宇宙船が世界各地に姿を現し、人類を恐怖に陥れていく話。

大統領、エンジニア、パイロット、飲んだくれ親父…エイリアンに立ち向かう男たちが全
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

ペルーの大地震で独り者になってしまった「クマ」がロンドンにてドタバタ劇を繰り広げるコメディー。

よくあるキャラクターものかと期待せず観たら、これがなかなか面白い。パディントンは紳士的なのだが、至る所
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

アガサクリスティーの名作を43年ぶりにリメイクした作品。オリエント急行に乗り込んだ名探偵ポアロの推理劇。

豪華キャストの中で最も気になったのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で主演を演じたデイジ
>>続きを読む

>|