紫帆

紫帆

レオン/完全版(1994年製作の映画)

5.0

殺しとかクスリとか嫌いなはずなんだけどな!?いつの間にか夢中になってた。マチルダの可愛さは言うまでもなく、それを引き立てる壮絶な出来事と出会いと別れがな〜、とてもつらいけど。

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.5

孤児院を救うためとはいえ警察に追いかけられるようなことばかりしてるので何が正義かわからなくなるけど、ただただ楽しいのでおっけー。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.0

汚いのとか痛いのは苦手だから終始しかめっ面。これらの要素があってこそのこの作品なんだろうけど、私にはクズレベルが高かった。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

4.0

はぁ〜〜〜切な〜〜〜い!!!と、ロージーの運の悪さに心を痛めながら(半ば呆れながら)観ていた。チャンスは逃しちゃだめだ。

娚の一生(2015年製作の映画)

4.0

トヨエツすごい…色気…!京都弁がたまらなかった。でも話題の足舐めシーンでのまるでジブリな軽快な音楽は合わないぞ。

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.5

登場人物たちの驚きの関係性がハプニングとともにどっかーんと明らかになる王道のラブコメ感が良い

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

3.0

純粋な人たちの純粋な物語だから、大人たちは邪心を払った綺麗な心で観るべき。

パリの恋人(1957年製作の映画)

5.0

くるくる変わる表情や動きがとても愛らしくて大好き!編集長もカメラマンもみんなでパリに心踊らせてるのが可愛い。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

ハラハラするの嫌いだけどディズニーの安心感で乗り切った

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

5.0

自分で考えて自分の言葉で説明しなさいとか、interestingを使ってはだめとか、私には耳の痛い家訓ばかりで大学時代のプロンコの授業の悪夢が蘇った(恐)本当の意味で世界を知るっていうことは、自分と違>>続きを読む

アップタウン・ガールズ(2003年製作の映画)

3.0

レイのおませさん度は苛々を通り越して笑っちゃう程だったけど、時折見える子供らしさにホッとした。ニールがモリーになんであんなに惹かれてるのかよくわからないけど、みんな成長してお互いを思いやれるようになっ>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

5.0

『裸足の季節』もそうだったけど、緑が青々とした場所で綺麗な女の子たちが瑞々しく生きている感じに私は弱いらしい。

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.5

これまたジュリア・ロバーツの微笑んだときに口角がキュッと上がるのかわいいですなー。たくさん笑って幸せな気持ちになった。

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

4.0

犬がかわいいしメラニー・ロランの微笑んだときの口角がキュッと上がるのもかわいい

>|