ひなこさんの映画レビュー・感想・評価

ひなこ

ひなこ

大学生 / 標準は☆2.5

映画(645)
ドラマ(21)

ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ(2015年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリーだから仕方ないけどずっと同じようなシーンが3時間続いて疲れた。話は面白いけど日本にだってそういう問題を抱えた街はいくらでもあるよって思う部分も多かった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

クイーン全然詳しくないけど映画として最高だった!あとバンドメンバー全員そっくりで俳優さんすごい…。劇場で3人に1人は泣いててビビった、ファンにはもう堪らないんだろうな。

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.5

「ビューティー・インサイド」とほぼ同じ設定だけど面白かった。それぞれの役者さんがちゃんと共通の認識を持ってAを演じていて、誰がAを演じていても1人の人格であるAになっているのがすごい。

Disney's クリスマス・キャロル(2009年製作の映画)

2.5

丁度昨日大学の講義で臨死体験をすると人生が変わるっていう話を聞いたばかりだったので面白かったけどそれにしても人格変わりすぎだろ。

くまのプーさん(1977年製作の映画)

3.0

ハニーハントの元になってる話とか、「プーと大人になった僕」のなんにもしないをする話とか、昔持ってたプーさんの絵本と同じ話とか観られて面白かった。メタ発言多くて笑える。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

高校で茶道部に入ってたので懐かしかったり共感したりするシーンが多かった。私も人生に余裕のあるOLになって習い事に通うようなことがあったら茶道教室に行こうかな。

unknown アンノウン(2006年製作の映画)

2.5

最後どんでん返し的なのあるけど急だしそれまで伏線とか全然なかったから「……え?」ってなるだけ。

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

2.5

序盤でオチ分かってちょっと退屈だった。映像はきれい。

モアナ~南海の歓喜~(1980年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

モアナ男なんだ…。ナヌーク観た後だから余計にそう思うけど、歌うし踊るし服作るときにわざわざ模様描くし儀式とか言ってタトゥー彫るし食べ物の好き嫌いするし、食料の豊さと文化の発展は直結しているな。

極北の怪異/極北のナヌーク(1922年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

モアナのついでに観た。最初のテロップでナヌーク一家が2年後餓死したって出たのが納得できるほどの過酷さ。モアナとは対照的な環境の中での生活だけど、イヌイットの人たちも笑顔が多かったのが印象的。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

面白かった〜〜!ホラー映画だけど父娘愛に感動して泣いた。音と静寂が命の作品なので映画館で観て大正解だった。お母さんが一番すごい。

凶悪(2013年製作の映画)

3.5

可哀想な人しかいない。山田孝之に一番イライラする。

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

1.5

こういうコメディ映画全然笑えないんだよな…主人公が嫌がってるのに誕生日パーティーとか言って好き勝手やるやつが本当に友達なのかよ…。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.5

イヴリン良い女!!!そういえば子供の頃はマイペースすぎるプーさんやうるさいティガーが苦手だったな〜。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.5

心地の良い映画。同じような空気感の青春の中を私も過ごしてるなあと思って観てた。それもきっともうすぐ終わってしまうんだな。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.0

原作大好きなのにこんなに満足出来ちゃう実写映画なんてもうないかもしれない

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

ギャグが笑いのツボに合わなかったので面白いというよりかはただただ「愛だな…」って思って観てた。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.0

吹替で観たんだけど佐々木希びっくりするくらい下手だしGACKTは上手いけど癖強いしそわそわする

>|