さきこさんの映画レビュー・感想・評価

さきこ

さきこ

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.6

サブカル女ってこうゆうの好きなんでしょ??感が垣間見えてしまって...と言いつつ太賀くんが歌うシーンはまんまと見惚れました。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

5.0

冒頭から蒼井優が天才、そして阿部サダヲが半端じゃない

陣治の愛が気持ち悪くて狂気じみてるけど真っ直ぐでここまでの愛を初めてみた

蒼井優のまつげが素晴らしい。尊い。

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.0

どんな時代でも、映画だけじゃなくてエンタメは自粛しない世の中であってほしい

刺さるセリフが所々ある

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

虐げられてきた黒人女性が努力と能力で地位を確立する様子はすごくかっこいいけど、実際にこんな差別があったこと自体が悲しい

途中の音楽がどれもイケてる

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.7

なんかごちゃごちゃしてたけどなんか心地よかった

もしかしたらお葬式が1番家族を実感するのかもしれない

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

3.8

あったかい茶番

風吹ジュン美しくてかわいくてあんな年の取り方して〜〜〜〜〜

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.6

洋画ホラーの本気をみた、けどホラーだけじゃないところも見所が多い

冴えない男の子たちの集まり系映画に弱い、そして彼らは負け犬なんかじゃない

ベバリーちゃんかわいすぎる

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.5

緊迫感、臨場感が肌に伝わるくらいとにかく映像のクオリティが高すぎる

この作品の相手国が日本じゃなかったらまた違うこと思ってたんだろうな、と

ハートビート(2016年製作の映画)

5.0

次はどんなシーンがくるんだろうってずっとワクワクして、一瞬も目を離せなかった

ルビーとジョニーが踊るシーン最高すぎる

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.5

一口にいいとは言い切れないけど間違いなく好き。

丁寧に生きるって難しい分憧れるなあ。子役たちがかわいすぎました。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

常に漂う不気味な雰囲気、所々に散りばめられたシュールなジョーク、突然流れる音楽、斬新で不思議だった

ピンポン(2002年製作の映画)

5.0

実写化映画の最高峰、圧倒的すぎる


最後の少年染谷将太に似てるな〜って思ったらまさかの本人だったのね(笑)

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

2回、3回、観たくなる映画。見るたびに評価が上がりそう。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.8

エマワトソンでウォルトディズニーとかそりゃチート、いいに決まってる

エマワトソンの走り方がハーマイオニーだった、好きです

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.6

ひらすら穏やかじゃないマフィアの方々

ジョーペシのやばさに途中から慣れてきちゃって、「え?そんなやばい?」ってなるのがやばい

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.6

スティーヴン・ユァンとポールダノが並んでるなんて...幸せすぎる...

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.6

浜辺美波ちゃんの演技が最初芝居くさいと思ったけど桜良ちゃんの純粋さを完璧に演じ切ってた、原作読んでないけど。

北村匠海くん、めちゃめちゃいい

キツツキと雨(2011年製作の映画)

4.2

ハートウォーミング〜、将棋の駒打つ音が心地いい

役所広司が撮影手伝ってるのが生き生きしててかわいかった

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

途中見てられないシーンもあって辛かった、、

シャロンにはこれから幸せになってほしい

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.0

正直前半で観るのやめようと思ったけど後半反則すぎ。みんながセンターで踊ってるようって最高の褒め言葉だし、それを高校生で出来るのってすごい難しいと思う。

広瀬すずが大好きなのに、ヒップホップの子に目が
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.9

愛とは複雑.....愛だけじゃどうにもならないことがたくさんあって難しいね人間って

セリフも映像も音楽もいちいちおしゃれ

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.9

今まで観た感染映画でダントツ1番!!そして不動の一位になりそう、これはなかなか超えられないんじゃないでしょうか

コン・ユやばい。本当に。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.2

ドラン強化週間

暴力的だけどここまで真っ直ぐに愛情表現できるのは純粋に羨ましかった。カイラの絶妙な存在感。ラスト30分、いろんな感情が溢れてた。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.7

新作に向けての予習

当時のCG技術なんて今と比べ物にならないのに超興奮した、不朽の名作

マークハミルの今の姿みて、この時代のこのキャストでしかできない作品だなと。尊い。

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

3.7

突き抜けたバカで愛すべきバカ。人間3週目くらいでこんな過ごし方したい!男子高校生になった気分でケラケラ笑ってた。


そして主題歌が最高すぎる、柴田さん天才

ベイビー・トーク(1989年製作の映画)

3.6

日本は母子家庭を悲劇のどん底みたいな描写するけど洋画はその状況も明るくて好き

マイキー役の子役が名役者すぎる、演技指導とかどうやってるんだろう〜

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

4.3

頼もしい兄弟を持ってお父さんもお母さんも幸せだね

ラッキーカラー黄色、ラッキーナンバー8

初恋(2006年製作の映画)

3.6

エンディングの写真とその後みたいなやつが切なくてすごく怖かった、、、

この時の大学生って良い意味でも悪い意味でも自我が強くて、私は薄っぺらい大学生だなあと痛感

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

リリー・フランキーはやっぱりヤバイやつ、改めて実感

予想よりめちゃくちゃ面白かったけど、個人的には静と野火は師弟愛でよかったんじゃないかと、、

>|