ササさんの映画レビュー・感想・評価

ササ

ササ

ライカ/LAIKA(2017年製作の映画)

1.5

ヒモメンヘラ女に人生をめちゃくちゃにされる女の子のお話。
全然集中できなかった。トラウマ寄りか未来寄りか、お話の方向性が中途半端だからかなあ。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

2.0

俳優補正で補いきれない残念感に溢れる、ある意味勉強になる作品だった。

ショートウェーブ(2016年製作の映画)

2.0

女優を可愛く撮ろうって気概が伝わってきた。実際めちゃかわいい。
過去のトラウマに頼りがちなシナリオはいただけない。

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.0

設定勝ちだなあ。期待が大きかった分マイナス要素を強く感じた。

ザ・タンク(2017年製作の映画)

2.0

「なんの意味が??」ってシチュエーションやシーンが続いてきつかった。
確かに未体験ゾーンだわ。

笑う招き猫(2017年製作の映画)

4.0

松井玲奈かわいい。落合モトキくんが珍しく普通の男の子役してるのもいい。
TVドラマ版から入ったけどこちらをみたあと見返したくなった。

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)(2017年製作の映画)

4.0

ロリともだち的に外せないシーンがカットされておりそこ以外はTVアニメ版同様の場面で泣けたしロロの新規カットで「尊い……」てなった。よかった。

ゲットバック 人質奪還(2016年製作の映画)

2.0

アクションはいいんだけど。オチのノリについていけず、キョトンとしているらうちに終わってしまった。

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

3.0

ゲームチックな演出が楽しい。クリエヴァと斉藤兄弟の登場にはびっくりした。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

好きだけど、一歩間違うとただのB級映画。スカッとした。友達大事。

アニマルズ 愛のケダモノ(2016年製作の映画)

2.5

やっぱり優柔不断だったり意地を張ったりするのはいけないな。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

すごかった。どこまで連鎖するのか、次の瞬間は一体何が起こるのかハラハラしていたらあっという間に二時間。

苦役列車(2012年製作の映画)

3.5

見ていて辛い。が、サブカルクソ女のところだけは少しスカッとした。
その直後の情けない姿で何か「なるほど!」って感覚になった。
前田のあっちゃんもいい演技してんなあ。

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

陰鬱な日本映画は苦手だけど、これはとても楽しめた。
ぶっ飛んだキャラクターが「実在感」を持っていたと表現したらいいのだろうか。
とにかく安藤サクラの変化っぷりがすごい。

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.5

確かに前作で終わっていた方が綺麗だった気もするけど、タイトル通りメカニック感あって良かった。爽快。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

ホテルとかディナーとかコインのシステムとか中二全開でかっこよ過ぎかよ。大好きなウォレム・デフォーも良い役だったので満足。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.0

ただの気まぐれだろうに、モノは言いようだなあ……。
違いに気づくこととそれを受け入れることは全くの別問題だということを、映画自体と誰かの映画の感想を見て同じように感じた。

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.5

クリステン・スチュワート様かわいい。
プロポーズのシーンを撮りたいがために作られたのかと思うくらいの(悪い意味で)びっくりする展開。
悪役というかCIA側が、ただでさえパッとしないキャラクターなのにあ
>>続きを読む

OSIRIS オシリス(2016年製作の映画)

3.0

久しぶりに出会った泥臭系SF。大好きな部類の映画だった。
意味深に前後する時系列に対してちょっと物足りない展開な気がする。
原題からして続編作る気満々なのでオチについてはあれで良しってことで……。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

観に来た映画まで何しようか悩んだ結果映画を観ることに。
評判よすぎて不安だったけど、良い意味でも悪い意味でも的中。
中盤から見ていて辛すぎたけど、ヨシカが自分の代わりに泣いて叫んでくれていた気がして何
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

楽しすぎ。ハゲが活躍する映画はやっぱり名作ですね。

全員死刑(2017年製作の映画)

4.0

UPLINK渋谷「見逃した映画特集2017」にて。
かなり楽しめた。正真正銘の正月休みラストの作品がこれで本当に良かった。
やっぱりクズはこういう事するよね!みたいなのがこれでもかと詰め込まれていて気
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.5

UPLINK渋谷「見逃した映画特集2017」にて。
何度も騙された。エロいのは前評判通りとはいえあのシナリオをこんなに上手く美しく見せてくれたことにとても驚いた。
公開当時に観ておけば良かったなあ。

猟奇!惨殺魔/ザ・ミューティレーター(1984年製作の映画)

2.0

新文芸坐「鮮血のハッピー・ニューイヤー2018」にて。
トークショーで言われていた通り十数年も溜め込んだ結果がアレって。
くだらなさが爆発していて昨年のゾンビ3に匹敵する朝を迎えた。

ビヨンド・ザ・ダークネス/嗜肉の愛(1978年製作の映画)

2.0

新文芸坐「鮮血のハッピー・ニューイヤー2018」にて。
なんでそんな殺したがるん。
ヤろうってときに隠してた顔出しちゃうアレ笑えるけど、マジメな見方をすると一番切ないシーンかも。
マジメに見る映画では
>>続きを読む

XYZマーダーズ(1985年製作の映画)

3.5

新文芸坐「鮮血のハッピー・ニューイヤー2018」にて。
ブラッド・ピーセス以来一年ぶりのポール・L・スミス。バカ笑い最高。カーチェイスシーンは結構力入ってたなあ。

悪魔のサバイバル(1985年製作の映画)

2.5

新文芸坐「鮮血のハッピー・ニューイヤー2018」にて。
サバゲー要素の無さよ。ノーブラおっぱい。

バトルランナー(1987年製作の映画)

3.0

観た記憶はあるけど実際殆ど内容覚えてなかったというシュワちゃん映画あるある。

>|