ガジュマルまんさんの映画レビュー・感想・評価

ガジュマルまん

ガジュマルまん

映画(178)
ドラマ(0)

アルマゲドン(1998年製作の映画)

4.2

「お前の仕事は娘を守ることだ」
くぅーーーー

2018年 42本目

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)

4.2

時代の流れがよく分かるストーリー、心地良く響く音楽、登場人物のキャラクター全てが良かった。
こんなに美人で良い先生に会いたい。
そして好きになる。

2018年 43本目

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.0

眼を背けたくなるほど終始暴力的なのに、爽快感があることに驚き。
テンポの良い会話や、ストーリーの切替えなどが心地良い。
バイオレンス系爽やか映画。
タランティーノありがとう。

2018年 41本目

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.9

映画音楽の成り立ちや歴史がよく分かる作品。
ドキュメンタリーで描くため音楽プロデューサー達の情熱、苦悩、葛藤、発想が分かりやすく感情が高まった。
映画を知るうえで貴重な一本。

2018年 40本目

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.9

働く楽しさを感じさせる。
やる気が出るいい作品。

2018年 39本目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

ラストはある意味大どんでん返し。
あの場所のこんなにも近くで、あまりにも苦しい現実があったんだと、驚かされた。

夢の国という理想と何をしてでも生きていくという現実の対比が良かった。

2018年 3
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.9

こんなに怖い悪役は居なかった。
身の毛がよだつ恐ろしさ。
恐怖をかきたて続けるブレなさがよかった。

2018年 36本目

そして父になる(2013年製作の映画)

3.4

高学歴ばかにしてるかんじ。
どこに感情移入をすればいいか不明。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.8

生きていく中で目の当たりにすることは少ないが、確かに存在する不条理を絶妙な間合いと飾らない言葉で描く。
静かだが確実に存在する愛を感じる作品。

2018年 35本目

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.9

2人の会話、ストーリーの流れ、事件のタネ明かし。
とにかくテンポが素晴らしい。
ユーモアも好きだった。

2018年 33本目

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.7

頑固親父の心温まる物語。
この類でいけば、「ヴィンセントが教えてくれたこと」「幸せなひとりぼっち」の方が感情移入も出来たかな。。
歌での表現がどうも好きになれなかった。

2018年 34本目

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

全てが上手く行き過ぎる。
計画が失敗しそうなハラハラ感が一切なし。
作り手がどんでん返しとしたい部分はなんとなく感じれたがトリックとして弱い。
ケイトブランシェットは好き。

2018年 32本目

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.9

あまりにも非現実的な設定が現実の大切さを分からせる。
この瞬間を懸命に、大事に生きていこうと思わせてくれる物語。

2018年 31本目

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

誰もが過ごす何気ない1週間を描く。
良いことや悪いことがありながらも、愛が詰まっていて日常を大切にしなきゃいけないと痛感させられる。
詩書いてみようか。むりだ。

2018年 29本目

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

これぞウディアレン。
人間の感情を面白いように皮肉り、的確に描写する。
嫉妬心から取ったあの行動は素直な人間なら分からなくないだろう。
人の心が荒れていく、動いていくさま。
それが遊園地の光の移り変わ
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.9

とにかくデニーロがかっこよ過ぎる。
歳を重ね円熟味が増している。
素晴らしい演技。

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.7

まさにウディアレン。
男女のロマンスを中心に、粋なジャズをかけて、予期せぬ展開を織り込む。
合図を送るラストシーンお洒落過ぎ。
好きだなー。

2018年 28本目

Shall We ダンス?(1996年製作の映画)

3.7

役所広司の実直、誠実なおじさんぶりが良かった。
好きなことにひたすら打ち込む時間のありがたさに共感。
奥さんと娘のキャラはうーん。。
竹中直人は和製ジムキャリー。
おもしろい。

2018年 27本目

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

終始冷や汗が止まらない。
グロテスクなのに、いやにならない不思議。
あっという間の展開。
発散にぜひ。

2018年 26本目