seiraさんの映画レビュー・感想・評価

seira

seira

ゆるく記録してます(*・ω・)ノ
好みの問題で邦画は評価低めが多いかもしれません。
アニメは基本的にテレビシリーズ派です。
ハッピーな作品、アンニュイな作品どちらも好きです。

映画(301)
ドラマ(0)

ソウルガールズ(2012年製作の映画)

3.3

黒人が迫害されていた頃の、実話をもとにした作品。
パワフルな歌声なのに、どの歌も優しくて、温かく感じた。
オーストラリアの現地民族、アボリジニの女性たちが活躍していくサクセスストーリー。
家族であった
>>続きを読む

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.9

個人的にはすごくツボな作品だった。
名役者2人が、セックスレス問題と改めて向き合う夫婦役。
2人が各々自分なりに努力する様子が可愛くて可愛くてたまらなかった。
夫婦の間での深刻な問題を、温かい気持ちで
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.8

冒頭から切なくなった。
所々苦しくて泣いてしまうシーンもあったのだけど、すごく暖かく優しい家族愛を感じられた。
テイラーとお姉ちゃんのシーンが素敵だった。

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

2.9

わりと高評価の作品で、アカデミー賞受賞作品ということで期待して見たのだけど、、、
わたしはそんなに響かなかったかなぁ〜。
躁うつ病ならではの情緒不安定なシーンが多く、誰にも感情移入出来なかった。
終盤
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

テンポ良く物語が進むので、飽きずに楽しく見られる。
笑えるし、泣けるし、最後の最後まで最高!!
日々の生活に疲れたり、しんどくなった時に明るくなれる作品。

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.8

キャストも、ストーリーも、音楽も含めて素直に格好いいなと思った。
いつまで経っても、若い心を持ち合わせた大人の格好良さ。
見ていて清々しい作品。
幼馴染のいつもの4人組が、大人になっても変わらない関係
>>続きを読む

誘惑のアフロディーテ(1995年製作の映画)

3.3

徐々に話に引き込まれる作品。
軽い気持ちで見れて、しっかりハッピーエンドで終わるので後味すっきり。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.9

邦画はあまり得意ではないのだけど、人から勧められたので、、、
この作品は演者一人一人の実力が高くて感動。
本当に愛が深くて熱かった。

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

3.3

マイフェアレディのオマージュ作品なのだけど、全体的にほのぼのと温かい気持ちで観られる作品。
イントネーションを矯正するシーンは、マイフェアレディだぁー!と感動する(笑)
歌も和風で素敵。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.8

個人的には同時期に上映されていた、「君の名は」よりも好き。
道徳の授業とかで取り扱ってもいいのではと思えるような内容。
西宮の声を当てた早見沙織さんは、実際に難聴障がいの方に何度もお話を聞きに行かれた
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

所々まんまと泣かされた。
何度も犬生を繰り返す中で様々な飼い主たちと出会い、関係を築いていたけど、やっぱりイーサンとベイリーの関係性が1番素敵。
心があたたかくなる作品。

遠距離恋愛 彼女の決断(2010年製作の映画)

3.0

R指定アリなだけに、会話がお下品かな(笑)
楽しく見られるラブコメ作品。
他の方もレビューに書いていたけど、邦題の「彼女の決断」というよりは、「彼氏の決断」の方が合っているのでは?という内容かな。

ティーン・ビーチ・ムービー2(2015年製作の映画)

3.7

2作目の方がわたし的には好きかも!
相変わらず、歌・ダンスどちらも最高!!
前作では、現代の高校生カップルが60年代の映画の中に迷い込み、
今作では、映画の中の主人公カップルが現代の世界に来てしまうの
>>続きを読む

ティーン・ビーチ・ムービー(2013年製作の映画)

3.5

ハイスクールミュージカルと比べると、こちらの方が対象年齢は若干低めな印象。
現代の高校生カップルが、60年代のミュージカル映画の中に迷い込んでしまう作品。
60年代のファッションがとってもキュート!
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.3

映る風景はどの場面も美しく、サントラも魅力的。
あまり良い出会い方ではなく、初めは互いにイラつかせる存在だった2人が、次第に惹かれ合い愛し合う姿はドラマチックで憧れた。
ただ、後半はリアリティに欠けた
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.7

幼い頃に親と観て、殺人シーンのインパクトからか"怖い映画"という印象だったのだけど、、、
改めて観ると、切なくて深くて愛おしい作品という印象に変わった。
父娘というよりは、恋人のような2人の愛の深さに
>>続きを読む

マンハッタン恋愛セラピー(2006年製作の映画)

3.1

冒頭シーンが印象的。
ラブコメかと思いきや、美女が同性愛者だと自覚して悩むお話。
同性愛に気づいたきっかけが特殊なのだけど、彼女を否定する人がいないのであたたかく見守れる。
LGBT問題をそこまで重く
>>続きを読む

素敵な人生のはじめ方(2006年製作の映画)

3.8

心が疲れた時に観たい作品。

モーガンフリーマンが4年ぶりに映画復帰する有名俳優(モーガンフリーマン本人)役。
出演予定の映画の舞台である寂れたスーパーに下見に来た時に出会った、人生に希望が持てないレ
>>続きを読む

ボヴァリー夫人とパン屋(2014年製作の映画)

3.3

淡々と物語が進んでいくのに、引き込まれるところがフランス作品らしい。
好みは分かれる作品だけど、私は好きかな。
文学的で官能的で少しお茶目で、最後は色々と裏切られる(笑)
サントラが素敵だと思った。

ジグザグキッドの不思議な旅(2012年製作の映画)

4.3

久しぶりにこんなにワクワクする作品を観た気がする!
すごくオシャレな作品で、主人公ノノと一緒に過去の真相や、自分のルーツを知るための旅を楽しめる。
正直、そこまで期待はせずに見始めたのだけど、観て正解
>>続きを読む

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.3

海外の学校生活のイメージそのままで見ていて楽しい!
女子特有のカースト、グループ行動、陰口大会が炸裂(笑)
なにより、キャストが豪華!
他の作品で主演を張る女優さんたちのキュートな姿を見られて、見終わ
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.2

愛に溢れた名作。
1つの時代の終わりを温かく見守れる。
トト少年と映写技師のアルフレードの、お互いを思いやって、尊重し合う姿が微笑ましい。
小さな村にある唯一の娯楽施設、映画館に集う人々の笑顔や涙を見
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.8

オリーヴが良い子で可愛い!!
家族は各々悩みを抱えているのだけど、まだまだ幼く純粋なオリーヴを傷付けまいという想いだけは家族統一の気持ちで微笑ましい。
温かく見守れて家族愛を感じられる素敵な作品。
>>続きを読む

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

3.1

原作が好きだからこそ、長い間観るのを躊躇っていたけど、この作品は原作の良いところを潰していないところに好感が持てた。
博士のルートくんへの愛情のかけ方や、優しい口調は原作のままで観ていて温かい気持ちに
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.3

頭の切れる元銀行員のアンディが、妻を殺害した罪(冤罪)でショーシャンク刑務所に入るところから物語は始まる。
途中絶望するようなシーンもあるのだけど、受刑者たちが屋根の上でビールを飲むシーン、レコードを
>>続きを読む

恋愛適齢期(2003年製作の映画)

3.6

大人が本気で恋をして悩んだりする姿って、すごく素敵だなと思えた。
エリカとハリーの泣きながらピロートークをする場面は、切ないけれど可愛らしいと思った。
悪者が誰1人としていないので、観終わった後にほっ
>>続きを読む

スウィート・ノベンバー(2001年製作の映画)

3.3

「私の11月だけの恋人にならない? 不幸な男性を救うのが特技なの。」不思議な女性のこの一言で、仕事人間の人間性や人生が変わっていく物語。
期間限定の奇妙な恋人生活は、ぶっ飛んでいるけど観ていて愛おしく
>>続きを読む

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

3.2

もの凄くくだらないのだけど、青春を感じられる。
観たら元気になれること間違いなし。
夏に観たくなる作品。

劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ(2013年製作の映画)

3.1

テレビシリーズの最終回(24話)のその後の物語。
オカリンのリーディングシュタイナーの力で救われた世界線なのだけど、タイムリープを繰り返した副作用のせいでオカリンが苦しむお話。
クリスのことをもっと好
>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.4

エマストーンがとっても可愛い。
内容は軽いのだけど、何も考えずに観られるのが良さでもあると思う。
日本の学生よりもぶっ飛んでて、コメディとしてテンポも良いので観ていて楽しい。

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

3.8

ディズニーが好きな方には観て欲しい作品。
"作品"はウォルトを含め、スタッフたちの想像力と努力の結晶であることが伝わる。
この作品を観ることで、メリーポピンズの見方や感じ方が変わるはず。

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.0

前作は最高にロマンチックな夢のような作品、本作は9年の時を経てお互い大人になった分作品にリアリティが増したのがより前作を引き立てる。
運命ってなんだろうと思わされる。
お互いがお互いにとってかけがけの
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.5

とってもロマンチックで綺麗な作品。
偶然出会った男女が、日が昇るまでの限られた時間を、たくさん歩きながら心の距離を近づけていくお話。
時間が限られている分、一瞬一瞬を大切に刻んでいく2人の会話や表情に
>>続きを読む

恋のときめき乱気流(2012年製作の映画)

3.4

邦題のセンスが残念。
本編はとてもおしゃれな構成で、テンポも良く退屈することなく観られる作品。
ポップだけど、しっかりとカップルのすれ違いが描かれている。
最後もきっちりハッピーエンドで観ていて気持ち
>>続きを読む

メゾン ある娼館の記憶(2011年製作の映画)

2.5

どのシーンも絵画のように美しい。
娼婦ならではの辛さや絆を感じる作品。
個人的には"娼婦及び窃盗犯の身体的特徴"という論文を読みながら、涙する場面が観ていて痛々しかった。

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

3.2

大人たちの第2の人生を温かく見守れる作品。
若者のようなスピードやワクワクのある恋愛ではないけれど、大人ならではの慎重さや優しさを感じられる。

>|