そばさんの映画レビュー・感想・評価

そば

そば

映画(289)
ドラマ(0)
アニメ(0)

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

2.7

荒廃した世界感がそう思わせたのか、ちょっとゾンビ映画っぽかった。
徐々に面白くはなったけど、もう少し盛り上がりが欲しかったかな。
抱っこされた赤ちゃんを見ようとする兵士や
見てにやけてしまう兵士の演技
>>続きを読む

スティーラーズ(2013年製作の映画)

2.8

パルプフィクションみたいな手法なんだけど、説明不足で終わった後にあれ?ってのが色々ある。
テンポもあんまり良くなかったかな。
でもリチャードの元嫁さんの演技が良かった。
ED後のNGシーン集で車の中で
>>続きを読む

ファイナル・プラン(2020年製作の映画)

3.1

100分切ってるはずなのにちょっと長く感じたな。
個人的にはもうちょっと短く編集してもサクッと観れていいんじゃないかなと思う。
展開的には可もなく不可もなくってな展開だけど、
ニベンスをめちゃ憎たらし
>>続きを読む

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

2.6

個人的にオクタヴィア・スペンサーが出てる映画って面白いのが多かったから、
ちょっと期待してはいたんだけど、あんまり合わなかったかな。
動機のくだりはマジで「サプライズ」とかいうレベルじゃないと思うけど
>>続きを読む

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

3.2

昔、友人が面白いよと教えてくれてからはや20年程してやっと観た。
20年分の期待値があったせいか面白かったけど、それ程までにはって感じだったかな。
よくこんなストーリー思いついたなっていう気持ち悪さは
>>続きを読む

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵(2020年製作の映画)

2.9

実話ベースであまり大きな脚色をされていないのか、派手なシーンは無い感じ。
ハラハラするシーンもあるけど並な印象。
もっと泥臭い感じだと重みが出て面白かったのかなーとか思ったり。
レオナール役の人がちょ
>>続きを読む

アトランティスのこころ(2001年製作の映画)

3.8

デヴィッド・モースが普通の中年役で真新しい感があった。
こういう役もっとやっても良かったのにな。
でもやっぱり少しだけ怪しさは出ていたな。
ちなみに主人公だけどほとんどは子供時代の回想だから出番は全然
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

2.7

何かをきっかけに始まってだんだんエスカレートしていったのか、
いきなり振り切ったDV夫になったのかは端折られているからわからないけど、
絶対的に夫が悪いし色々辛かっただろうな。
でも随所随所でこんない
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

2.6

「ザ・セル」だと思って観たら全然違った。
面白かったけど所々粗っていうか陥没くらいの粗があって、
やっぱりそこが気になるかなー。
題材はよくあるやつで面白いのに、
結局あれもこれも良く分からないままに
>>続きを読む

ウィリーズ・ワンダーランド(2021年製作の映画)

3.7

クオリティは正直低いと思うが、こういうの結構好きだ。
ニコラス・ケイジの新しめの作品って事で、
大体こんなもんかなーと思いながら観てたけど思ったより面白かった。
説明一切無し、激強な謎のフラグクラッシ
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

4.1

幼少の頃、実家にテレビ放映された時のビデオがあり、再生した事があったけど、
暗いしあんまりアクションが無いしでまともに観た事なかった。
大人になって「あの映画ってどんな映画なんだ」と思い、観てみたんだ
>>続きを読む

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

2.7

複雑な心情とかそういうのがあるのかも知れないけれど、
特にこれといって感じる事はなく、淡々と観てしまったな。
退院前の深夜のやりとりはちょっとサスペンス感あって面白かった。
観ていてたまに「このシーン
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

若い時はこの映画について、
「オシャレな女子向けのキラキラした映画なんじゃないの?」
とか思って観てなかったけど、年齢を重ねてそういう気も無いし、
いっちょ観てみるかと思って観てみたらめちゃ面白かった
>>続きを読む

ブレイブハート(1995年製作の映画)

3.5

数対数の映像が凄かったな。
この撮影で相当な数の馬がケガしたと思うんだけど、今だったら色んな所から非難されそうだ。
このくらいの時のメル・ギブソンが一番脂がのっていてかっこいいと思う。
あと、意外と目
>>続きを読む

スコア(2001年製作の映画)

3.3

序盤の顔合わせとか作戦を練る場面はこれといった印象は無かったけど、
いざ潜入になってからは一気に面白くなった。
最後は古典的というかなんというか、めちゃ呆気ない。
エドワード・ノートンはこういう所が気
>>続きを読む

ROCK YOU! [ロック・ユー!](2001年製作の映画)

3.9

展開的には少年漫画的な展開なんだけど、そこがまた良かった。
ヒース・レジャーの好青年感が清涼感あって、
みんなで成り上がっていく様もなんだかRPG感あって面白かった。
また、敵対している人物を憎たらし
>>続きを読む

交渉人(1998年製作の映画)

4.1

まさにクライムって感じで面白かったけど終盤の畳みかけが特に良かった。
最後の方までは全然覚えてなかったけど、
ラスト間際の、宅内での心理戦で「あ!これ見た事ある!」ってなったな。
ケヴィン・スペイシー
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.4

続編だけど、デニス・クエイドがめちゃめちゃおじいさんになった気がする。
普通にいい話だなーって感じだけど、やっぱりあのお母さんは許せないわ。
幼馴染が織田信成に似ている。
アジア色急に出てきたなって思
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.7

冒頭からいきなりラストみたいな衝撃的な始まりで、
その後はだんだん遡っていくんだけど、よくある10~1みたいに遡っていくんじゃなくて、
10、9、8、9,8,7,みたいに遡ったらまた繋がるところまで進
>>続きを読む

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

3.4

普通に面白いとか言ってしまったらそれまでなんだけど、そんな感じだった。
まぁ俳優陣が豪華だ。
フォレスト・ウィテカーは実は悪い人、実いい人とか静かな人、良く喋る人まで
全部違和感なくこなすのがいいね。
>>続きを読む

クレイジー・パーティー(2016年製作の映画)

3.7

「ゲーム・ナイト」のジェイソン・ベイトマンが出てるってだけで面白いのが
確定だったけど、予想していたよりは少し下だったかな。
それでも問題解決の為に右往左往する様が面白いし、パロディネタも豊富なのが楽
>>続きを読む

スタートアップ!(2019年製作の映画)

3.7

マ・ドンソク兄貴出演って事で観たけど面白かった。
感動や家族愛やそういう物に極振りしてなくて、
色んな要素が程よく入っていたいのが良かったかな。
マ・ドンソク兄貴も今回はいつもと違う感じで出てきて面白
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.5

程よくバカっぽくて、程よい恋愛要素で、程よくSFですんごい気楽。
感じ的にアンダー・ザ・シルバーレイク的な映画かなーと思ってたから、
もっとライトな感じで楽しめた。
元に戻る方法だけちょっと呆気ないと
>>続きを読む

ウィッシュ・ルーム(2019年製作の映画)

3.4

シンプルだけど面白かった。
部屋のルーツはわからないままだけどそれはそれでいいかな。
もっと知恵出してうまい事使えばいいのにっていうのはご法度なんだよね。

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.4

ニック・フロストにしては珍しいキャラだなと思う。
最後の方はちょっとジーンときた。やっぱりプロレスはドラマなんだなー。
そしてザ・ロックはやっぱりかっこいい。

ドアマン(2020年製作の映画)

2.4

話がちょっと力技なところがあるし、
過去の事に対して「前話でやってたから知ってるよね?」くらいの勢いで進める。
隠し部屋とかそういうギミックがある建物での戦いは面白いと思ったんだけどな。
伊藤英明がし
>>続きを読む

背徳の囁き(1989年製作の映画)

3.1

リチャード・ギアが女ったらしの汚職警官ってのが新しい感じで、
結構嫌なヤツ感も出ていてそれはそれでよかった。
でも色々お粗末というか、内部調査が入ってるのに危機感が薄いというか、
今まで切れ者だったろ
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

4.1

スイス・アーミー・マンみたいなとんでも作品かな大丈夫かなと思ったけど、
いい意味で展開が早くて面白かった。
最後の方の打ち合わせ、よくあるパターンだとは思うんだけど、
何かの映画と見せ方がかぶるんだよ
>>続きを読む

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

2.7

このシリーズをちゃんと観ているわけじゃないけど多分これが最終章なんだなって感じ。
序盤はちょっとだるい感じだったけど6~7割くらい話が進んだ頃からぐいっと面白くなった。
若い時に比べてエアー速弾きのモ
>>続きを読む

デアデビル ディレクターズ・カット版(2003年製作の映画)

2.6

ソナーの様に対象を感じ取る演出とかもカッコいいし面白いんだけど、
なんか物足りないんだよなー。
ベン・アフレックが若くて、まだそこまでゴリゴリの筋肉って感じじゃないのが時代を感じる。
雰囲気も2000
>>続きを読む

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

2.4

面白くない事はないと思うんだけど、自分には合わなかったのか終始フラットな印象だった。
ストックホルム症候群ってわりと最近の言葉だったんだな。
とか思ったけど、1973年ってもう50年前なんだな。
俺は
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.5

滅茶苦茶良かった。
紛れもなくトップガンだった。
男子(おっさん)の好きな事をバンバン詰め込んだ展開で、
あっという間に終わってしまった。
サイクロン役のジョン・ハム、最近よく見るよなー。ベイビードラ
>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

3.4

ルーズユアセルフは聞く気なくても聞こえてくるくらい世の中で流れていたけど、
映画の方は観た事なかった。
めちゃくちゃベタな展開だけどこういうの好き。
相手役が今は爽やか枠のアンソニー・マッキーってのは
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.8

これも吹替え版を観た事無く、ちょっと観てみたら最後まで観てしまった。
あの状況下で悲観せず、前向きで一個一個問題を解決していく様、
しみったれた感が無く観れるから好きなんだよな。
ソニーかディズニーの
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.6

吹替え版が放送されていたから、吹替え版の声聞いてみるかと思ったら最後まで観てしまった。
改めて観るとロザムンド・パイクの演技中の演技の切替が徹底されているし、
何が恐いって計画性と実行力も凄いけど、
>>続きを読む

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

3.8

自分も映画の中に没入した感じになっているのか、観ていると謎の解放感がある。
特にえげつない大技を決めまくるんじゃなくて、小気味いい走りをしているところが、
観ている人も一緒に走ってるような気分にさせて
>>続きを読む

>|