seapony3000さんの映画レビュー・感想・評価

seapony3000

seapony3000

2015年1月30日→
点数は刻みません

映画(1534)
ドラマ(0)

理由なき発砲(1990年製作の映画)

3.0

フランシス・マクドーマンドがアメリカの普通の女を演じていてとても良い。

愛の7日間(1983年製作の映画)

5.0

裏切りと後悔と嫉妬と、それを越えようとする愛。衒いのない美しい物語。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

細々したカッコいいガジェットが少ない!そして悪い女が出てこなくてつまらない!シリーズのなかではいまひとつだったけど、IMAXでみるアクションは純粋に楽しかった。

処刑軍団ザップ(1970年製作の映画)

4.0

忙しい映画!どーかしているバカでかい効果音に呆れていたら急にやたらとイイ曲が流れたりとにかくバランス悪すぎてワクワクする。終盤の部屋の壁がバターン!と倒れるシーンがコントすぎて笑った。セリフほとんどな>>続きを読む

赤いスキャンダル 情事(1982年製作の映画)

4.0

水原ゆう紀と泉じゅんの派手なカップリングに加えて西沢利明さんってキャスティングがさらにエロい。高林陽一のロマンポルノは湿度が高い。

パトリック(1978年製作の映画)

4.0

こういう地味な映画が好きです。会話はすべて唾でする恋する植物人間。唾吐き以外に反応するのは股間のみ。婦長のクソババアぶりがいちばん素晴らしく死に様も最高。病院もヒロインの部屋も素敵でした。

クライマックスレイプ 剥ぐ!(1979年製作の映画)

5.0

あの娼婦役の女優さん🚬筑波恵美さんていうの?ひとりだけ部外者ひとりだけマイペースで最高。しかしあのストーリーの運びとテンションはスゴい。

デモン・シード(1977年製作の映画)

4.0

スーパーコンピュータ(プロテウス4)が創造者を乗っ取ろうとするという大好きな話に加え、その妻を介して子どもまで作ろうとする。巻き込まれる母体はジュリー・クリスティ。監禁されて反抗的なジュリー・クリステ>>続きを読む

テイラー・オブ・パナマ(2001年製作の映画)

4.0

ジョン・ル・カレとブアマンの共同脚本で、脚本家のハロルド・ピンターが幽霊役で出演?誰が喜ぶのかわたしは嬉しい。ピアス・ブロスナンのハッタリ感、任務と女を同時進行させるブロスナン節が安くてほんとに素晴ら>>続きを読む

花札渡世(1967年製作の映画)

4.0

どんなに傑作でも、成沢昌茂はいつも自分にはトゥーマッチ

ハウス・バイ・ザ・リバー(1950年製作の映画)

5.0

主人公の下衆さもキラキラと眩しいが、隣んちのババア、弟んちのメイド、こういう人物を繰り出してくるラング素晴らしー。

熱い夜の疼き(1952年製作の映画)

3.0

バーバラ・スタンウィックにはとことんビッチでいて欲しかった。

チャイルド・オブ・ゴッド(2013年製作の映画)

5.0

博愛や正義や説教や教訓や共感を、厳格かつ華麗に排除するコーマック・マッカシーが書く、無価値な人間の愚かしい世界を、ただただそのまま描いた、描こうとしているジェームズ・フランコ監督を全面的に支持したい。>>続きを読む

エスパイ(1974年製作の映画)

3.0

建物と内装が貧乏くさくなくてそれだけでアリ!藤岡弘と岡田英次はアレなんだけど、若山先生の超越した悪役ぶり世界観素晴らしい。

復活の日(1980年製作の映画)

5.0

文芸坐の大画面大音量と、編集の素晴らしさで2時間半あっというま。ホワイトハウス内の核弾頭ボタンの卓を前にミイラになってるヘンリー・シルヴァ最高!

昼下がりの情事 裏窓(1972年製作の映画)

4.0

マンションに住みたくて住みたくて、青山のマンションを買ってもらう白川和子さん。覗きが好きすぎて好きすぎてつい愛人にマンションを買ってあげちゃう殿山泰司。西村監督のスタイリッシュな絵面にうっとりしつつ、>>続きを読む

実録エロ事師たち(1974年製作の映画)

5.0

男優さんたちがみんなそれぞれよくてラストも泣けちゃう。上野駅のアナウンスが聞こえるラブホテルのシーンは最高。

黄金の指(1973年製作の映画)

4.0

老スリのウォルター・ピジョンが、コカインが入った可愛くて小さな銀のピルケースを携帯している場面ですでに悪い予感しかしない。スリの練習やスリの描写ががダンスのように軽やかで素晴らしい。

キャバレー日記(1982年製作の映画)

4.0

「"経済学入門" ネオン太平記」と二本立てでみたい。居るだけで映画が成立してしまう伊藤克信。店長上田耕一のはまり役、赤ん坊背負って入店してきた橘雪子さいこう。北見さんと竹井みどりさんの絡みはエロくてエ>>続きを読む

ドラム(1976年製作の映画)

4.0

ウォーレン・オーツの色情狂の娘が最高。悪い種子!

デッドリー・フレンド(1986年製作の映画)

5.0

近所に住む鬼婆ことアン・ラムジー(グーニーズのババア)がライフル抱えて玄関先に出てくるのでこれは素晴らしい映画🏀🧠🎃

マーティン/呪われた吸血少年(1977年製作の映画)

5.0

注射で眠らせ(すぐ効くわけではないので大暴れの格闘あり)その後剃刀で手首を切り吸血→自殺に見せかけるため偽装工作。なにをごちゃごちゃやっているんだマーティン。バイト先で行った主婦を相手に童貞を喪失しち>>続きを読む

愛と哀しみのエリザベス(1975年製作の映画)

4.0

ヘルムート・バーガーが、ホテルのルームサービスをカートごと盗んで庭のベンチで食べているシーンから、訳のわからなさをビンビンに感じる。ノリの悪いコメディのようでもあり、み終わってからじわじわとくるへんな>>続きを読む

雪崩(1970年製作の映画)

5.0

なにをやらかしたか知らないけど、山の中を軍に追われる男ふたり。ノー説明・ノーメッセージ、ただただ不安を煽ってくる。逃亡より反撃、アドレナリン出まくりのロバート・ショウが最高。こういうロバート・ショウが>>続きを読む

OL百合族19歳(1984年製作の映画)

5.0

那須監督も大好きですが、さらにファンタジーに徹する金子修介も最高。OLになってもまだまだ子どもな奈津子さんがただただ眩しいです。

女教師 汚れた噂(1979年製作の映画)

5.0

3万円で買われた女が3万円で男を買う。3万円で行けるところまでタクシーで遠くまで行く。宮井えりなの歩く新宿も素晴らしいのだ。

>|