ry0さんの映画レビュー・感想・評価

ry0

ry0

2014年からフィルマークスをやってます。最初は備忘録として始めましたが、周りのレビューを見るのもなかなか楽しいもので、続けています。
フォローしていただけるのはありがたいですが、始めたばかりでフォロー数を雑多に増やしてる人とは価値観を共有したくないので敬遠します。

映画(1210)
ドラマ(249)

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

3.3

サミュエルコーチがバスケチームを変えていく話。私にとっては実際よくある話って感じで新鮮味は無いんだけど、評価高いのもわかる。

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.8

実在するマーガレットさん曰く、実在するウォルターは映画と全く同じ姿、声、行動だったらしい。
妻に1日16時間も絵を描かせて、かたや本当は描けない嘘つき男が、セレブたちと派手に豪遊してたら、まぁ誰でも腹
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.4

菅田将暉と桐谷健太だからなんとかなった感はある。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

イチが、あえて君と呼んでる、昔からの両想いオチじゃなかったんかー。
エレベーターまで彼氏と思しき男を連れてきたから、イチは嫉み、さらに自然さを繕うために名前を知ってるけど知らない素ぶりをしてたっていう
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

3.4

現代社会とその生活に疲れてしまった人達を眺める映画なのか?
気づけばダラダラしながら見終わってしまった。この映画は暇だけど何もしたくない時に見るのがおすすめである。
今、自分がどんな環境や暮らしを求め
>>続きを読む

ハミングバード(2013年製作の映画)

4.1

良かった。

ステイサムらしくないって、どれだけ彼の作品を見て言ってるんだろう。

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

3.8

余命1週間といきなり言われて普通に過ごせる家族なんかいない、悲哀に満ちてるけど感動的な映画でした。

ミスター・ロンリー(2007年製作の映画)

3.6

見てわかって、と言わんばかり。そんな演出が好きな人にはたまらない映画かな。
加えて、普段意識することのない感情に溢れているので、評価が難しい。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.3

ファンタジーでありながら、やっぱり東野さんらしいストーリーで、回収もよくできてるんだけど、たぶん演出と一部のキャストがいまいちだったのもあり、期待してたほどの感動はできなかった。というのが正直な感想。>>続きを読む

スウィッチ/素敵な彼女?(1991年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、女癖の悪いサイテーな男は、恨み妬みを買い殺される。死後、天国か地獄かを決めるのに、天の人からある試練を課される。心そのままに美女に転生して、自分を心から愛してくれる女性が見つかれば、天国行き、見>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

パルムドールおめでとう。日本の映画が受賞ってだけでいいですね。
どうでもいいけど、パルム・ドールってバロンドールと似てるなー、、あ、ドールって同じ意味か、とか思いながら調べてみたら、やっぱりフランス語
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.8

まぁ泣ける。キャスト陣の名演もあって、涙なしには見られない。
ビートルズも大好きだからたまらない。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.4

思ったら言う。好きくない。
言うことをためらいたくなんかない。
ためらうことなんて知らない。
好きくないから。
私、あの人あんま好きじゃない。
私、これ好きじゃない。
言わずにはいられない。
全ての人
>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

3.0

んー、なんていうか自分が後ろめたい事をしてる時に、世間ではとんでもないことが起きていたり、ということは誰にでもあるんじゃないかな。大地震の時に何してたか?私は呑気に麻雀やってたけど、それは皆で楽しむた>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.9

この世では生まれてないことになってたとして、育児放棄されてしまったら、最悪誰かに助けてもらえばいい。施設に行って何とかなるだろう。でも世の中にバレてはいけないように躾けられていたらどうだろうか。なかな>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.9

夢を叶えてくれるキャラって、ドラゴンボールの神龍しかり、大抵おごそかなイメージが強いけど、ジーニーは全然違ってて、それが魅力的なんだよね。もしジーニーが淡白だったら普通のいい話で終わるんだろうけど、あ>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

3.5

人間なんて空気入れみたいなものかもしれないね。自分の空気を他者に与えられる人もいれば、与えようとして入らない人もいる。お互いに満たされる場合もあれば、お互い抜かれてしまうこともある。
初っ端から、ダッ
>>続きを読む

ボルケーノ(1997年製作の映画)

3.4

ターミネーター2の最後のシーンが蘇る
トミーリージョーンズは局長役でいいんだけど、その娘がもたついてて、何してんだこいつってなる映画

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.9

何もかも手際がよくてまいる
ただ、最後のクレインとの戦いはいまいちというか遊びが過ぎる、それまでの戦闘のクオリティを上回ってほしかった。

ホワイトアウト(2009年製作の映画)

3.3

猛吹雪っていう感じじゃ次元が違くて、
上から下への重力がそのまま横にかかってる映像がなかなか凄い。綱を放したら崖から落ちてくようにそのまま彼方へ。

んー、内容はサスペンスでした。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.8

昔の美女と野獣の映画と比べても、これがいいかなー、求めてるものを見せてくれたって感じ。

バンコック・デンジャラス(2008年製作の映画)

2.1

殺し屋としての約束ごとを凄く宣った割に、結構自由になんでもありで進んでしまう。口だけ男の口だけ映画。最後の終わり方もひどい。何を見させられてたんだろか、ニコラスケイジ割と好きなんだけどストーリーひど過>>続きを読む

カノン(2016年製作の映画)

3.9

最後の画が綺麗に完成されていく映画。悪く言えば、分かりやすく感動させてくれる映画。回想も多い。
カノンに弱い私は向日葵畑のシーンで情が移り、耄碌した母と病院で出会い、病室で流れるカノンのオルゴールに思
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.7

恐ろしい展開になっていく様をもっと描いてほしかった。静かに終わった感じが否めない。好きなテーマだったし、キャストも豪華だし、んー、内容も悪くない。んー。

監視者たち(2013年製作の映画)

3.5

緊迫感があってよかった。敵が冷徹で強く、展開の仕方が最後に勝つか負けるか読めそうで読めない。

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.4

バーで盗む段取りが凄い。スリも天才的に上手いと芸術の域だね。もっとそういうシーンを見たかった。というか見せるべき映画だった。

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

4.2

目には目を、刑法39条には刑法39条を。
人間心理、精神は奥深い。なかなか思慮深くなって魅入ってしまった。本を読んでみたくなった。
39条はなくていい。精神的な問題で罪に差をつけることは、やはりよくな
>>続きを読む

ロボット(2010年製作の映画)

1.1

もっとよく調べた方がいい。素数に最大の数なんてないんだよ。素数が無限にあることなんて簡単に証明できるんだから。
インド映画だからそういう所こそ抜け目ないと思っていたが残念極まりない。間違ったことを伝え
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.3

ヒッピーの生き様を描いたなんとも自由な情景を見せつけられるのだが、驚くことにというか残念なことに最後の最後までヒッピーの儚さというか脆さが描かれて終わる。まぁ常人では作れない映画かな。そして多分飽きて>>続きを読む

>|