リョウさんの映画レビュー・感想・評価

リョウ

リョウ

  • List view
  • Grid view

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

2.4

個人的には世界で1番官能的な(エロい?)女優はエヴァグリーンだと思ってる。スクリーン越しにも大人の色香がプンプン臭ってくる危険な女性だ。こんな色気ムンムンな人が詐欺師だったら私は無限に搾取され続けるだ>>続きを読む

ドリームランド(2019年製作の映画)

1.4

以前ディカプリオが言っていたがマーゴットロビーは古い映画を全然観てないらしい。だからか、映画選びのセンス無さすぎだろ!!何だこのつまらなさは!?
冒頭ある少女のナレーターで幕を開ける本作。誰だユージー
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

2.5

単なるクライムアクションなのに何故か急激に眠くなる作品。あんなに激しいガンアクションの中、何故か2.3回寝落ちした。。。
マンハッタンを孤立させる規模なのだからものすごい犯罪が行われているのかと思いき
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

1.4

「燃ゆる女の肖像」でもそうだったのだが女性同士の恋愛映画には黙認されたルールでもあるのか?
何故誰もしゃべらない!?ここは「クワイエットプレイス」の世界か、と疑いたくなるくらい会話が少ない。おまけに音
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.0

タイムループ映画ってこれまでも何本もあったけどここまでゆる~いタイムループものは中々ないだろう。
そこにはクリアしなければいけないミッションも口説き落とさなければいけない女性もいない。
しかしこの映画
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

2.0

どうしようもないカスDV夫から逃げ出し愛する娘達を守る為に戦うサンドラのお話。
まさか母親が娘に教えたシークレットコードがあの名前とは驚いた。アナ雪の話ばかり出てきてたけど実は母親はあっちの映画の方が
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

1.7

元々バイオが全然好きじゃないので(三銃士も)全く期待していなかったのだが思った通り全く楽しめなかった。まあでもつまらなくはなかったから良しとするか。
唯一のサプライズはT.Iが出演していてけっこう頑張
>>続きを読む

テスラ エジソンが恐れた天才(2020年製作の映画)

1.8

「エジソンゲーム」でも必死に直流か交流かについて語っていたが今回もまたもめるんかい!
理科嫌いな私としてはどーでも良すぎた。
あまりにも話に興味がなかったからか、私の脳ミソでは理解が追い付かなかったか
>>続きを読む

旅立つ息子へ(2020年製作の映画)

1.8

テーマが自閉症の息子と父親なのだからかなり繊細な映画になってしまうのは仕方がない。危なっかしい息子をいつまでも手放さず見守る父親の気持ちはもちろんわかる。ただいずれ父親は去り息子は独りで生きていく術を>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

見終わってジーンと来る。別に感動したわけでもない。だがフランシスマクドーマンド演じる女性の生き方、表情が心に響いた。
友と居る時は笑いあうし時々怒りをぶちまけたりもする。でも彼女は決して本音を見せない
>>続きを読む

クイーンズ・オブ・フィールド(2019年製作の映画)

2.8

普通に面白かった。
夫達からバカにされながらも本気でサッカーを練習する主婦達の姿がカッコ良くて応援したくなる!
それに比べ妨害することしか頭にない夫達のグズっぷりが本当にヒドイ。
そんなチームを救った
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

1.3

エンドロールが始まって初めて知った。これ、ブラピがプロデューサーなのか。ということはまた全力でアカデミー賞狙いにくるんだろうな~。
そして予告編を観た時から思ってたけどあのシーン見せて良かったのかな~
>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.0

「ミナリ」よりもクロエちゃん観たさで初日はトムジェリに決めた。そしてその選択は正しかったようだ。
はっきり言ってストーリーなどは全くない!完全にアニメーションなので動物が可愛いとかも特にない。終始トム
>>続きを読む

ワン・モア・ライフ(2019年製作の映画)

1.3

なんっっっっってくだらない映画だろう。最初から最後までホントくだらなくて呆れ果てた。
まず主人公が生き返った理由がどうしようもなくくだらない!
どんなに健康に良い生活習慣してたって赤信号渡って車に跳ね
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

1.1

予告編から「きっと人を不快にする映画なんだろーなー」と思っていたけどそのネタバレを知りたくて観に行ってしまった。。。
自分の想像を遥かに上回る不快感。そして終わってみて気付く事実。イモージェンプーツと
>>続きを読む

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実(2019年製作の映画)

2.9

なんという素晴らしい映画なのだろう。私は忘れない、ウィリアムHピッツェンバーガーという偉大な兵士とその彼の功績を称え続けた仲間たちを。。。
残念なことに戦争映画が大の苦手な私は途中4、50分ほど完全に
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.3

こ、これはまさに「インフィニティーウォー」の指パッチン事件の後を描いた「アベンジャーズ/エンド・ゲーム」ではないか!!
もしかしたら今の分断されてしまった世界の為にわざわざディズニーが作ったのではない
>>続きを読む

キンキーブーツ(2018年製作の映画)

2.0

昔のキンキーブーツも見ているはずだが主人公がジョエル・エドガートンということしか覚えてなかった。
あまり期待していなかったのでチケットが3,000円もすることに躊躇した。何故だ?別に特別な催しがあるわ
>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

1.3

アル・カポネ
様々な映画や音楽でも取り上げられる「超」がつく大物ギャングだ。
その男の知られざる晩年を見られるということで楽しみにしていたのだが。。。
誰もが恐れた大物マフィアの姿はそこにはなかった。
>>続きを読む

ステージ・マザー(2020年製作の映画)

2.5

それなりに楽しめるけど物事がトントン拍子に上手く行きすぎるので観ていてあまり心に残るものはなかった。
聖歌隊の指揮者をしているだけのお婆ちゃんがある日いきなりゲイバーのオーナーになる決心をするシーンも
>>続きを読む

ミアとホワイトライオン 奇跡の1300⽇(2018年製作の映画)

3.5

こんな最強の映画が出来てしまっていいのだろうか!
何とCG無しで3年もの歳月をかけて撮影されたのだと。
幸運にも我々はライオンさんが赤ちゃんの時から育っていく姿を目撃できるのである。哺乳瓶でミルクを飲
>>続きを読む

ベイビーティース(2019年製作の映画)

1.9

不治の病におかされた少女の初恋物語。何年か前の「きっと星のせいじゃない」や「永遠の僕たち」のような名作と違う点は何か。
恋する男がイケメンであったりナイスガイであったりもしくは心に闇を抱えていたりする
>>続きを読む

愛と闇の物語(2015年製作の映画)

2.0

前回のナタリーポートマン監督作品がつまらなかったので期待はしていなかった。
今回イスラエル建国の話ということだけど主人公の子供の頃の目線で描かれている為へんに説教じみたりしてないし歴史を複雑に紐解くわ
>>続きを読む

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

1.6

異国の地フィンランドで謎の中国人シェフが届ける感動と再生の物語。
それだけ。
始まって10分程でいきなり眠らせてしまった(汗)
すぐに目覚めたのだがその頃もう一度寝てしまわなかったのが不思議な程だ。
>>続きを読む

私は確信する(2018年製作の映画)

1.6

法廷劇は好きなはずなのにおかしいかな、眠りが止まらない!
一応実話を基にしているのだが1審で無罪になってから検察側が追訴して2審が行われたのが何と10年後。
イチ料理人である女性ノラが250時間の通話
>>続きを読む

秘密への招待状(2019年製作の映画)

2.3

ジュリアン・ムーアとミシェルウィリアムズ主演となれば観に行かない理由はどこにもない!
が、予告編以上のものは得られなかったのが残念だった。
決して悪い映画ではないのだがこれだけの材料を集めたのだからも
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

2.0

多分良い映画なんだろ~な~。
でもロマンチスト度数が低い私にはよく理解できなかった。。。
物語色々とはしょりすぎでないかい?そこまでの行間を読み取る能力は私には備わっていなかった。
人魚を見ても何も疑
>>続きを読む

ディエゴ・マラドーナ 二つの顔(2019年製作の映画)

2.0

マラドーナ、そう言えば彼のプレーしている姿を見た記憶がないなー。それもそのはず、彼の絶頂期私はまだ数える程の歳でしかなかったのだから。
だからこの映画を観ていかに世界が彼を救世主としてそして神として崇
>>続きを読む

ダニエル(2019年製作の映画)

1.1

見る前から嫌な予感がしていたが見事に的中してしまった。
というかただの質の悪いB級ホラー映画以外の何物でもなかった。シュワちゃんは1度息子と出演作について相談にのった方がいいぞ。
さて二重人格の映画と
>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

1.0

つ、つまらなすぎる。いったいどこにこの映画の楽しさを見出だせばいいのか全く理解できなかった。何故自分よ、寝なかったのだ??
そもそもこの監督知らね~と思って調べたら過去「セブンデイインハバナ」という映
>>続きを読む

どん底作家の人生に幸あれ!(2019年製作の映画)

1.9

この映画きっと好き嫌い別れそう。
好きな人にとっては息もつかせない目まぐるしい展開にドーパミン出まくりだろう。
一方私の様に嫌いな人にとっては監督も出演者も酒かドラッグやりながら撮影したんじゃないかと
>>続きを読む

天空の結婚式(2018年製作の映画)

-

これ、どんな映画か知らない人が観たら冒頭の主人公の究極のノロケ台詞にメロメロになっちゃうんだろうな。主人公やけにイケメンだし。
しかし予告編を観ている私達は知っている。この主人公が恋をしている相手はム
>>続きを読む

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族(2021年製作の映画)

3.4

北海道とミャンマーを舞台にネコ達が奏でる家族の物語。
北海道では2つの牛舎で暮らす大家族の姿をそれぞれの四季にあわせて映し出す。
大家族で一緒に箱の中で眠るネコ達や牛に甘えるネコ達、大好きな牛乳をペロ
>>続きを読む

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

2.0

主人公は前科者の為神学校に通えない。
少年院を出ることが決まったダニエルは少年院の神父につぶやく。「僕も神学校に通えたら。。。」
そんなに神父に憧れる主人公かと思いきやその1分後、酒、ドラッグ、セッ●
>>続きを読む

パリの調香師 しあわせの香りを探して(2019年製作の映画)

3.0

いい映画だったと見終わって初めて気付いた。それもそのはず、メッチャ地味!
あらすじ話せと言われても何を話せばいいのかわからない。
冒頭小銭がないからといって自販機を揺らし始める主人公を観てヤバいオーラ
>>続きを読む

キング・オブ・シーヴズ(2018年製作の映画)

1.6

数年前の同じくマイケルケインによる「ジーサンズ」の様なじい様達による滑稽な強盗コメディを期待していたが実話ということもあってか全然トーンの違う映画だった。
それでも平日にあれだけシャンテにお客さんが入
>>続きを読む

>|