さきこさんの映画レビュー・感想・評価

さきこ

さきこ

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.6

ひらすら穏やかじゃないマフィアの方々

ジョーペシのやばさに途中から慣れてきちゃって、「え?そんなやばい?」ってなるのがやばい

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.6

スティーヴン・ユァンとポールダノが並んでるなんて...幸せすぎる...

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.6

浜辺美波ちゃんの演技が最初芝居くさいと思ったけど桜良ちゃんの純粋さを完璧に演じ切ってた、原作読んでないけど。

北村匠海くん、めちゃめちゃいい

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.9

ハートウォーミング〜、将棋の駒打つ音が心地いい

役所広司が撮影手伝ってるのが生き生きしててかわいかった

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

途中見てられないシーンもあって辛かった、、

シャロンにはこれから幸せになってほしい

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.0

正直前半で観るのやめようと思ったけど後半反則すぎ。みんながセンターで踊ってるようって最高の褒め言葉だし、それを高校生で出来るのってすごい難しいと思う。

広瀬すずが大好きなのに、ヒップホップの子に目が
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.9

愛とは複雑.....愛だけじゃどうにもならないことがたくさんあって難しいね人間って

セリフも映像も音楽もいちいちおしゃれ

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.9

今まで観た感染映画でダントツ1番!!そして不動の一位になりそう、これはなかなか超えられないんじゃないでしょうか

コン・ユやばい。本当に。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.2

ドラン強化週間

暴力的だけどここまで真っ直ぐに愛情表現できるのは純粋に羨ましかった。カイラの絶妙な存在感。ラスト30分、いろんな感情が溢れてた。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.7

新作に向けての予習

当時のCG技術なんて今と比べ物にならないのに超興奮した、不朽の名作

マークハミルの今の姿みて、この時代のこのキャストでしかできない作品だなと。尊い。

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

3.7

突き抜けたバカで愛すべきバカ。人間3週目くらいでこんな過ごし方したい!男子高校生になった気分でケラケラ笑ってた。


そして主題歌が最高すぎる、柴田さん天才

ベイビー・トーク(1989年製作の映画)

3.6

日本は母子家庭を悲劇のどん底みたいな描写するけど洋画はその状況も明るくて好き

マイキー役の子役が名役者すぎる、演技指導とかどうやってるんだろう〜

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

4.3

頼もしい兄弟を持ってお父さんもお母さんも幸せだね

ラッキーカラー黄色、ラッキーナンバー8

初恋(2006年製作の映画)

3.6

エンディングの写真とその後みたいなやつが切なくてすごく怖かった、、、

この時の大学生って良い意味でも悪い意味でも自我が強くて、私は薄っぺらい大学生だなあと痛感

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

リリー・フランキーはやっぱりヤバイやつ、改めて実感

予想よりめちゃくちゃ面白かったけど、個人的には静と野火は師弟愛でよかったんじゃないかと、、

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.5

不完全燃焼感がすごくて重たい気持ちになったけど、これで正解なのかも、、?

なんか色んな考え方と観方ができそう、何年後かにもう一回観たいな

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

凛子さんの優しさはお母さん譲りの優しさ。田中美佐子のお母さん役は安定感がすごい。1番お母さんが合う女優さん。

彼らが本気で編んだもの、まさかのちんこでした。いいと思います。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.5

ネイディーンの気持ちが痛いほど分かってお兄ちゃんに今度会った時はもう少し優しくしてあげようと思った。

言葉選びがいちいちツボ、服とか食べ物もいちいちかわいい
そして、先生がめちゃくちゃかっこいい

ピクセル(2015年製作の映画)

3.6

中年オタクのシンデレラストーリー

絶対負けないの分かりきってるのも嫌いじゃないよ

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

4.7

なに...この優しい世界...大好き.....


春山家のおばさんになってひたすら雪男くんを甘やかしたい。

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

4.2

期待値をはるかに上回るスリルと、アメリカ映画らしいハッピーエンドと、サイレントマジョリティのような風刺的描写。完璧。

ヴィーかわいすぎる、完璧。

幕が上がる(2015年製作の映画)

4.0

高校の時、演劇部の独特の雰囲気に正直イケてないとかこの中には入れないって思ってた自分をぶっ飛ばしたくなるくらい、熱くてかっこよかった。



黒木華結婚して

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

人類はとんでもないものを開発したなあ、と思うし近い将来実際に起こりうる話でリアルすぎて怖くなった

我が子に殺される人類は愚かで無力

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.9

ダンカンのダンスシーン、芋さMAXでめちゃくちゃかわいい

人の尺度に捉われるななんてオーウェンは欲しい言葉をくれるね〜

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.5

いい意味でも悪い意味でも疲れた、、、

子役の子がすごく不気味で怖い。街の未発達な感じも不気味さを助長してて、2時間半ずっと不気味で気味が悪かった。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.8

柳楽優弥の狂人っぷりは右に出る者がいないレベル、目がいっちゃってた

小松菜奈ちゃんっょぃ、、、好き、、

イエスタデイ(2014年製作の映画)

3.8

青春〜〜〜甘酸っぱい〜〜〜

子供から大人になる瞬間なんてあっという間で一瞬一瞬が尊くて、その時間を一緒に過ごした友達はかけがえのない宝物、たぶん世界共通

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

仕草、歩き方、目線、話し方、手の使い方、、完全に女性になりきってて感動。

ゲルダの無償の愛にも感動、リリーは幸せ者だと思うしここまで人のこと愛せるの純粋にすごい。

二重生活(2016年製作の映画)

3.6

キャスティングが神。門脇麦ちゃんの雰囲気、空気感にぴったり。

理由のない尾行にすごく惹かれる。けど結局なにが言いたかったの?1人の尾行でなにがわかるの?っていうのが最後まで疑問だった、いつか分かる時
>>続きを読む

>|