さささんの映画レビュー・感想・評価

ささ

ささ

映画(296)
ドラマ(0)

ラストエンペラー/オリジナル全長版(1987年製作の映画)

4.0

映画を通して歴史を知る事は歴史の本を読むよりずっと印象に残る。
Mr.甘粕というネーミングセンスに脱帽。
そして、少なからず私達日本人は見てみぬフリは決してできない。
こんにちの令和という新たな時代を
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.4

ウィットと皮肉に溢れた楽しい映画。

ウディアレンがビフォアシリーズを作ったらこんな感じになりそうな映画だった。

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.7

この映画を編集した人は10回は吐いたんじゃないかと思うくらい試合シーンが酔った。
これがリアルならタイにドラッグしに行く外国人は、観てから行くべきだ。

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

3.9

最後にこの教授たちや警部がその後どうなったか説明されなくて良かった。

以前に観た大人の事情といいイタリア人のユーモアセンスは、素晴らしい。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

4.1

難しかったが、ギャンブルをしているような興奮状態になった。
やっぱりアメリカ人はアメリカ人である。
それだけ人を信じられるのは素晴らしいが。

Everyone, deep in their hear
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.9

良い事をしてバッドエンドを迎えるのに違和感は覚えなかったし、前作より面白かった。
次回作が気になった。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.3

チャーリーが勇気を振り絞ってダンスの中に入るシーンが一番好き。
色々な場面でその一歩が必要なのだろう。
その一歩で人は人と関わり、人に救われる。

「幸せを望んでその人の人生を優先して、愛と呼ぶなんて
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.0

ディカプリオの演技にただただ惹きつけられた。
ドニーの窒息を助けるシーンが最高だった。

人の人生を騙してたった一度の人生をロックスターのように華やかに変えれてたとしてもこの人生は選ばないだろう。

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.8

悪いことして、結果人生ハッピーエンドを4人とも迎えるのに若干の違和感はあったが面白かった。
イタリア人のNICE TRYな言い訳には、らしさを感じた。

アイム・ソー・エキサイテッド!(2013年製作の映画)

2.0

ジョークとして見ても、面白くなかった。
スペイン人の穏やかさと愛嬌は感じられた。

華氏 119(2018年製作の映画)

3.7

アメリカのセンセーショナリズムは腐っている。
それに一喜一憂する国民。
夢(アメリカンドリーム)から覚める日は、来るのだろうか。

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

4.3

二度目の鑑賞
主人公が旅先で出会った人から学ぶ沢山の"幸せ"に関する名言が素晴らしい。

チベット僧の"不幸を避けることが幸福への道ではない"が響いた。

星の旅人たち(2010年製作の映画)

4.5

なぜ巡礼の道を歩くのか。
いつかお遍路ないし、巡礼の道を歩くときがきたら自分も"長い散歩"と答えれるようになりたい。
旅を通じて、人との出会いが自分の人生にヒントをくれる。同じような傷を持つのは、自分
>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

3.3

納得。の映画だった。

全てを破壊して(されて)"ゼロ"になる事に一種の羨ましさを感じた。
純粋に前向きになれた。

ガンジスに還る(2016年製作の映画)

4.4

インドに行くと人生観が変わる全ての理由がこの作品に詰まっている。
それは、信仰であり、生であり、死【解脱】である。そして、これら全てが混沌の中仲良く手を繋いで存在する。

この作品で浮遊している沈黙が
>>続きを読む

グッバイ・アンド・ハロー 父からの贈りもの(2012年製作の映画)

3.4

ラストだけ感動した。
Tim BuckleyのOnce I wasが好きな曲になった。
ライラックワインを飲んでみたくなった。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.2

最後にウィルが取った行動に数式の答え以上の正解を感じた。

中華の店での初キスシーンが良かった。

チャッピー(2015年製作の映画)

4.0

Die Antwoordの演技がナチュラル、そして彼らの曲が世界感にマッチして良かった。
人間の汚さとエゴに染められていくギャングスターAIのチャッピーが可愛くてたまらなかった。
ジャンルはSF映画な
>>続きを読む

ブラックフット クマ地獄(2014年製作の映画)

3.6

ホラー映画よりよっぽど恐い山での遭難と熊との遭遇の実話。
人間、自信を持つ事も大事だが基本は忘れてはいけない。
あの時、曲がらず真っ直ぐに進んでいればと悔やんでも自信を持ち過ぎていたら後戻りする選択の
>>続きを読む

カフェ・ド・フロール(2011年製作の映画)

4.0

sigur rosの曲と共にスローモーションで描かれる純粋な愛が水の中にいるようでとても美しかった。
愛の話以上にソウルメイトの話として強く感じた自分はきっと人生の落伍者なのだろう。

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.7

ロープをひたすら探すために走る車に合わせて流れるBGMが爽快だった。
戦争とマリリンマンソンverのsweet dreamsは良く合う。

"頭痛を楽しめ"

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.4

今年中に指笛を鳴らせるようになりたいと思ったほど良い映画だった。

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.8

会話中の「ノートルダム寺院もいつか消えるわ」が実際に起こってしまった。

とても現実的な作品で2度目の鑑賞でまた見え方が違ったので何年後かにまた見てみたいと思った。

RAIN(2000年製作の映画)

3.4

ラブストーリーとしては楽しめなかったが、アクションムービーとしては十分楽しめた。

ラストシーンで殺し屋の耳が聞こえてたら、人生変わっていたかもしれない。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.5

人生は喜劇である。
ジョークみたいな人生を一生懸命生きてやる そんな気持ちになった。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.6

後悔なしに人生を生きろ
きっとうまくいく

そのメッセージが3時間にわたって痛い程響くバイブルのような映画だった。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.0

「平等」とは、固定概念を持たず相手に対してほんの少しの敬意を持って接することである。
それで世界は随分変わる。

たちあがる女(2018年製作の映画)

3.5

エゴとは、マジョリティなしではただの自己満足に過ぎないのか。
一人で闘う価値があるほどアイスランドの自然は美しい。
孤独な革命家を応援したい。

PK(2014年製作の映画)

3.8

感情的な部分に深みは全く無かったが、その分宗教的タブーにここまでかというくらい斬りかかっていて爽快かつ最高だった。

導師に対して言った「あなたの神様はあなたそっくりの顔をしている 」が好きなフレーズ

Rain レイン(2003年製作の映画)

2.9

雨とジャズの仲睦まじい関係。
あとはウイスキーがあれば、そのまま深い眠りの世界に。

列車に乗った男(2002年製作の映画)

2.7

眠たくなるやつのなるやつ。
フランス映画のなるやつのなるやつ。

人は、自分と正反対の人間に惹かれるのではなく、羨ましさを感じる。

>|