おゆきさんの映画レビュー・感想・評価

おゆき

おゆき

映画(381)
ドラマ(15)

娼年(2018年製作の映画)

-

U-NEXTランキングの上位にいたから、そんななんか?と思って付けたんだけど!(笑)台詞がもう(笑)
見てらんなくって途中で見るのやめた(笑)西岡徳馬…

こういう映画に出る役者さんの気持ちってどんな
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

-

権力って持てば持つほど不安になる
自分の気持ちとか関係なしに、誰かの都合よく使わなきゃいけなくなるかもしれない。
心を無にして、もしくはそれに便乗して、うまくやらなくちゃいけないなんて私には無理だ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

だ!か!ら!
おうと恐怖症なんだってば!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)(笑)

ど定番な推理作家って感じでたのしいはずだったのにどうしてもこれが……
脂汗まみれ(笑)
しんどかった…えー
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

-

このシリーズはずっと楽しく見ていられるから好き
伏線回収にわざとらしさがあんまりないのよねえ(わたしが単純なだけかな)

次の映画も楽しみ。岳ちゃん出るんだもんなあ〜わくわく

小栗旬がTOO YOU
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

-

誰の気持ちも分からなくて、特に山田さんはもう頭が痛くなるくらい理解できなかった
最初の会話で、もう無理だった(笑)

中盤からは、若葉竜也さんはいつ見てもいいなあ〜とかなんとか
気を紛らわせる作戦。な
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

公開当時から見たかったけど、どうも戦争映画は。
しかもこのタイプは気持ちがずるずると引き込まれてしまうの分かっていたのに〜
リルケの詩が染み込んでしまった

とてもよく、人のこころが見える描かれ方をし
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

仕立て屋の雰囲気が好きだったから、少々物足りないというか普通のスパイ映画になってしまった感はあるというか…

前回よりグロくて気持ち悪くなった(笑)ああいうのだめなんだよなあ。しばらくハンバーガー食べ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

-

スマートで、ド派手(笑)
ちょこちょこあほみたいなんだけど、シュッとしてるからプラマイゼロ(とは)
わたしもオーダーメイドスーツ着てパブでちょっと遊んでみたいわ〜〜

本来はグロいはずのシーン、げらげ
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

-

見てる間にしてた想像が少し当たって、でも思考力や勘が足りないから、ずっと楽しめる(笑)
このシリーズ好き
サントラ聞くだけで呼吸忘れそうになるよ

前作があるから今作への期待が高まるのは当然だけれど、
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

-

ぼーーっと見てたから、omgのohまで口に出た。(笑)
こういうのすぐに騙されるから、永遠に「なんで?なんで?」
続編も見ようっと〜

ハワイアン・バケーション / Hawaiian Vacation(2011年製作の映画)

-

サンスクリーン!
アイデアがたくさん詰まってて温かい気持ちになる

関節以外動かない描写が好き!フムフムヌクヌクアプアア見てるときの歩き方
写真撮るときの音も大好き。

トイストーリーシリーズは問答無
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

感想を言葉にしようとしてもうまくできない。わからん。

寄り添ってくれた人がたまたま男性だった
フアンもケビンも
女性の象徴になるであろうお母さんがあれでは尚更、心を開くのはそうなるよね

私は誰かの
>>続きを読む

ジョージとA.J. / George & A.J.(2009年製作の映画)

-

動きが少ないからこそ可笑しいアニメ

カールおじさん、大ブーム引き起こした。(笑)
車のサイレン耳から離れない

パターソン(2016年製作の映画)

-

随分前にバイト先の先輩にすすめられたジムジャームッシュの映画を、ここに来て初めて鑑賞。(笑)


ずっとハッピーに生きていけることはないけど、
どんなに規則的な生活をしていても感情の変化はあるんだなあ
>>続きを読む

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

-

えへぇ!?(笑)ってなる80分
のんびりぼけーっと見る
リアクションのひとりごとえぐかった(笑)

フィオナのどうしようどうしようの感じと、緑と赤のコントラスト
ダンスシーンは両方好きだし、永遠にベー
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この実話はとてもいい方向に進んだけれど、きっと現実にはこんなにうまく行かない家族も山ほどいるんだろうな
万引き家族の子みたいなさ

というマイナス思考は置いておいて。(笑)

太賀〜
歌いながらごはん
>>続きを読む

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

-

ずっと見てみたかったやつ!

ブルーハーツはいろんな種類の解釈が山ほどあるから
見てる側にも作る側にも相違があって当然だと思う
あんまりそこは気にならなかったし、むしろなるほど〜って(笑)
勉強になり
>>続きを読む

ジョウネツノバラ(2015年製作の映画)

-

ブルーハーツが聴こえる
5作目

情熱の薔薇がカタカナ
少しつめたい感じ
言葉がないぶん、軽くならずに
内側の気持ちがじわじわ伝わってくるような
個人的にはもっと熱くて
河原で汗かいた人が走ってるくら
>>続きを読む

少年の詩(2015年製作の映画)

-

ブルーハーツが聴こえる
4本目

納豆食べたのに歯磨きしないの、気持ち悪くないの!?って思ったけど仕方ないか(笑)

新井浩文…やっぱりきらいじゃないんだ
中毒性しかない役者さん

最後のシーンはなん
>>続きを読む

ラブレター(2015年製作の映画)

-

ブルーハーツが聴こえる
3本目

作中にちゃんと曲が出てきたし
1番分かりやすい咀嚼のされ方だった気がする
ちょっとチープなのが良かったかも

タイムスリップ系の物語って、結末がどうであれ
何かしら別
>>続きを読む

人にやさしく(2015年製作の映画)

-

ブルーハーツが聴こえる
2本目

まさかこんな表現をされるとは。
曲名からしてSFにならんし!!!!
スターウォーズ見すぎたから余計繋がらなかった(笑)

誰か、なにかにやさしくできるのって感情がある
>>続きを読む

ハンマー 48億のブルース(2015年製作の映画)

-

ブルーハーツが聴こえる
1本目

女子高生の会話のテンポ
伊藤沙莉はコメディ向きなんだろうなあ
コントとかもすんなり入れそうで好き

めっちゃハンマー出てくる

最後、角田×尾野のヒロト×マーシー

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

-

日本で舞台をやっていた時からずっと気になってた作品。
映画はミュージカルじゃないのね
ブロードウェイの見たいなあーーーーーーーーー

ドラァグクイーンって、本当にかっこよくって憧れる。ルポールの番組見
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

-

スチューが姫

モキュメンタリー作品はあまり見たことないから、新鮮な90分だった

しょうもなくて楽しかったけど、途中で寝た!(笑)最後の最後まで見たからそういう気分になってるだけかな〜

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

-

濡れ場か怒鳴り声。

実話と分かって見ていたから、大変気持ち悪くなった。(笑)
警察って本当にイメージがずっとよくない。ジャッジアイズもこんな気持ちになったっけな

木下さんはリアル
やっぱりピエール
>>続きを読む

ダグの特別な一日(2009年製作の映画)

-

カールじいさん出会うちょっと前の、かわいいおはなし☻
ダグの毛がふさふさ〜

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

小さい頃に1から6まで順不同に見たけど頭がついてこなくて
だから大人になってから改めて総ざらい
何年もかけて何回も見て、というタイプではないから、突然復習し始めた月初の自分を褒めたい

まあーーー馴染
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

レイアが…飛んだ……

つなぎ!9へのつなぎ!仕方ないよね!

今回出てきた星の動物、わいわいくまさんみたいなシーンなくて残念だった。癒やしください…

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

6までに出てきたキャラクターの再登場でわくわくした…
1から6に愛着わきすぎなんかなー
キャスト変わらなくて本当に良かった

相変わらずチューイがキュート!!!!!!!!!!!だきしめたい!!!!!!
>>続きを読む

ティン・トイ(1988年製作の映画)

-

トイストーリー3を彷彿とさせる部分もある
おもちゃにとって、やっぱり幼児は怖いのかしら

大人からしたらびしゃびしゃにされたり投げつけられたりでかわいそうに見えるし、おもちゃもそう描かれがち
でも実は
>>続きを読む

デイ&ナイト / Day & Night(2010年製作の映画)

-

冒頭の、ソーラレソシレソーラレソシレの曲名分かんなくてもやもやもやもや

初代ワンマンズドリームにも使ってたから、ディズニーオリジナルなのかクラシックに元々あるのか

ファンタジアか昔の短編集にも使わ
>>続きを読む

バウンディン(2003年製作の映画)

-

リアルな羊の毛をきれいと思ったことないなあ〜という雑念

南部の唄の白ひげのおじさんでてきそう。

Knick Knack ニック・ナック(1989年製作の映画)

-

閉所恐怖症なんで、ね…(笑)

どこかで見たことあるような質感だったけど、見たことあったかなあ。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

-

スター・ウォーズ エピソード6/C3PO神とかわいいくまさん

癒やし。かわいい。くまさんずっとかわいいしなないでって思ってたら2時間経ってた。なんて愛おしい生き物なの。可能ならば一緒に住みたい。
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

-

「私の男」もだったけれど、登場人物が住んでいるエリアから出ずに生きてる感じ、あのコミュニティーでしか生活しない感じ、大きな閉塞感と小さな閉塞感

「誠実じゃない」とかなんとか
なんだかフィットしない部
>>続きを読む

>|