ssさんの映画レビュー・感想・評価

ss

ss

映画(1792)
ドラマ(292)

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

-

すっごく楽しみにしていたくせに、タイミング逃しすぎて劇場で観られなかったやつ。

今度はゲームに入り込む人間が変わっちゃうんだけど、みんなすごいな〜。憑依しているというか、ゲームのキャラクターの向こう
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

-

カントリーって演歌的な感じで、どんなにチャート上がってもなぁんか全部同じに聞こえるし、歌ってる人も同じに見えちゃうし…なんて大分軽視しておりました。

けど!けど!この映画、カントリー合いすぎ!荒廃し
>>続きを読む

ドナルドの摩天楼(1940年製作の映画)

-

ドナルド虫とモメがち(笑)
前回見たやつも虫と大揉めしてたけども😂

2020/3/19

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

-

薬に溺れる天才。こういう役やらせるのに、イーサン・ホークがやらなくて誰がやるの?!っていう。

あー、目の前にチェットがいたら放っておけないかも、確かに…。ずるいずるい!

ここにもbirdlandが
>>続きを読む

雨の朝巴里に死す(1954年製作の映画)

-

「どいつもこいつも大馬鹿ものだ」なんて言ってるけどさ…自己愛の強さと愛を求めすぎた夫婦に見えてしまって。
ちょっと本当に面倒な夫婦の話。

2020/3/15

架空OL日記(2020年製作の映画)

-

ドラマが好きで何回も観ていたやつ。
元々バカリズム、好きなんだけれどこの人は本当に才能溢れてる人だ…。

強烈なエピソードはないのは「日常」だから。その「日常」を何だか面白くて楽しくて、クスクス笑えて
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

-

映画館で観たいなぁ〜と思ってたんだけど明らかに「ゲットアウト」よりも怖そう…。
ルピタ・ニョンゴ怖い…。

なもんで、自宅鑑賞。
いやー、劇場で観たら怖くてちびっちゃうとこだった。
だからと言ってただ
>>続きを読む

ドナルドのお料理(1941年製作の映画)

-

ドナルド?!笑
警察沙汰?っていうかなり際どいラスト…シュールだ。

ミッキーのミニー救出大作戦(2013年製作の映画)

-

いきなり画面から3Ⅾのキャラクターで飛び出てきてびっくりした!
子供に戻ったような気分ですっかり楽しんじゃった。

ピート、ミニーちゃん尻尾つかんでぶんぶん振り回してる…そんな乱暴なことしたら倍以上返
>>続きを読む

ドナルドの牧場(1941年製作の映画)

-

ドナルドが牧場主って波乱の展開しかないよね。
動物たちとひと悶着かと思ったらまさかのハエとの戦い…。

ブルーイグアナ 500万ポンドの獲物(2018年製作の映画)

-

サム・ロックウェル出演っつーことで。

血がぶっしゃー系なんだけど、ぶっしゃー系の天才タラちゃんの「ジャンゴ」観た割とすぐ後だったから、もやもや渦巻くコレジャナイ感。

2020/3/8

ジャンヌ・ダーク(1948年製作の映画)

-

むかーし小学生の頃、偉人のマンガを読むのが好きだった。女性に限る、というのが今の私の好みにも反映されてるんだなぁとしみじみしちゃうんだけど。

で、しっかり世界史を勉強する頃にはもう全然追いつかなくて
>>続きを読む

壊れた魂(2013年製作の映画)

-

ねぇ!娘誘拐されたんだから、警察のみなさん業界話聞きたがってないで、仕事してよ😂
ほんと無能。話全然通じてないし、アホかよw
1歩進んで5歩下がる。
映画の話やっと終わって進めると思ったら、iPhon
>>続きを読む

俺たちニュースキャスター(2004年製作の映画)

-

とんでもないあほポンタン野郎ども。
謎の決闘シーンなんて、大人が考えうるレベルじゃないことがもうすごい😂
でもめちゃくちゃ豪華な面子で素晴らしい。

男社会の女性蔑視の状況をこれでもかというくらいあほ
>>続きを読む

ダーティハリー4(1983年製作の映画)

-

ジャンゴみたあとだから悪い奴は出会い頭に打ってもらわないとすごいうずうずしちゃう(笑)ものすごい短気野郎な私。

ダーティハリー!
はーやーく!ハリー、ハリーだよ!
急がないと間に合わないよ!なんて1
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

-

私、タラちゃんやっぱりすごい好きなんだと思う。
風船破裂ばりの血がぶっしゃー!の銃撃戦、すごいニヤニヤしながら観ていた。

残酷になればなるほど、ニヤつきが抑えられない不思議。

結局いつも俳優のこと
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

-

何を隠そう2000年のチャーリーズエンジェルにどハマりしていたティーン時代😂

とにかくタフで可愛くて怖いものなんてない女の子になりたかった。
今みたいなネット環境じゃなく、携帯はiモードでパケ代かか
>>続きを読む

怪しい彼女(2014年製作の映画)

-

オ・ドゥリがずっとイモトに見える。
あけすけのない快活な性格。

女をボールに例えた話は言い得て妙。
邦画とかだと大体ストーリーの枠組み見えて「そうそう、そうね、そんな感じ。わかってますよ」的な高みの
>>続きを読む

つぐみ(1990年製作の映画)

-

牧瀬里穂、かわいいなぁ。
つぐみっぽいかと言われるとそんなことないんだけど、牧瀬里穂以外ありえない気もする。

90年代の映画、意外と馴染みがないなぁ。新鮮だった。
吉本ばななの作品は字を追って能動的
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

5.0

ものすごーく色んな感情を刺激される。
最高だった。

ジョジョとヨーキーが可愛くて、そんでもって他の俳優陣も好きな人たちだし。なんて理由だったけど、観終わった後、速攻でパンフレットを買いに行っていた。
>>続きを読む

眠れる森の美女(1959年製作の映画)

-

歴代白人プリンセスの映画では、幼少期観た回数はこれが1番少ないかも。

なんでなんだろうなぁ〜。森での生活は白雪姫の方が憧れたし、ドレスとかビジュアル面でも性格もシンデレラが好きだった。

余りにも思
>>続きを読む

ぬいぐるみ猫の冒険(2019年製作の映画)

-

猫のドス黒い感情に度肝を抜かれ、
キリンちゃんの愛らしさに私の黒い部分も何だか成仏されていく感覚。

2020/2/15

こねずみサムの夢(2018年製作の映画)

-

私、ねずみにめっぽう弱いんですね。
可愛くて健気で勤勉なイメージを持っちゃってる。干支がねずみだから余計に贔屓しちゃうってだけなんだけど(笑)
多分作った方たちも私と同じような気持ちでいるんだろうなと
>>続きを読む

オペラシアター魚座(2018年製作の映画)

-

魚が持つ独特のグロテスクさがよく現れている。

2分のいう短さの驚きと、ぎゅっと詰めてきたことの驚きと、驚き(笑)で占める作品。

2020/2/15

ぼくの縞はどこ?(2018年製作の映画)

-

陽の光がとっても優しくて温かい。

トラのシマがない子の物語。
シマがあってもなくても、彼or彼女のアイデンティティを確立してほしかったと思うのは最近の流れを意識しすぎかなぁ😂

2020/2/15

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.8

何故だかわからないけど、心の中でじわじわ広がるノスタルジー。
郷里を想うような気持ち。
全く縁もゆかりもない時代と場所でそのような気持ちにさせてくれる。
アルフォンソの魔力みたいなものなのか…。不思議
>>続きを読む

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

5.0

お互いを思いやる気持ちが愛ならば、この映画は最高傑作。

最後の終わり方も好きすぎる。
もう後は何も言わない。
私のオールタイムベスト入り。

............

もう何か言葉を重ねれば良さが
>>続きを読む

ドナルドのダンス大好き(1940年製作の映画)

-

この指フリダンス懐かしい!
ドナルドと言えばこの動きなんだよなぁ。

とにかく愉快でキュート。
動物的な愛のダンスを披露。

2020/2/11

わんわん物語 II(2000年製作の映画)

-

この2000年代初頭の続編乱発シリーズ。

グーフィーの声の人を犬の役に当てがうとは…。
わんわん物語はお洒落な映画。
だからこそ「お父さんお母さん、大人の言うことは聞きましょうね」的なEテレでもなか
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

-

相変わらずスーパーミラクル面白い。

音楽もスーパーミラクルドキドキハラハラさせてくれる。もう何回も観てるのに食い入るように観てしまう。
マスコミの過剰報道に初めて腹も立ったし、
バスって飛べることも
>>続きを読む

真西へ(2019年製作の映画)

-

思春期〜!

仲良しの幼なじみの男の子とクラゲを色んな液体流して遊ぶ秘密の実験。
親にバレたら怒られちゃうから秘密。

鍵閉めてコソコソしてたらお父さんは勘違いしちゃって…。
そりゃそうだよね!親、心
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.0

アイリッシュマン
皆さんに立ちはだかる壁、3時間半!
スコセッシ…やってくれたな。長いぞ。

お正月にでも観ようかしらと思ってたけど、なんとなくずるずるで気がつきゃ正月休みも終わってる。
先日観た「マ
>>続きを読む

A Sister(2018年製作の映画)

-

よく緊急電話のオペレーターにピザの注文を装ってSOSの電話をしたとか、ニュースをよく見かける。

緊張感のある16分。
15分が最も人間が集中できる時間、というのもあり、ぎゅっと集中して観てブワッと解
>>続きを読む

恋愛適齢期(2003年製作の映画)

-

MAROON5のsunday morning最強!

ダイアン・キートンにジャック・ニコルソン、キアヌ・リーブスというトライアングル最高!なんとなくのチョイスだったんだけど、その後ダイアンとキアヌがオ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ノア・バームバックよ!
私は貴方にずっと付いて行きますよ!と言いたくて仕方なくなる。

アダムドライバー苦手〜とか1年前は言ってたくせにはにかむ笑顔にきゅん…😍ってなっちゃってるし(笑)

なんで、い
>>続きを読む

わんわん物語(1955年製作の映画)

-

懐かしいなぁ。うちの我が犬も小さい頃めちゃくちゃ夜泣きしてたなぁ。
相手すると良くないと育児書的なものを読んでこっちも辛くなりながらお互いの我慢比べだったなぁ。
我慢して構わないようにしたのにとんだ甘
>>続きを読む

>|