Qさんの映画レビュー・感想・評価

Q

Q

チャイナタウン(1974年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

シド・フィールドの本読んで、ストーリーの筋とは別で水がさりげなくでもしつこく出てくるっていう映画なのかと思ったけどめっちゃ水だった。

妹だし娘でもあるって複雑すぎる。この設定面白いな。

権力に押し
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

3.8

夫婦間とか親子間の人間模様を描くとき、ひとつじゃなくていくつも出して群像劇にした方が網目が細かくなって色んなものを拾えるんだな。
家庭は一つ一つ違うから、そうした方が説得力出る。

日本が作る家族ドラ
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

3.8

出会いと別れと死の映画。
旅芸人、いいな。

映像と音合ってないとこ所々あってモノローグなのか喋ってんのかすぐわかんなかった。

女が心を病んでからのシーンで、日陰にいたのにアップになって台詞言う瞬間
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

睡眠薬の自殺未遂だと、助けるために起こそうとするのがこっちの世界へ呼び止めようとしてる感じになっていいな。
実際に睡眠薬で自殺未遂した人に叩いたりコーヒー飲ませたり歩かせたりしていいのかな。あの方法で
>>続きを読む

ガス燈(1944年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

マインドコントロールめちゃうま。
グレゴリーの計画と偶然が重なって現実が幻想になって消えていくと思わせられるとこよかった。

最後、ポーラが階段上ってくとこ「サンセット大通り」みたい。
「サンセット大
>>続きを読む

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

刑務所とか死刑囚が出てくる話かと思ってたら全然違った。
あのエレベーターでの出来事が人を死刑に追いやるから「死刑台のエレベーター」てタイトルにするのかっこよすぎ。

事件後、主人公が子供に顔をさされた
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ユラがカズマへの手紙を書くシーンで察した。この映画の作者が、映画を手紙代わりにして特定の誰かに何かを伝えようとしてるんだ と思った。
「この映画を若くして亡くなった友に捧ぐ」という文を最後に出さなくて
>>続きを読む

カフカ 田舎医者(2007年製作の映画)

4.0

世界観めっちゃいい。

声当ててるの声優さんじゃなくて、狂言師だったのか。しかも人間国宝だったのか。主役が狂言師の人間国宝の方で、その一家の人たちも声優で出てるのすごい。

こういう、アニメにしかでき
>>続きを読む

明日の食卓(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

「石橋ユウ」を取り巻く、三者三様の家庭環境の話。
それぞれの家庭を経済的な豊かさで分けていてよかった。
子供の名前を共通して「石橋ユウ」にすることで、別々の名前の三人の子供を出すよりも、性格は先天的に
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃグロい。グロすぎて笑う

典型的なDV男の相場が、どうしてそうなったのかをちゃんと描いていてよかった

いじめられ、泥だらけになって帰ってきた野崎を見て妹が泣き、「泣かないで」と言って野崎が妹
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

お母さんが全裸になって泣きはじめ、綾野剛も泣いて(泣くふり)全裸になり、黒木華が酒を一気飲みするのカオスでよかった

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

町が変わり、人が変わる、時の流れは止められない っていう「鉄コン筋クリート」の予告の言葉思い出した。
あのアニメであまり描かれてなかったヤクザ側の事情を詳細に知れてよかった。

オープニングのクレジッ
>>続きを読む

ヒズ・ガール・フライデー(1940年製作の映画)

3.9

一方が話してるのに重ねてもう一方が話し出したり、動いたりするから展開が早いし、役者早口だし、現代人も好きそうな映画だと思った。

3人くらいがそれぞれ主張して大声出して喋ってるとこめちゃくちゃでよかっ
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.5

前半、人物の膝下を移さないカット多すぎて不自然で違和感あって気持ち悪かった。
地に足が着いてない、不安定なことを伝えるためにあの構図になってるんだろうけど、別の方法思い浮かばなかったんかと思う。

>>続きを読む

自虐の詩(2007年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

本当によかった。

嫌われ松子の一生と、SPEC、TRICKが重なる。
嫌われ松子の一生に関しては、中谷美紀が幸薄い主役でぶっ飛んだストーリーの映画に出演してるだけでそう見えてしまう。
SPEC、TR
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.3

キャスティングすげー このキャスティングでこの映画撮るのすげー という気持ちが一番強い。

今際の国のアリス見て村上虹郎めっちゃ柳楽優弥に似てると思ったから兄弟役やっててちょっと嬉しい。この村上虹郎さ
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.6

こういう言い方はよくないだろうけど、君の名は。湯浅verみたいだった。
あと、ルーはポニョそっくり。

千鳥のノブは声わかりやすかったけど、大悟わからなかった。

人間が憎いな〜。

音楽の力を表現す
>>続きを読む

クロース(2019年製作の映画)

3.3

争いが解決して平和が訪れるってよくある展開だけど、見てて幸せになれる。

争いの伝統を子供たちに教え込んで「これからも争っていくことが我が民族の誇りだ」と洗脳する国、実際にあるだろうから悲しくなった。

メメント(2000年製作の映画)

3.7

断片的に、少しずつ時間を巻き戻し、主人公のイメージの映像をバンバン挟んできて最終的に出来上がった映画を脳の錯乱みたいにする構成めっちゃすき。

記憶の曖昧さをテーマにしてるのもめっちゃ好み。

この時
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃ笑った。
前歯ないと真面目なこと喋ってても間抜けな感じになるし、ごはん口いっぱい入ったままもごもごしてごはん飛ばしながら口論したり、蒼井優と池松壮亮がありえないくらい感情爆発させてぶつかっ
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.6

額に開けた穴を覗く瞳が第三の目のように見させる演出いいな。原作でもそうだったっけ? 言葉じゃなく、見て一発でわからせる画を出してくるのよい。

ホムンクルス=心の歪み=トラウマ
っていう作者の思想好き
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

3.9

エンドロールの企画に是枝裕和の名前があって、納得した。そんな感じの映画。

兄弟で奪い奪われる関係になってしまうことってあるよな。

タイトルが「ゆれる」で、揺れる感情と揺れる関係を描き、モチーフとし
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.6

「最高に狂ってる」って台詞あるけど、この映画が最高に狂ってる。

オダギリジョーとの殺し合いのシーンでもう終わりかなと思ったけど、残り30分くらいあってびっくり。

人物たち、いい感じに自分のしたこと
>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

3.5

ラストシーンよかった。
ライバルだった人と再会して、照れくさそうに向き合い、かつてピリついていた原因の将棋が二人を繋ぐものとして在る。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.0

死んだ瞬間、生きている時のある地点に戻るループ、やりたかった〜。

「被害者の名前を叫ぼう!」
最後の被害者の名前の羅列、めっちゃよい。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.4

主人公とヴェノムの関係が意識と無意識に見えておもろかった。

めっちゃエンタメ、たのしい。
でも、それだけ。

許された子どもたち(2019年製作の映画)

4.1

音楽がすごく好き。
有名な役者さんがあまり出てないのもあって、現実を切り取ってるみたい。

こういうドキュメンタリみたいな映画の主演の男の子、似たような顔立ちしてるな。「誰も知らない」の柳楽優弥とか、
>>続きを読む

ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん(2015年製作の映画)

4.0

北極点を目指し、極限状態に陥り、人間の本性が現れてくるお話。心理学の例えを例えじゃなく実際にやっている感じ。

日記を残して死んでしまった人の日々と心情を伝える手法いいな。

映像、とてもきれいでした
>>続きを読む

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

4.0

三者三様のアニメ表現。

個人的に透明人間が一番好き。絵のタッチが好みだった。台詞が少ないのも好み。

食物アレルギーの話、発作のシーンでメイアビを連想してしまった。

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

3.6

めちゃめちゃ面白いし音楽もよかった。

普通の街を作る人が狂人なの面白い。
爆破王になりたいってのも面白い。
刺激が欲しすぎて弟殺そうとするのも面白い。

楽しい映画。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.4

告白しようとして声裏返るの面白かった。

神話的なストーリーで、普通な感じ。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.5

生まれつきの殺人鬼ってこういうことか。
人の人生とか命の重みとか殺人のリスクより、盗みの邪魔だから消す、という心理が強く働いているんだな。主人公視点でバイオハザード的に殺していくところを描いてて、理解
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

2.9

私にはちょっと、題材が薄かった。

大学生活なつかしくなった。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.8

お母さんの一人二役、偽物の手紙、人を守る嘘、人を傷つける嘘、首吊り。

ネイサンの件、よかったー。

「ユダヤ人は醜いものが好き」という差別の言葉が差別じゃない意味合いを持っていて面白かったな。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.3

麦くんの台詞に傷ついた。「いつまで学生気分でいるの?」とか、つらかった。サブカル学生感が見てて痛かった。自分たちもこう見えてんのかなって思った。

麦くんは絵描きになりたいって夢がありながらも就職でき
>>続きを読む