あさんの映画レビュー・感想・評価

あ

19の男。全て字幕。
① 3.5以上が及第作、4.0以上がお気に入り作
②映画、ドラマともにエンドクレジットまで視聴、鑑賞した作品
③過去に視聴、鑑賞して内容忘れている作品は除外

映画(141)
ドラマ(22)
  • List view
  • Grid view

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

杖の所有権とハリーの蘇生経緯がやや分かり辛かったが楽しめた

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

3.6

原作未読の人が観たら「誰っ!?どういうことっ!?」ってなるよね。

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.4

前作もそうだけど肝心の心理描写が欠けているせいで深みのない内容になってしまっている気がする。大切な人を失ったことで葛藤したり、嘆いたりするシーンをしっかりと入れて欲しかった。

色々と詰め込みすぎてい
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.2

私の心が汚れているせいかありきたりなストーリー展開と利己的なアリーに萎えてしまい全く感銘を受けなかった。

画的な意味で白鳥のシーンが美しかったです。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

人はいつ死ぬと思う?
......人に忘れられた時さ。 by Dr.ヒルルク

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.7

リスベットの物語がメイン。ミステリーサスペンスはオマケ。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

5.0

私が目指す人生哲学。

走るのに理由なんていらない。理由は後からついてくる。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.9

ストーリー展開はホームカミングと同じレベルで可もなく不可もなく。恋愛とアクションシーン多め。

エンドクレジット後にサプライズであの懐かしの人が登場したので0.1加点してスコア3.9。

今作は次回作
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

開始30分クソみたいな映像を流しとくことで後半が面白く感じてしまうトリック

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.9

先入観に囚われず疑問から始まる天才肌タイプ、固執した頑固タイプ、人を見下す傲慢タイプ、同調圧力に弱い優柔不断タイプ、自分なりに分析して答えを出す勤勉タイプ、極普通のリーダータイプ、論理的な現実主義タイ>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

LGBTは段々と理解されてきているけど、その他のセクシャルマイノリティは依然として差別的視線にさらされ苦しんでいることを忘れてはいけない。

セクシャルマイノリティ、ジェンダー、PTSDの問題を組み込
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

5.0

歴史の必要性を問われたら真っ先にこの映画を勧める

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.9

上映終了間近になってしまい事前に過去21作品を観るのが叶いそうになかったので、多くの人が挙げている予備知識として必須な10作品(アイアンマン無印、キャプテン・アメリカ3作品、アベンジャーズ3作品、ガー>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

これだけメンバーが多いと描ききれないよね。体感1時間半くらいだった。絶望的な締め方好き。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.9

スパイダーマンがいる時だけコミカルな内容に変貌するの好き。キャプテン・アメリカの2作目が良かったせいかキャップ寄りで観てしまう

>|