ゆうとさんの映画レビュー・感想・評価

ゆうと

ゆうと

映画(773)
ドラマ(66)

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.2

高得点はあげれないけれど及第点は間違いない。ベイスターズで言うと井納くらいの安定感を誇るブラムハウスからのご提供。

今回も予想通り良いところと悪い所が半々くらいだった。ネタバレビューはコメント欄。
>>続きを読む

きつねと猟犬(1981年製作の映画)

3.5

隠れた名作と言っていい(自分が知らんかっただけ)

ロミオとジュリエット的なことやね。

三人の騎士(1944年製作の映画)

2.5

ホセ・キャリオカがディズニーキャラで1番好き。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.9

直前までのストーリーをコミックスで予習して、続きが読みたい衝動を抑えての鑑賞。

アニメの作画やバトル演出が凄まじいとの情報は仕入れていたが、確かに圧巻。ここまでやってくれるなら、アニメーションにする
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

4.4

後半は嗚咽が漏れるくらい泣き崩れた。
朝一で場内スカスカだったけど同じようなうめき声が何回も聞こえた。

まるで実写かのように生々しい登場人物の想いは、透明で容易に感情移入できる。歴代唯一の京アニ大賞
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

3.5

とびきり評判のいい劇場版を見るために、アニメシリーズと外伝を一気見。

外伝に関してはアニメシリーズを見なくても楽しめる内容。

近日、フィルマークスでアニメシリーズも解禁されるようなので、詳しいレビ
>>続きを読む

ドラえもん のび太と竜の騎士(1987年製作の映画)

3.5

ドラえもんの映画である事が勿体ないくらいに高純度のSF。F先生は天才👨‍🎓

悪者がいないのに対立するとこが実際の戦争を表すかのようで生々しい。スネ夫がフィーチャーされる作品は大体面白い説。

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

3.0

今回は野原夫婦の愛の物語。

時代も令和になり、しんちゃんもどんどんマイルドテイストになって行く。

コンプラやLGBTで作品への縛りがキツくなる昨今に、どうすれば面白い作品を作れるか、制作陣の尽力が
>>続きを読む

ちびまる子ちゃん(1990年製作の映画)

3.5

当方、書籍に於いてはさくらももこ先生のの全作品を読了している。全部と言いきれるのはもう新作が出てこないという意味では寂しい事だが。

当然コミックスでは読んでいたが映画を見るのは初。全く遜色なく漫画を
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち(2007年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アラバスタに限らずだけど、名セリフが多い作品だよねぇ。

・俺たちの命「くらい」一緒に賭けてみろ!仲間だろうが!

・国とは、人なのだ。

・船で学んだのよ!諦めの悪さなら!

・全てを許そうニコ・ロ
>>続きを読む

さくや 妖怪伝(2000年製作の映画)

2.5

当時10歳。父親と劇場で見終わったあと、「シャンハイヌーンも観るか!」と言われ、こんな贅沢な1日があっていいのか。。と失禁しそうになった思い出の一作。

中身は全く覚えていない。今思えば父的にはクソつ
>>続きを読む

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)

3.3

是非とも劇場で観たかった。
久しぶりに本格的なディザスター映画を堪能。

トルネードや異常気象系は馴染みが無さすぎてまさにフィクションという感じがするが、地震津波は日本ではオーソドックスな災害なので、
>>続きを読む

トランスポーター2(2005年製作の映画)

3.4

「ちょっとまて、スーツが汚れる。」
露骨にカッコつけてもスマートに見えるジェイソン・ステイサム。

やっぱリュック・ベッソン脚本のアクション映画は最高。

レオンではジャン・レノ、96時間ではリーアム
>>続きを読む

ゴーストバスターズ2(1989年製作の映画)

2.5

やってる事が前作とほとんど変わらない気が笑

今回はトントン拍子過ぎてボルテージが上がらなかった。クライマックスなんてひでえもんだなと笑いがこみあがってきた。

TENET テネット(2020年製作の映画)

2.0

まあいつも通りアイデア抜群で説明足らずな正にクリストファーノーランの映画。恥ずかしがらずに言うが意味わかんない🤷‍♂️

字幕を噛み砕くのに必死で映像見る余裕無かった(しかもわからんかった。)。かと言
>>続きを読む

>|