しーとんさんの映画レビュー・感想・評価

しーとん

しーとん

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

前々から観ようと思ってたが、なかなか手が伸びなかった作品。

「地球を侵略に来た」
急に言われてもね…
見た目は普通に人間だし。
松田龍平は元々なんとなく宇宙人っぽいし。

侵略によって奪うものは「概
>>続きを読む

パニッシャー:ウォー・ゾーン(2008年製作の映画)

3.5

パニッシャー3作目
てっきり前作の続編かと思って鑑賞始めたら全く関係ない新作でした。

スカッとするというか、やりすぎ。
問答無用だけど、個人的には悪い奴にはこれくらいやって当然だと思う。

ナイトブック(2021年製作の映画)

3.0

急に始まり、説明のないまま進み、どこで何をやってるのか全くわからない。

ホラーというかファンタジー。
なんかテンポが悪いんだよなー。
盛り上がるところがあまりなかったように感じる。

おかえり、はやぶさ(2012年製作の映画)

3.0

BS放送録画分を鑑賞

先日9月12日「宇宙の日」にBSにて放送された、数ある「はやぶさ」を描いた作品の一つ。
キャストは本当に豪華。

しかし、はやぶさ以外の事が描かれていて内容が薄くなってしまって
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

4.0

そういえば昔、池脇千鶴と妻夫木の実写版を観たなぁと思い出す。
なんかすごく昔のような気がしてたが、「たった」18年前だった。

清原伽耶の声はとても心地良い。
大阪出身なので、普段の役作りより今作のよ
>>続きを読む

アウトポスト(2020年製作の映画)

4.0

アフガン紛争の中でも最悪の戦闘を実話を基に映画化。
時期が時期だけに、これが現実かと怖くなる。
それほどの戦闘シーン。
もう無茶苦茶である。地獄や。
なんであんな場所に基地を構えたんだよ…

久しくこ
>>続きを読む

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.5

娘家族と同居することになったおじいちゃんのデ・ニーロ
そのせいで自分の部屋を失ってしまった孫は部屋を取り返すために宣戦布告をする。
お互いに仕掛けるイタズラがエスカレートしていって…
全体的に設定がち
>>続きを読む

君の結婚式(2017年製作の映画)

3.3

「時が経てば何でもなくなるよ」

いろんな事のタイミングがほんの少しだけ合わなくて、お互いちゃんとわかっていても諦めないといけないことがある。
でも、わかっていてもね…

個人的には「あの頃、君を追い
>>続きを読む

龍の歯医者 特別版(2017年製作の映画)

4.0

面白かった。
映像や音響はよかったけど、ストーリーは足早な感じがして、もう少し丁寧に設定説明してほしかった。
尺的に仕方ないか。

自分も歯医者行かなきゃなって思った。

ミナリ(2020年製作の映画)

3.5

1980年代、農場経営を夢見てアメリカに移り住んだ韓国系移民の家族。
アメリカ映画だが、基本的にセリフは韓国語。
韓国系移民2世の監督の体験をベースにしているそう。

今回もA24スタジオの作品だった
>>続きを読む

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.0

9月12日は「宇宙の日」という事で、宇宙関係の作品を観ようと思い鑑賞。

宇宙飛行士のシングルマザー
宇宙の話だと思ったら、宇宙に行くまでの話でした…
肝心の宇宙での場面は皆無。

色々と共感できない
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.7

かつては魔法が溢れていたが、科学の進歩で魔法が忘れられていく世界。
エルフの兄弟が亡くなった父親に会いたいと願う物語。

弟の声をスパイダーマンのトム・ホランドが、兄の声をスター・ロードのクリス・プラ
>>続きを読む

ドリームランド(2019年製作の映画)

3.2

マーゴット・ロビー演じる美しき銀行強盗逃亡犯アリソンと、彼女を匿った17歳の少年ユージンの逃避行。

まぁ、仕方ないよな…
マーゴット・ロビーに言われたら、それが嘘だとわかっていても信じるよ。
魅力的
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.6

警官殺しの強盗犯を追い、マンハッタン島にかかる21個の橋を封鎖することを決意する。
勇敢で過激な捜査で知られるNY市警の警察官を演じるのは、「ティ・チャラ」こと亡きチャドウィック・ボーズマン

同僚の
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

4.0

連続殺人鬼の中年とイケてない女子高生が入れ替わるホラーコメディ。

殺人鬼役(中身は女子高生)のヴィンス・ヴォーンが最高すぎる。
女子高生のキャスリン・ニュートンも入れ替わってから、最初の野暮ったい雰
>>続きを読む

プロジェクトV(2020年製作の映画)

3.2

車の走行シーンはほとんどCG
ジャッキーは民間護衛会社のまとめ役的な感じで、一応作戦にも参加するけどアクションのほとんどは若手。

全世界を股にかけて活躍してる感じで、ロンドンからアフリカ、中東まで。
>>続きを読む

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様(2008年製作の映画)

3.5

毎週土曜にBSで釣りバカ日誌を観るのが楽しみだったが、最後になってどういう事情か18の次に20が放送されたので19を観れず。

レンタルで借りてくるか…と思っていたらNetflixにあることがわかって
>>続きを読む

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

4.2

知り合いに勧められて鑑賞

前半は「なんなんだ、これは?」という展開で、本当に面白いのかな?と疑ってしまったが、後半の巻き返しが凄すぎた。


最後の「キンパ」食べた瞬間からのところからは、もう泣きす
>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

4.0

「ゲームのつもりがリアルな誘拐だった」

基本がコメディなので、思わずクスッとしてしまう展開で、登場人物もみんな少し抜けてるので、「いやいや、気がつけよ!」って笑っちゃう。
コメディスリラーというジャ
>>続きを読む

ケイト(2021年製作の映画)

3.0

音楽が色々と気になりすぎて😅(冒頭から)

日本が舞台だし好みのストーリーや設定なんだけど、殺し屋なのにスタイリッシュさが無いのが残念。
アクションのほとんどが泥試合…

日本のイメージって相変わらず
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.3

以前から気になっていたので、やっと鑑賞。
でも、期待しすぎてしまってたかも。
スタンドバイミーっぽい感じを期待してたけど、ちょっと違った。
もう少し淡い感じだと良かったけれど。
スタンドバイミー感を出
>>続きを読む

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.2

Netflixに上がってたので鑑賞
時間が通貨となった世界。
時間をたくさん持ってる人は長生きできる!
設定を含めて序盤は面白かったが、後半は少しトーンダウン。

時間って大切。
自分はお金よりも時間
>>続きを読む

愛しい人から最後の手紙(2021年製作の映画)

3.5

過去と現在の物語が交錯する。
過去に書かれたラブレターを見つけた女性記者は、そこに書かれた内容を調べていく。
過去の場面、禁断の恋を描かれた時代の雰囲気がとても良くて、甘ったるい音楽もとても良かった。
>>続きを読む

摩天楼はバラ色に(1986年製作の映画)

3.5

初見かと思って見始めたら、昔見たことあった事に気がついた。
結局最後まで見ちゃったけど。

童顔だし、当時25歳くらいかな?
BTTFの1作目の直後くらいの作品みたいだけど若々しい。

コミュニケーシ
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.2

ドキドキはします。
ワクワクはしないけど。

急速に歳をとっていく謎のビーチ⛱
それぞれになんとなく訳ありそうな登場人物たち。

ほぼ全ての場面がそのビーチなのだが、場面変わりしないので飽きる。
だっ
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.3

FBI側からウォーターゲート事件を描いたドラマ
高校の時、社会の授業で聞いたくらいの知識しかない。

終始暗いし重い雰囲気で、一言で言えば地味だった。
リーアム・ニーソンが観たかっただけ。
そう、今日
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.5

A24制作作品
なので、やはりオシャレさを全面に押し出してる。

舞台は1991年、父親を亡くした悲しみから抜け出さないダニエル
叔母の住む海辺の町でひと夏を過ごすことになる。

子供の頃から80年代
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

4.0

これは是非映画館で観たかった作品。

気球に乗り、空の上へ。映像も綺麗だった。
脚本はかなり脚色されているだろうが、必死な感じを通り越して、気象研究に取り憑かれている感じがよく伝わってきて面白かった。
>>続きを読む

釣りバカ日誌20 ファイナル(2009年製作の映画)

3.5

シリーズ完結
結局、毎週観てしまっていたが、最後になって19が放送されず18の次が20になった。
今冬放送予定とネットには書かれていたが、その理由は謎。

19は今度借りてこよう。

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.4

いわゆる騙し合いの犯罪系映画かと思っていたので、その時点で予想を裏切られた。
騙し合いは騙し合いだが、企業系の映画でした。

ちょっと期待を裏切れたので、申し訳ないがあまり楽しめなかったかな。
キャス
>>続きを読む

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.2

ドラマも観ていたので、劇場版も鑑賞。
ドラマの良さが活かされていない。
アクションはなかなか良いんだけどなぁ。
キャストが良いだけに、もったいない。

パリピ的アフターライフの始め方(2021年製作の映画)

3.7

やはりNetflixの邦題担当はセンスがゼロのようだ。
このタイトルを観ただけでは、内容を期待する事もできない。
実際観てみると良いストーリーなのに、もったいない。

軽い感じの内容なのに泣ける。
>>続きを読む

コネクテッド(2008年製作の映画)

4.0

「セルラー」の香港版リメイク

クリス・エヴァンスが演じた青年をルイス・クーが演じている。
メガネかけてるから、いつものルイス・クーとイメージが違う。

内容は、ちょこちょこと設定は変えているが、根本
>>続きを読む

セルラー(2004年製作の映画)

4.0

急に物語が始まる。
家に押し入ってきた男たちに誘拐される女性
犯人の目を盗んで繋がった電話の先には全く無関係の若者。
無関係なのに奔走する若者が、キャップことクリス・エヴァンス
シールドは持ってないけ
>>続きを読む

アフターマス(2016年製作の映画)

3.2

なぜか観てなかった1本
シュワちゃん作品は基本全て観てたと思ったら、この作品は観てなかった。

航空事故の遺族という立場を演じる、アクション無しのシュワちゃん。
重い…とにかく重い。
決して長くない作
>>続きを読む

>|