JunkoTsunedaさんの映画レビュー・感想・評価

JunkoTsuneda

JunkoTsuneda

映画(416)
ドラマ(0)

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

すばらしい…
謙虚なしょったんだからこそ、周りは応援してくれるんだな。全力で肯定してくれる大人たちがいたからゆっくりでも成長できた。プロになれなかった27歳息子にゆっくり休めと言ってくれた父・國村隼、
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

連続殺人犯の実話。予告ではもっとあからさまに、ゲイな感じしたけど、もっと密やかな彼への思い。それにはしてもポンポン人殺すというサイコパスっぷり。相棒ラモンなんて家族ぐるみで殺人犯。音楽と映像かっこいい>>続きを読む

ジョナサン ふたつの顔の男(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

1人の体に2人の人格。要は二重人格、なんだけど、本当に2人の人間が1個の体を共有しているような。案の定だけど女の人を取り合うことになっちゃったし。静かなサスペンス。物のセンスが良い。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

すーごい演技…。神格化されてしまうピエロ。生放送驚いたなあ。貧困が精神病む大きな原因に大いになりうるなあ。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

-

むかーし見て今回見てみたけど、おもしろくない。SFもアドベンチャーも興味が持てない。どうして戦争しなくちゃいけないのか至上命題がわからない。C3POとR2D2コンビはよい◎

さよなら、退屈なレオニー(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

何かありそうでやっぱりないんだってこと、何もかもにがっかりすること、周りにあたること、みんな一回はレオニーみたいに経験してる。でもお父さんかわいそう。レオニーとギター講師が明らかな恋愛関係ではないとこ>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.8

ユロ伯父さんみたいな、オブビートコメディ。ぐうたらで屁理屈伯父さん松田龍平と伯父さんを観察する甥っ子雪男がかわいすぎる…。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.8

パラサイトしすぎてて、ウケた。ブラックコメディなのは途中まで。途中からスプラッターホラー、ハラハラした〜。
奥様きれいすぎ。
韓国の貧富の差。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.6

泣き虫のディカプリオがかわいらしすぎる。運転中のブラピの女の子とのやりとりがクール。レトロなムードと音楽かっこいーい!隣人の奥さん殺人事件っていう実話がベースにあるのを後で知った。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.4

マクドナルド兄弟の職人としてのこだわり VS 効率化の鬼となる商売人。
シェイクの素とか知りたくないな。

おいしいコーヒーの真実(2006年製作の映画)

2.3

フェアトレードってなんだか先進国の偽善者、って思っていたけど、偽善でも善でもとにかく生産者を救いたくなる。自分根性ひねくれてる、って思ったけど、農家達を束ねる人まで胡散臭く見えてしまった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

1.3

歌って踊ってのシーンは迫力あってよい◎だけど、ストーリーがたいしたことない。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

2.3

クメール役が本人だったのに驚いた。パキスタンジョーク、笑えない…クメールがエミリーの両親と徐々に心深めていく過程はうれしくなった。ゾーイ・カザンはやはりキュート。

お買いもの中毒な私!(2009年製作の映画)

2.5

よくある、望んでない分野なのに出世しちゃう、アメリカンガールズコメディ系。ダルクに参加するのもよくある展開。残念ながらそんなに主人公はお洒落じゃない。親友かわいい。

アルバート氏の人生(2011年製作の映画)

2.3

女ひとりで生きていくにはあまりにも困難で、男として生きていくことにしたアルバート。心は女性なはずで社会に男性としての生き方を強いられたわけだけど、本当に女性を愛したのか世間的になのかモヤモヤした。

劇場版 BiSキャノンボール2014(2014年製作の映画)

2.1

みちるちゃん見たさに。
アイドル達は情熱的な密着ドキュメンタリーとだけ聞いていて、メンバーひとりひとりにテレキャノ監督がそれぞれ密着。解散ライブの前日、眠れないのきついな、かわいそうだな。監督たちも仕
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.1

ボブかわうぃーね❣️そして演技うますぎる。
主人公は薬に溺れたのを環境とか家族のせいにしないで克服したの偉い。サイン会のお客さんが実話のひとか。

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

2.8

ジョン・カーニー作かと思った騙されたぞと思った。夢見がちな父と、現実的な夢を見る娘の話。
ガールフレンドが教えてくれたmitskiっていう、日系SSW良いっすね。

ビッチ・ホリデイ(2018年製作の映画)

1.0

ジャケットに騙された…インスタ映え生活って、主人公全然写真撮らないし。サンダンス驚愕の文字にも騙された。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.8

主演2人とこの監督、ってことでかなり期待大。
相手の良い点を挙げながら傷つけ合って離婚するのかあ。離婚ってかなりエネルギーいるんだろな。スカヨハ、お姉ちゃん、お母さんのシーンはどれも最高。うたもよい◎
>>続きを読む

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

2.2

ポップなコメディかと期待したんだけど、なかなかリアルなやつだった…。美人の悩みはわからないんだけど、意外にも共感しやすいやつ。

パレード(2010年製作の映画)

2.6

ありえる話だと思った。通り魔事件起こしてるのがまさかのこの人、みんなは気づいてないし、きっと旅行も行っちゃうんだろうな。原作ずいぶん前に読んだけどどうしてパレードってタイトルなんだろ

オアシス(2002年製作の映画)

1.2

前科のある男が出所して、轢き逃げした被害者の、脳性麻痺の娘と恋に落ちる。
純愛、と評価されてるみたいだけど、社会生活不適合者のこの男に腹が立って仕方なかった。女を恨んでないのも信じられない。女の演技す
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

2.3

あまりにも杜撰な計画で、実行してるとき本当にイライラハラハラした。現在の登場人物が語る方式のはよくある、んだけど、役者でなくて実際の本人が語っていた。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

2.9

ワンシチュエーション、音だけなのに緊迫感伝わる〜!かなり低予算でできそうだし考えそうな人いそうだけど、90分もたすのはすごいなあ。

リヴァプール、最後の恋(2017年製作の映画)

2.1

恋多き女優の実話。アパートの隣同士になった若い彼と恋に落ちる。出会い方が素敵だったなあ。体調悪くなって晩年、彼の両親の献身的な看病を受けていた。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

角田光代原作×今泉力哉監督、最高…。
テルちゃんマモちゃんはかなりイメージに近いけど、スミレさんが江口のりこは違和感感じる…

原作だと旅行は3人だった気がするんだけど、ナカハラ君、めちゃいいな。テル
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

2.6

ビフォアシリーズ完結作。
映画同様実際にも時間がたっている。正直、口を開けば下ネタばかりのセリーヌに辟易した。男女って一瞬でコロッと変わるから怖いようなおもしろいような

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

だんだん2人が大好きになってくる。粗野でハッタリ上手なイタリア系アメリカ人をドライバー兼用心棒に、インテリ黒人ピアニストが南部ツアーにまわる。
ドクは黒人差別に慣れている、って無理矢理自分を納得させて
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.8

優等生で家族に愛されてる少年が、なんで薬物に手を出してしまったの。入手ルートは一切描かれていないけど、その環境が悪いし、逮捕してあげたほうが本人のため。父が厳しくしたおかげで死なずにすんだ。父辛かった>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.2

ドキドキハラハラめちゃ楽しかった。署長、船長、海洋学者の3人vs鮫。船長のワイルドさにしびれた。

未知との遭遇(1977年製作の映画)

2.9

途中大事なところで寝てしまった…レトロに感じてしまうけど、ここから宇宙スタンダードが作られたからこそなんだろな。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.1

もう死んでるはずのダニエルラドクリフが生活にめちゃめちゃ役立つ。

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

2.9

若い黒人カップルに部屋を貸してくれる人(白人男性)がやっと、見つかった。
「どうして貸してくれるのか、初めて親切にしてくれる人に会ったよ。」
「俺はただ愛し合う人間が好きなのさ。黒白緑紫関係なく」

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

4.8

静謐な雰囲気。ずっと曇りがち。宗教に救いを求めてはダメなんだな…なにも解決にならないしむしろよっぽど強欲な団体。ラストは思ってた通りだった。

ハイ・ライフ(2018年製作の映画)

2.5

淡々としてるし、宇宙なこと忘れる。サイコパスだらけで気持ち悪いんだけど面白い。ジュリエットビノシュがエロい。

>|