ryo1さんの映画レビュー・感想・評価

ryo1

ryo1

映画(1038)
ドラマ(24)

アニー・イン・ザ・ターミナル(2018年製作の映画)

-

マーゴット・ロビー7変化!
(実際は4変化くらい)
24時間dinerのウェイトレス。
コールガール。
ポールダンサー?
ナース。
あと、なんかあったかなー?

マーゴットさんは真紅のコートが似合うな
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.9

あー、面白かった!

これはホラー映画なんですよね?

山にキャンプに来た大学生達と山にボロいが念願の別荘を手に入れて休暇を楽しもうとしてた男2人の間で誤解が誤解を呼んで、勘違いで、
ヒトが死に、さら
>>続きを読む

RE:BORN(2015年製作の映画)

3.7

ストーリーは一旦置いておくとして。

アクションの見応えが、かなり良いですね!

いつか観ようとプライムで落としてはいたのだけどYouTubeの、たくチャンネルでウェイブを認知したゆえ鑑賞に踏み切りま
>>続きを読む

さびしんぼう(1985年製作の映画)

3.9

唯一、観て無い尾道3部作。

結果、3部作で1番好きであります。

富田靖子カワイイなー。
尾道、坂多いなー。
英語の先生スカート飛ぶなー。
飛ぶ回数は想定外。
隠す所ソコじゃないでしょ。
マチコ先生
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.9

やっと観ました。

ブレイク・ライブリーさん、美人さんだね!
初めましては、ロストバケーションでした。
サメ映画だとは知らずに観たけど、結果、わりと好きな映画になってます。

さて、今回ですが。あらす
>>続きを読む

シャーク・ショック(2017年製作の映画)

-

サメの可能性は、どれ程のモノかと。

手を出して見ましたが、シャークネードシリーズを一つも見切っていないサメ界のパダワンが手を出すには、まだ早かったようです。

空飛んだりゴーストだったりある位だから
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.9

普段当たり前のように映画を観ていたけど、静止画像ひとつだけでも、膨大な情報量を視覚で認知していて、それを視覚出来ない人達に言語によって伝える。
なんて難しい事なんでしょうか。
視覚障害者向けの音声ガイ
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

3.9

ベールさん、すげーなー。
役の為に29kg減量だって。
次の年には、ビギンズだって。
普通にモテる大金持ちだったじゃーん!

さて、内容。
これは、犯した罪から逃げた事への贖罪と言う事でしょうか。
>>続きを読む

三国志 完結編 遙なる大地(1994年製作の映画)

3.4

はい、完結編!

赤壁の戦い以降は、ほぼ知らないという事を思い知らされましたよ。

いやいや、どんどん死んで逝く。

推し武将の趙雲子龍なんか、

あれから6年。

とか言ってる間に、サラーっと死亡情
>>続きを読む

三国志 第二部 長江燃ゆ!(1993年製作の映画)

3.8

さて第二部!
諸葛孔明とマイ推し武将の趙雲子龍も加わり盛り上がってきましたよ!

趙雲子龍が単騎で劉備玄徳の赤ちゃんを救うシーン!
シビれるねー!

せっかく連れてきた赤ちゃんを劉備玄徳が地べたに放り
>>続きを読む

三国志 第一部 英雄たちの夜明け(1992年製作の映画)

3.8

こちらの作品、初めましてでして。
92年の作品。
まったく知らなかったです。

劉備玄徳の声は、あおい輝彦さん。
そうです、矢吹丈です。
あと、アオヌマシズマか。
今にも、
あーらよっと!
と言いそう
>>続きを読む

残酷で異常(2014年製作の映画)

3.5

いわゆるループものと言いましょうか。

ただ、異質なのは死んだ後からのループと言う感じかな。

過去の事例を永遠と体感させられて反省させられる。
賽の河原で石を積んでは崩されるみたいな。

この懺悔の
>>続きを読む

銀河英雄伝説外伝/黄金の翼(1992年製作の映画)

-

声とかキャラとか作画とか、かんか全然違うんですけど。

とっても退屈な時間だった。

アンネローゼの声は、素人さんがやりましたか?

他の2作は、とっても良かったのに、今のところ、シリーズ1残念でした
>>続きを読む

とっくんでカンペキ(2012年製作の映画)

3.9

なんか、ほっこり! 

1分間タイムマシンの監督の作品を鑑賞。


たった3分間のショートムービーで幸福感とか得られるのは、ありがたいです!

一分間タイムマシン(2014年製作の映画)

3.9

たった6分間のショートムービー。

たった6分間だけど、とっても良かったです。

なんか、何度でも観れそう!


もー1回観よーと!

銀河英雄伝説外伝/新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア)(1993年製作の映画)

4.0

本伝の最初のアスターテ会戦の話しのリメイク。
でも良くあるTV版の切り貼り作品。
では無い!

こちらは全部作り直してるんでしょうか?
映像はキレイだし、構成も良いです。
最初の話しを見ていると、より
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.9

原作未読です。

沙希ちゃんがイイ娘過ぎて!イイ娘過ぎて!
からのエセ関西弁!
最高です!
ますます松岡茉優ちゃんのカブが上がってしまいましたよ!

からの、
ナガくんのクズくんぶりが、ひときわ引き立
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.5

『決して1人では見ないで下さい』

ちびっ子の頃のCMでのキャッチコピー。
少なからずトラウマになってたのか、無意識のうちに避けてきていたようで。

リメイク版と言う事で、観てみました。

なんだか良
>>続きを読む

黒帯 KURO-OBI(2006年製作の映画)

-

本物の空手家さん達の動きと言ったらもーね!
ちょっとした動きがもータダ物では無いのですよ!
中達也さんは、この後に武田梨奈ちゃんと共演していき、紅空手を伝授していく訳ですね。

肝心のストーリーなんで
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.5

予告を観た時はさー。

12人のはずが、

13人いる!

どうせ死にたいならお望み通り殺してやるよ。的な犯人が居て犯行が進みつつ、犯人を見つけるサスペンス映画。
で、生き残った人達は、これを機に前向
>>続きを読む

銀河英雄伝説外伝/わが征くは星の大海(1988年製作の映画)

4.1

旧作シーズン1の後に観てしまいました。

それだけにキルヒアイスの立ち位置の重要性を改めて噛み締めましたよ。

そして今回でヤンとラインハルトはお互いを認知するんですねー。

1988年かー。
オレ1
>>続きを読む

国産洋画劇場「船と氷山」(2018年製作の映画)

4.0

ロバート秋山、土村雀、ジャック・ドーソン。
友近、薔薇子。

豪華客船の浜松町から新大陸千葉までに起こる海難事故。

異常気象時には東京湾にも氷山が現れるから気をつけましょう。

あーもー、このシリー
>>続きを読む

国産洋画劇場「六城」(2018年製作の映画)

4.0

板橋の種馬!六城!

ロバート秋山のスタローン寄せが、タマランです!

友近の遠藤!

ボクシングは相撲に、うまく置き換えられるよーで。
ただし、減量でなく増量ですがね。

トレーニングもタマランです
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

原作読んでて最初のアニメでムダなデジタル感でガッカリして、数々の漫画実写化にココロ折れてたんですよ。

なんで、ハードル低めで観てみたんですが、

なんと!良かったじゃないか!

王騎の大沢さん、カラ
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

ちょうど、ウォーキングデッドに手を出してまして。
そんな最中に観たこの映画は、とってもほのぼのと観れました。
途中なんだかニヤニヤしちゃいました。

コロナ渦での映画館復活1本目としては良いスタートだ
>>続きを読む

美女と液体人間(1958年製作の映画)

3.6

これはジャンルとしては怪奇映画に、あてはまるんでしょうか。
なんともアナログ感な特撮がねー、アジがあるねー!
逆に、どーやって撮影してるのかとか想像しながら観てました。

いろんな特撮は円谷さん。
>>続きを読む

ラザロ・エフェクト(2015年製作の映画)

-

予告で面白そーに思えたオカルト的な素材だったので、期待しちゃった!

結果、いったいなんだったんだ。

でした。

もっと面白く出来たんじゃないんですか?

残念です。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.4

身元不明なキズ1つない美人さんの死体。
これが、まー美しい!

検死官が解剖して行くうちに謎が紐解かれて行く。

のかと、思いきや。
ですよ。
謎の死体と検死官との対話からのスッキリ謎解きサスペンス。
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.9

はい2U!

無事2日目に至り、主人公が変わっての展開かー?

と、思いきや!

前日のループの理由が判明!
おまえ!なんて事してくれたんじゃ!

と、思いきや!

目覚めたら誕生日の朝。
おまえ!ホ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.9

気になってた映画がやっと観れた。
誕生日に必ず死んで、その日の朝に目覚めるタイムループ作品。
主人公のツリーさんが美人さん!
だが、クソビッチ!

でもね、
死ぬたびに成長してたくましくなり、だんだん
>>続きを読む

デヴィッド・リンチ:アートライフ(2016年製作の映画)

-

謎は深まるばかりだが、なんだかクセになる。

アートな人だとは、知りませんでしたが、1度じっくり観てみたいです。

きっと考えちゃダメなんだろーなー。
感じるんだろーなー。

感じられるかなー。

毛皮のヴィーナス(2013年製作の映画)

3.7

オーディションに遅れて来た見た目エロい女優さん。
なんだかんだでオーディションしてもらえるようになり始まった途端、舞台の空気やらなんやらがエロくなった!

なんか、カチッとスイッチが入った感じ。

>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.7

わたくし、千葉県出身です。

もう東京に住んでる方が長いですが、あえて言おう!

海の音を聴け!

まー、それ程、千葉在住時には海行ってないんですけどね。
海あるし、いつでも行けるから行かなかったのか
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.6

なんだか気持ちの整理がつかなくてねー。

この映画は、どー受け止めれば良いんでしょうか。

途中、開いた口が塞がらなくなってる時間があり、1回思わず声出てしまった。

最初は、なかなかスウェーデンに行
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

全編ワンカットとか聞いていたもんで。
完成させるまで、いったい何テイクかかったんだろうか?とか思いつつ、映像が切れないので、なんだか常に集中させられて魅入ってしまいました。

カメラを止めるな。より、
>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

3.6

タルカスとブラフォードは?
調べたら架空のキャラだとか。
実在してたと思ってました。

ジョジョ第一部でディオに吸血鬼化された下僕の説明時にメアリー王女の話しに触れていたので、記憶にはありました。
>>続きを読む

>|