ツーチャンさんの映画レビュー・感想・評価

ツーチャン

ツーチャン

ヒューマンドラマが好き、サスペンスが好き、中でもサイコサスペンス、社会派ドラマも好き、、時にはラブロマンスも。時にはコメディーで大笑いしたい時も。

映画(303)
ドラマ(0)

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.8

先入観。これにとらわれるといつまでも抜けきれない。
これってダメだなって思う。
いつも思う。
人からどう思われたいか、
ではなくて、自分がどうしたいかだよね
犬最高😃⤴️⤴️

ロレンツォのオイル/命の詩(1992年製作の映画)

2.0

こんなに観ていて苦しくなる映画は久しぶりでした。
子供が苦しむ姿は見たくない。
難病と指定されているALD
この当時はこんな風だったんですね。
医学な知識のない一般の夫婦がここまで、、、
これが実話と
>>続きを読む

悲しみよこんにちは(1957年製作の映画)

3.3

ジーンセバーグあの髪型!!
素敵
かわいすぎる

水着も、、、
私はこの時代のが好き💓

ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

3.3

映画を観るとそこにいきたくなる❗️
チーズの中のウジ虫ってのはいただけないけど、
飲めない私でもおしゃれにワインを飲んでみたいと、、、
いやぁ
ダイアンレイン、美味しそうにいらいろたべてたな

黙秘(1995年製作の映画)

3.6

んー。ミザリー&ヘディーとの親子か!!

ルームメイトを観たくなった。
ミステリーはやはりのめり込んでしまうな!!

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

2.7

ちょっと意味がつかめないと言うか。
私にはジョージ・クルーニーの声と笑顔で腹一杯

ひまわり(1970年製作の映画)

5.0

9月11日、夏目雅子さんの命日で。テレビを見ていたら女優になったきっかけがソフィアローレンのひまわりを観て、、
とあって。
ソフィアローレンは太陽がいっぱいのイメージしかなくて。

ひまわり
知ってい
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.3

錦戸亮。演技上手だなぁ。
付き合ってみなければわからない。確かにその通り。
見た目で人を判断してはいけないな。
しかし、あんな介護職員はないわぁ。

久しぶりに観た映画の最初がこの作品。

レイチェルの結婚(2008年製作の映画)

2.5

んー。
なんか、終始明るいところがないと。個人的には思った。
心に傷を抱えたまま。
それぞれが。
人生で一番幸せな時を迎えるときに、、、
前日にいろんな事が起こりすぎて
、、、
最後まで。
明るくない
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

1.5

原作を読んでからの鑑賞
本を読んでいたとき、全くイメージがわかなかった。
そして、あんただれ?
誰と話してたの?
という???があったけど
映画化されて、へぇー
って。
こんなもんかな

不能犯(2018年製作の映画)

2.5

松坂桃李。
あの笑いかたが、、、
すごいわ。
正義の見方なのか、なんなのか。
わからないまま。

それにしても
沢尻エリカさん。
演技が。。。。
これ以上言いませんけど。

序盤は、ひどすぎた。
中盤
>>続きを読む

目撃者 闇の中の瞳(2017年製作の映画)

2.4

韓国映画の見えない目撃者とどうも間違えて借りてしまったらしく。
主人公はかなりイケメン
でも、なんかよく意味がわからないまま、、、
ラスト
はっ?
おぇ!
なになに。
げーーーー。
間違えてしまったわ
>>続きを読む

マイ・ガール(1991年製作の映画)

5.0

こんな、素直な子供がいた時代は終わってしまったのかな。
大人が忘れてしまった、大切な何かを思い出させてくれる。
二人とも愛らしかった

ニューヨーク・ストーリー(1989年製作の映画)

3.5

それぞれにおもしろい!
3作目は
超おもしろい
あれは、なんた!!
ついつい引き込まれました

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.8

子供は親の愛情があってこそ
改めて子育ての大切さを学びました。
子育てを終えた自分だからこそ、もう一回できるなら、、
きっと素敵な母親になれるかも

幸せのセラピー(2007年製作の映画)

2.1

アーロンエッカート目的
私も運動しようと思いました

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.0

家族を失った悲しみと、憎しみの執念が感じられた。
自分がどこにいるのか、何をしようとしているのか。
手紙を便りに復讐の旅にでるセヴ
優しいピアノの旋律が心を穏やかにさせてくれる。
悲しい記憶を封じ込め
>>続きを読む

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

4.0

笑あり、涙ありすごく良かった。

女の子が夢見る素敵なブライダル
とりあえず一生に一度にしたい。
プロポーズも素敵だったな。
男の方は参考に。
女子はサプライズ好きかも。
ドレス選びも。
アンハサウェ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.0

一人で観られるかなと思ったけど。まあ、観られました。
突然全速力で走ってくる管理人怖かった。
それと、動きの早い家政婦

目は心の窓
といいますが、この作品を見てその通り。と思ったのは私だけかな?
>>続きを読む

メリンダとメリンダ(2004年製作の映画)

3.5

悲劇の場合と、喜劇の場合と
同時進行
こうなったら、こうで、あーなったらあーで。

人の生き方は捉え方ひとつで変わるのね~

こういうのが
ウッディーアレンなのかな、、

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.0

情熱の国スペイン

スペイン語の響きも、なんだかスパニッシュギターに合わせて、目が覚めた😃

グローリー/明日への行進(2014年製作の映画)

3.3

キング牧師
行進の話は少しだけ頭の中にあったのだけど、子供たちや若者が殺されて犠牲になったり、、
どれだけ悔しかったことか。
でも、我慢。
この精神はどこから来るのだろうか。
怒りをエネルギーに代えて
>>続きを読む

ママ、ごはんまだ?(2016年製作の映画)

3.5

河合美智子。
ひさしぶりにみたな。
すごくよかった。
足が細い!!

お母さん。
お母さんはどんなときでも、子供たちを大切に、優しく見守っていてくれる。

お料理をしているお母さんの記憶。
私もそうだ
>>続きを読む

マッド・ファット・ワイフ(2007年製作の映画)

3.0

ちょっと笑いたいなって思って、観たのですが、、、
エディーマーフィーなら笑わせてくれると思って、、、

まぁ、笑いましたが。
三役とは思えないほどの七変化!
あっぱれ✨
最後の方になったら
あの肉に。
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

2.5

今回はあまりひどく体を痛めなかったね。
このシリーズの松田龍平は最高です。
一番のはまり役のような、、

それにしても
顔はとってもきれいな北川景子さん。
演技やめた方がいいと思う。
本当に残念だった
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.0

やりたくないことはやらない

だから穏やかに生きられるのかな

ママが泣いた日(2005年製作の映画)

2.0

思ってたよりストーリーがいまいち
勝手に想像していただけだけど

まぁケヴィンコスナーだから許す

四人姉妹
若草物語じゃないけど
いいなぁ
男四人より映画になるよね

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

5.0

だめだ。
涙が止まらない。

子供は心ある人に育てられるのが一番だな。

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.0

ビヨンセ
きれいーーーー
誰かが真似をしているのしか知らなかった。
学生時代は洋楽よく聴いたけど。

あんなに綺麗とは、、
歌もすごくよくて。
思いっきり声を張り上げて歌いたくなった🎵

ちょっと長す
>>続きを読む

迷い婚 すべての迷える女性たちへ(2005年製作の映画)

2.5

なんかね
ハチャメチャな内容

過去に何かあったとしても、そんなこと考えても仕方がない
その時幸せならばね。
誰といるかが大切、、、か

ケヴィンコスナー目的

カンパニー・メン(2010年製作の映画)

3.6

ケヴィンコスナー
ちょっと太め
でも素敵💕
しかも、いい味だしてた

男って。
どこまでもプライド高くて
困るな

でも、下積み時代から大会社になるまで汗水垂らして一生懸命働いてきた。
それなのに。
>>続きを読む

汚れたミルク/あるセールスマンの告発(2014年製作の映画)

3.5

キットカット。
すごく好きなのに。
子供が苦しむ姿をみるのは辛い。

お父さんが
そんな育て方はしていない。
奥さんが、
子供はどの子も同じ
あなたが戦えば家族は崩壊してしまうかもしれない
でも私は信
>>続きを読む

ギリーは幸せになる/ギリー・ホプキンズの不機嫌な日常(2016年製作の映画)

3.5

人との出会いって、思いがけない変化をもたらす。
良い人々に巡り会えることの幸せ。
血の繋がりだけじゃないんだよね

若き故の愚かさは、人のもつ愛によって思いやりに変わる。

第3の愛(2016年製作の映画)

2.0

ソン・スンホン
やはりカッコイイ
素敵すぎる
金持ち似合いすぎる

あれ、落ちると絶対に粉々だよね?
とうなった?
それに結婚どうなった?

韓国映画は観るけど、中国語に違和感あると思ったけど、そんな
>>続きを読む

>|