あるぱか2世さんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • あるぱか2世さんの鑑賞したドラマ
あるぱか2世

あるぱか2世

スイッチ(2020年製作のドラマ)

4.2

まるで職人芸のような掛け合いの数々と抜群の安定感が光っていた。

ただ、これを単発ドラマで済ましてしまうのはめちゃくちゃもったいないような…。

とりあえずカルピスが飲みたくなる。

2

トクサツガガガ(2019年製作のドラマ)

4.3

わかるよダミアン…吉田さん美しいよね…わかるよ…。

0

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編(2017年製作のドラマ)

3.7

本編の放送から1年後、前後編で放送されたSP版。
坂間っちの人格がなんとなく退化した気がするし、全体的に驚く場面がオーバーな印象を受けた。

この人たちがこの先どうやって生きていくのかが気になりすぎる
>>続きを読む

0

いだてん~東京オリムピック噺~(2019年製作のドラマ)

4.0

総集編が再放送されたということで、あらためてレビュー。
放送当時、ニッチすぎるあまりに負のイメージをつけられてしまった感があったのが非常に残念だった。

大河ドラマでは極めて異例の、世界を股にかける物
>>続きを読む

0

ゆとりですがなにか(2016年製作のドラマ)

4.2

「心の思春期」にあるオトナたちによる、サイコーにメンタルの治安が悪いドラマ。

おそらく劇中でいちばん使われている単語は「ゆとり」ではなく「おっぱい」。

目まぐるしく動く物語に引きこまれる。
涙を誘
>>続きを読む

0

住住(2017年製作のドラマ)

4.1

3人の絶妙な距離感。
このひとたち、同じ階じゃなかったら絶対仲良くなってないと思う。

ぱっと見だとふみちゃんがとにかくヤバイやつ。だけどよくみると升野さんのロジハラがほんとに気持ち悪い笑

4話と5
>>続きを読む

0

あのときキスしておけば(2021年製作のドラマ)

4.1

尊いねぇ…。
メインの3人みんな尊い。

新さん演じるおじ巴が素晴らしい。それもただ女装とか「女らしく」しているというよりも、全身がもうただただ乙女って感じ。

悪い人が誰ひとり出てこない、どこまでも
>>続きを読む

0

生きるとか死ぬとか父親とか(2021年製作のドラマ)

3.7

こういうドラマがもっと増えてほしい。

とくに2話、7話などは、そこら中にありがちかもしれないことをうまく描いており、示唆に富むものだった。

ただ、吉田羊さん、國村隼さん、松岡茉優さんの「画力」に頼
>>続きを読む

0

珈琲いかがでしょう(2021年製作のドラマ)

3.3

やさしい物語を期待してた。けど意外に後半はしっかりバイオレンス。
1〜2話あたりのテンションでもう少し観たかった。

キャストはよかったけど、それぞれになんだか妙なぎこちなさを感じた。

0

ソロ活女子のススメ(2021年製作のドラマ)

3.4

江口のりこさんファン必見のドラマ。

例のウイルスの存在しない、パラレルワールドのような世界でのソロ活。いいなぁ。
耳残りが良すぎる独特のBGMも特徴的。

0

新!少年探偵団(2021年製作のドラマ)

3.6

大好きなシリーズ。
もう新作はないと諦めかけていたので、観れてうれしかった。

しかし今シリーズは、演出面がシュールな方向に走りすぎて、さすがについていけないと思うこともあった。

でも、第三回の「妖
>>続きを読む

0

架空OL日記(2017年製作のドラマ)

4.9

第36回向田邦子賞受賞作。

とっても好き。何度でも観れる。

なぜあのメンバーはあんなに仲が良いのかとか、副支店長による「蓄積」の発端とか、ドラマでは描かれないことを想像してみるのも楽しい。

0

流行感冒(2021年製作のドラマ)

3.6

文豪・志賀直哉が千葉県我孫子時代に著した小説が原作。当時の感染症不安を反映し現代にも通ずる作品として、この頃にわかに話題となっているらしい。

さてこのドラマ、とくに大事件が起こるわけでも強いカタルシ
>>続きを読む

0

ここは今から倫理です。(2021年製作のドラマ)

4.3

撮り方やキャスト陣ふくめ、いろいろな部分がやや粗削りな印象。だけどその粗削り感が、現代の高校生たちがかかえる脆さをうまく映している。
綿密な取材にもとづいたであろう高校の描写の数々にも感動した。

>>続きを読む

0

クイーンズ・ギャンビット(2020年製作のドラマ)

4.6

撮り方が好きすぎる……好きすぎて語彙が足らないくらい。

脚本、セット、衣裳、メイク…といったあらゆる角度から、アニャ・テイラー=ジョイの魅力を追求していて、その総合力に圧倒された。

無理にチェス盤
>>続きを読む

0

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)

5.0

まさに、わたしの求めていたテレビドラマ。満足感しかない。

脚本はもちろん、大好きな役者さんたち、こだわり抜かれた演出などなど、あらゆるところに魅了された。

これほどこだわりの強い内容を火曜21時の
>>続きを読む

2

ペペロンチーノ(2021年製作のドラマ)

3.9

第47回放送文化基金賞・テレビドラマ部門最優秀賞受賞作。

現実を突きつけようとか、希望を照らそうとかするのではなく、どこかにありそうな話としてのドラマ。

「小野寺」「高橋」「阿部」といった三陸沿岸
>>続きを読む

0

フルーツ宅配便(2019年製作のドラマ)

3.8

わたしの知らない、知りえない世界を教えてくれる。ちょっぴりリアリティに欠けるかもだけど、それも含めてドラマ。

0

今ここにある危機とぼくの好感度について(2021年製作のドラマ)

3.4

んー、伝えたいことが多すぎてかなりとっちらかってるような。

田畑はどこだ?と言いたくなるほど、『いだてん』を連想させるキャストで固められた理事たちが印象的。プロデューサーの訓覇圭さんつながりかしら。
>>続きを読む

0

風雲児たち~蘭学革命篇~(2018年製作のドラマ)

4.2

『真田丸』のキャストほぼ総出演!
刑部と秀次たちが江戸時代に転生したかのような感覚で楽しめた。

0

きよしこ(2021年製作のドラマ)

3.3

原作は重松清さんによる名作。
長年映像化されてこなかったのは、ドラマや映画として描くことのむずかしさがあったのだと思う。

本作では、そのむずかしさを乗り越えるために、徹底してやさしい世界に仕上げるこ
>>続きを読む

0

星とレモンの部屋(2021年製作のドラマ)

3.1

世にも奇妙な物語っぽい。

夏帆さんと原田美枝子さんの親子のやりとりがなんだかよかった。今作とはまた違った親子役を観てみたい。

0

いないかもしれない(2021年製作のドラマ)

3.5

これもまた世にも奇妙な物語っぽい。

どこにでもあり得るかもしれない物語に斬新な演出を掛け合わせた展開が印象的だった。

いろいろ考察できるポイントがあって楽しいけど、いくらなんでも視聴者に丸投げしす
>>続きを読む

0

コールドケース3 ~真実の扉~(2020年製作のドラマ)

4.1

わざわざ日本版を観なくてもオリジナル版のほうがおもしろいじゃん!なんていう意見もあるかもしれない。

ところが本作は、開港以来さまざまひとと想いが交錯する街・横浜を舞台にすることで、横浜でしかできない
>>続きを読む

0

書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜(2021年製作のドラマ)

3.5

題材がとても新鮮。
シュールでおもしろいシーンも多いんだけど、いろいろもの足りなかった。

一作のドラマを複数人の脚本家で書き上げている連ドラってたまにみるけど、脚本家側からしたら複雑な気持ちなのだろ
>>続きを読む

0

昔話法廷『桃太郎』裁判(2021年製作のドラマ)

4.2

昔話の登場人物を「被告」に据えることで、道徳や倫理、そして裁判員制度について議論をうながすシリーズの最新作で最終作。

小中高校の授業での使用を念頭においたものだが、今作はその集大成にふさわしく非常に
>>続きを読む

0

私の家政夫ナギサさん(2020年製作のドラマ)

4.3

ちょっとした小ネタとか、細部のこだわりがすごい刺さった。

やっぱり、このキャストで面白くないはずないよね。

0

かもしれない女優たち2016(2016年製作のドラマ)

3.7

過去鑑賞。

前作に比べてかなりぶっ飛んでた。
斉藤由貴さんの存在感が大きすぎて、他のふたりが霞んじゃってた気がする。

0

かもしれない女優たち(2015年製作のドラマ)

4.0

過去鑑賞。

モノローグの多用と、細かな動作へのツッコミがこれぞバカリズム劇場という感じ。

でもこれ、三人それぞれの「もしも」は共通の世界線じゃないような…?

0

俺の話は長い(2019年製作のドラマ)

4.7

第38回向田邦子賞受賞作。

正直、民放ゴールデン帯でこれほどのドラマに会えるとは思ってなかった。

オワコン化していたホームドラマを現代によみがえらせ、令和ならではの視点で描き出した傑作。

圧倒的
>>続きを読む

0

俺の家の話(2021年製作のドラマ)

4.3

これほどいろいろ詰めこんでるのに、まったくしんどくない。それどころかどこまでも楽しい。

3.11をドラマとして描ききったクドカンにしかできない職人技。笑いはファンタジーではなく、現実のなかにあるのだ
>>続きを読む

0

天国と地獄~サイコな2人~(2021年製作のドラマ)

3.6

まさに森下劇場ともいうべき展開で、全国の視聴者は見事に振り回されまくったことだと思う。

スリラーな世界観が全開なのに、手嶌葵さんによる主題歌がすべてを中和する。
主演ふたりの心の声かのような歌詞と曲
>>続きを読む

0

Dr.倫太郎(2015年製作のドラマ)

4.2

BS日テレの再放送にて。

結末が思い出せなかったからもう一度観てみた。
大河ドラマみたいなキャスト陣で、それぞれのキャラクターの個性が際だっている。

後半部分は少し急いだ印象も受けたけど、やさしい
>>続きを読む

0

ペンションメッツァ(2021年製作のドラマ)

-

夏、長野、ペンション…。いいなぁ。
多くのひとがこのドラマのように過ごせずにいるいまだからこそ、響くものがある気がする。

0
>|