そーやんさんの映画レビュー・感想・評価

そーやん

そーやん

アンダーワールド:エボリューション(2006年製作の映画)

3.6

本作もやっぱり、ベッキンの美しさが止まらん。もう何もかも(意味深)
アクションもキレキレで。羽の生えたマーカスは鬼こわですが。

ヴァンパイアとライカンの起源のセリーンの過去に触れられる作品。

結構
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.6

マフィアと警察、それぞれのスパイ。
騙し、騙され。
てか、この終わり方、そら賛否あるやろけど、三部作の一作目で、ここまできたら、どうなるのか、次作以降たのしみ!

それよりも何よりも、上環懐かしい。こ
>>続きを読む

アンダーワールド(2003年製作の映画)

3.6

ベッキン姉の美貌を愛でる映画、いや、愛でさせていただく映画。
どのシーン切り取っても綺麗。おに綺麗。

アクションも派手目で楽しめますが、全体的に暗めなので、ハッピーにはなれません。

プリズン・ブレ
>>続きを読む

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

3.6

青春、倉科カナ、むふふ、竹中直人。
しかけ、やりかえされの連続で飽きずに、またラストにかけては少し胸が熱くなります。

賀来賢人が若い。市原隼人は変わんないかも。

偉大なる、しゅららぼん(2014年製作の映画)

2.6

入り込めへんからか全くいいところなく、終わった感じ。濱田岳とか好きやのになあ。しゅららぼんの意味。

鴨川ホルモーは、まあまあ良かったのになあ。

恋するインターン 現場からは以上です!(2015年製作の映画)

3.6

韓国映画、たまに見たくなるし、かつ、いいよね、大体。
恋とかじゃなくて、自分の仕事に信念を持って働けるか、それを貫けるかって話。

癖ある上司って、多くは普通に癖あるだけで能力ないやつ多いよね笑

>>続きを読む

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(2012年製作の映画)

3.6

最後の締めくくりとして、決して悪くないと言うのが個人的な感想。
ドラマから始まり、青島、室井の行き着く1つの答えが出たのかなと。
あとは、映画あるあるで、いろんなことが起きるから飽きないし、小ネタも豊
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.8

雷に打たれ、自分が生まれる前の両親に出会う物語。
何もかもうまくいかないことを自分の生い立ちのせいにしていたが、、、

劇団ひとり、天才やな。演技はオーバーなとこあるけど、今回の役柄には合ってた。てか
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.8

人生で何を大切にするのか。
余命宣告された正反対の二人が、やり残したことをしていく話。
たまーに、観たくなる。何がいいかなあ。お金も欲しいし、温かい家族にも囲まれたいし。
香港のあっこで、アフタヌーン
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

4.2

よかった、普通に泣ける。キンコン西野の金儲け部分だけ取り上げられるけど、普通に作品として素晴らしい。
たしかにメッセージ色強いけど、それ含めてよかった。
自分が信じる先に、答えがあるかもしれないし、な
>>続きを読む

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

3.6

キャメロン・ディアズの魅力が止まらん映画。
ヘアジェル事件、なつかしいー!!あと、男なら、考えるだけでも痛いあの事件。

メリーにすり寄るために、『ハロルドとモーズ』観るわ。

エンディングも良き。

ピザボーイ 史上最凶のご注文(2011年製作の映画)

3.2

ジェシー・アイゼンバーグだから、観れたけどって、感じの作品。
ところどころ、笑えるけども。
軽い気持ちで、ながら見でもいいかも。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

4.2

大体、2回目以降は英語字幕で観るんだけど、アイゼンバーグの早口に疲れるから、冒頭5分でギブアップ。
Facebookがいかに生まれたかがテンポよく描かれていて、また、二つの訴訟を通じてなので、飽きずに
>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.6

圧倒的な肉体美、アクションを楽しむ映画。信念に従って、最後まで、戦う、いやあ、いいですね。おれ、たぶん、一瞬で敵にすり寄るわ。なんでもしてくれるなら。

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

4.0

これ、おちゃらけで描かれてるけど、最高級の風刺やと思うねんな。
かつ、メッセージ性もあるし。

日本も、ここまでじゃないやろうけど、公務員、あと大企業も、入ったら安泰ってのが少なからずあるからなあ。辞
>>続きを読む

SP 革命篇(2011年製作の映画)

3.4

前作より断然、映画感増したけど、なんやねん、あの終わり。謎すぎる。はあ。せめて、手紙の中身教えろや。
国会議事堂占拠のくだり、よかったのに。

岡田准一のアクションは、超人ってわけでもなく、泥臭くも戦
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.6

彼らが満を辞して?、再集結。
相変わらず、だらだら、フラフラしてるけど、スパッド、君にはね、頑張ってほしい。意外と多彩やん。頑張るんや。

やっぱり、映像も音楽もスタイリッシュで、特に音楽が多用される
>>続きを読む

君に届け(2010年製作の映画)

3.8

風早くん、もうさ、爽やかすぎ。でも、体育館のシーン、もう強引なんだから、おじさんもう、好きにして!って、なったわ。

この映画の青春の2割でいいから欲しかった。肉まんあんまん、半分こしたい。

個人的
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.2

もう何回観たことか。もうバイブル的映画。
何かにつけ、理由をつけ、言い訳し、NOを言う毎日から、YESの毎日へ。

最初は、強制だとしても、毎日前向きに生きれるパワーワード、YES!!明日から実践して
>>続きを読む

劇場版 ドーラといっしょに大冒険(2019年製作の映画)

3.8

ファミリー向けアドベンチャー映画。
ジャングルに行く前に、都会の学校でもまれるんだけど、負けるなドーラ。ありのままでいればええんや。ドーラ、天才やからな、凡人は気にするな。でも、スクールカーストは難し
>>続きを読む

Sweet Rain 死神の精度(2007年製作の映画)

3.0

抑揚がなくて、だらだらな印象。
原作も読んでるし、文字から入るといいんだけど、映画だとちょっと単調すぎるかも。
犬のセリフの文字とかも。

県庁の星(2006年製作の映画)

4.0

良作。
民間と行政、大手と中小や、組織論、ティーチングとコーチング、てかもう、いい映画やから見て欲しい。

今ある仕組み、やり方に問題を感じても、前もそうしてるからっていう理由で続けたり、変更に体力も
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.4

映像がきれいなんだけど、サメが、リアルに描かれてて。浮いてないのが良き。
違和感なく、ただただ、怖かった。あんかん勝てへんまじで。
ビーチまであと少しやのに、その少しが戻れない。

最後はやり過ぎやっ
>>続きを読む

SP 野望篇(2010年製作の映画)

2.8

官房長官を届けるやつ。

なんか、ドラマをはっきり覚えてない、なんなら、見てないからかうーん。
てか、内容がドラマレベルやんって、なってしまった。次へのつなぎにしても、うーん。

ところどころのツッコ
>>続きを読む

PUSH 光と闇の能力者(2009年製作の映画)

3.2

各能力を使った戦い方、戦術にふーんとは思いつつ、そこまて、驚かされはしなかったところが、このスコア。
あとは、最後まで解決しなかったところ。

ダコタ・ファニング、猫背やな。可愛かったのに。

懐かし
>>続きを読む

悪いことしましョ!(2000年製作の映画)

3.6

ええねん、こういうのが。あからさまなくらいで。読後感、鑑賞後感がいい。ほかほかします。

悪魔との取引で、7つのお願いを叶えてもらう代わりに魂を渡す約束をする話。

結局は世の中、自分の選択次第。ジャ
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.2

ワニがどこから来るかわからない恐怖。からのネタのオンパレード。
ワニより泳ぐの速いわけないやろ。とっとと2階行けや。
なによりも、主人公、頑丈すぎ。

ワニ怖いわ、まじ。勝てへんわ、まじで。ヒポポタマ
>>続きを読む

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

3.4

2分先の未来が見えると言うおもしろ設定。見えるからこその戦い方も好きだし、ナンパにも使えるし、ベリーグッド能力。

ジェシカ・ビールも、好きやねんなあ。

てか、この力で、マカオで無双したいなああああ
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.4

後半の乱れパーティー以外は、真面目なスーパー版トイ・ストーリー(怒られるかな笑)

ブラックジョーク含め、ふざけすぎ笑
気軽に楽しめますが、子供とはみちゃダメです。

てか、前に見た時にセス・ローゲン
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

ヘロイン中毒の青年たちの話。
ドラッグの快楽の面、また、禁断症状などの苦痛の面、どちらも生々しく描かれている。もう、エロもグロも、多め。無理な人は無理かも。
個人的には、音楽もよく、テンポよく進むので
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

3.2

『アズミ・ハルコは行方不明』で、本作を見終わった後をあの激しさで描いてたから、そこでまずハードル上がったわ。責任取れや。

顔出しNGのバンクシーの映画かと思いきや、メインはおじさん。まあ、アートって
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.6

菊地凛子、芦田愛菜のダブル主演って感じの映画。
カイジュウとかロボットとか、子供の頃のワクワクを思い出させてくれる。
ラストも好きなやつです。

あと、萌&健太のビデオ屋さんが、気になって後半、集中で
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(2010年製作の映画)

3.4

湾岸署引越しの話。
軽めの盛り上がりはあるが、これまでの作品と比べるとって、感じ。
まあ、ニューキャラが多すぎるのも問題かも。

いや、青島はん、その気持ちわかるで、わいも、肝臓の病気の疑いがあって、
>>続きを読む

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

4.0

青春と音楽、あとなんていうかな、こういうテイスト大好き。
はいはい、こうなるんでしょじゃない、よくわからん感じとふざけた感じ。
最近、いろいろ考えながら見てしまうけど、これはほんといい意味で何もないか
>>続きを読む

HERO(2007年製作の映画)

3.6

ストーリーわかってても、盛り上がるラスト。チームプレイっていいよね。

なんか、理解ある上司の角野卓造も、よかった。海のきれいなところに飛ばされたいなあ。あ、でも、海水いややから、プールがいいなあ。
>>続きを読む

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.8

アルマゲドンとか、地球外に問題見出すけど、これは地球の、それこそ、コアがやばくなって、どうにかする話。
チーム組んで、それぞれが、個性あってと、まあ王道。テンポも良くて、時間の長さを忘れさせます。
>>続きを読む

>|