snowong0922さんの映画レビュー・感想・評価

snowong0922

snowong0922

なんでも観ます

映画(478)
ドラマ(20)

海街diary(2015年製作の映画)

3.1

ちょっと設定が複雑であんまり共感ができず、長澤まさみのスタイルの良さにただただ見惚れてた。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.6

樹木希林がすごくって、とってもおばあちゃんに会いたくなっちゃった

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

誰かが喋ってる裏で誰かが喋ってる。とうもろこしの粒が飛ぶのも気にしない。年頃の子は自分の狭いスペースがどうしても欲しい。いちいちあまりにもリアルだったから、思わず私もその家族(のつくる空間)を愛してし>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.6

崩れていく予感がしてから、ずっときつかった、、、なにも若くてかわいいキャロライナがいい子である設定にして追い討ちかけなくてもいいじゃない、いけず〜〜〜!好きだけど!

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

これを良いって思えるってことは、私が大人になったってことだと思う。

ミスター・ロンリー(2007年製作の映画)

4.0

「引け目」みたいなものを全無視して生きることができる人と、全面に出しちゃいながら生きる人がいる。どちらで生きるも自由なんだけど、後者はちょっと切ないね。自分を愛してるかどうかの違いなのかしら。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

私こじらせてるから、めっちゃ共感しちゃった。綿矢りさの原作でよしかが自分のことを絶滅危惧種なんだろうかとこじらせ思考を炸裂させるシーン、畳み掛けてくるような読みごごちがとっても好きで、映画ではどうする>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

5.0

わあ、おもしろ。「人間は他の哺乳類のように環境とバランスを取ろうとせず、資源を食い尽くすから他の場所が必要になる。その生態はむしろウイルス。だから人間を攻撃することは、治療/退治」ってセリフ、刺さった>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

私はこれを「予定調和」と「予想が外れ、生活が乱されること」の対立として観た。良いとされることが行われるスクエア内と、そうはうまくいかない現実。いちいち「もうやめてくれ」というところまで描ききってて、え>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

はぁぁ、、。bunkamuraの椅子に身体が慣れなかったけど、よい音楽とよい風景とよい日差し、そして恋の楽しみと苦しみにすっかり浸りました。帰り道の、台風前の強めの風が、見終えたあとの気分にぴったりで>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.6

ふははは〜。考古学者たちがいろんな時代の地図で揉めるシーン笑った。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

んぎゃあ、なにこれ、おもしろい!!ウェスアンダーソンと野村訓市の友情は一体なんなんだ。こんな壮大な遊びを仕事としてできるなんて、なんて素敵なんだ。うわお。むちゃ高い密度に、心が満たされてしまった。とり>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

面白かった!!!私は全然ゲームに詳しくないのだけど、そういう人に対しても開かれてる映画だった。でもゲーム好き、カルチャーオタクの人はもっと楽しめたんだろなあ…いいなあ…

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

歌は耳に残るけど、話の後半うーん、、。歌と画像の鮮やかさで高揚感を無理矢理与えられた感じ。

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

5.0

ちゃんと目を見開いていないと、と思う。忘れるのも、意識しないのも簡単すぎるから。移民排斥のデモと、行き場のない難民の対抗が悲しすぎたなあ。どちらの立場の気持ちも、理解できてしまうようでいて、それでもや>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.3

ダイアン・クルーガーかっこよい。ものの数分で家族の幸せな空気に心を捕らえられてしまったので、家族が奪われてからのシーンは悲しくて仕方なかったです、、。

心と体と(2017年製作の映画)

4.5

​「こじらせている」と人は言う。こじらせてる?そんなつもりない。いたって純粋に、まっすぐに生きてるつもり。むしろ社会の方がこじれているように見える。ああ彼女のような生き方はこじれているようにみられるん>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.0

気持ちよーく乗せられ、気持ちよーくテンション高くなった。合間に入る曲がまた気分を盛り上げてくれるんだなあ。最後のご都合主義的終わり方も、「現実はこうはいかないんだよなぁ!だからいいんだよ映画の中ではこ>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.3

オダギリジョー腰うっすい、綺麗。最後の終わり方が微笑ましくて笑顔。

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

なんと、サムリー、気づかんかった!井浦新も今と全然違って気付かず、、

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.5

映画観たあと、サントラをヘビロテして、years&yearsのライブ映像を観まくってollyのかっこよさにどはまりする、という、もう何万人も辿ったであろう楽しみ方で私も余韻に浸ってる。

「膝がかわい
>>続きを読む

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

3.5

平日仕事終わりにジムジャームッシュの映画に浸るのは、結構贅沢な時間の使い方だと思う。濃密で濃い、夜の時間になる。

ジムジャームッシュの映画は現実世界の自分がなくならないで、スクリーンとの間に思考が挟
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.7

たしか、「20センチュリーウーマン」を観た直後に観て、生きる時代の、個人の人格形成への影響について考えた。信じるとは何か、政治とは何か、信念とは何か。テレビ番組作りのシーンがかわいかった。

トゥー・ウィークス・ノーティス(2002年製作の映画)

3.0

このサンドラ・ブロックは強くてかわいい。まさかのトランプ出演(笑)誰もこの人が大統領になるなんておもってなかったんだろな…

10日間で男を上手にフル方法(2003年製作の映画)

3.0

ケイトハドソンがかわいいラブコメ。そろそろHow to〜ってタイトルの映画ありすぎ。

わすれた恋のはじめかた(2009年製作の映画)

3.0

痛みをどう乗り越えるか。痛みこそ人生なのか、それを避け続けられることが幸福なのか。

サンバ(2014年製作の映画)

3.0

「恋愛睡眠のススメ」を観て以来、ずっとシャーロットゲンズブール好きなんだけど、なんだかどの映画も重い配役…演技が上手いのか、キャスティングが上手いのか。オチもなあ、めでたしめでたしなのか、どうなのか。>>続きを読む

>|