たまきさんの映画レビュー・感想・評価

たまき

たまき

映画(70)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • 70Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.5

ホテルマンと警察の仕事の流儀を対比して、上手く流儀を使った伏線回収も見れ面白かったことには面白かったんだけど、犯人の動機に係る部分がちょっと雑…。全体的なワクワク感も踏まえて前作の方が好き。
今も一線
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

良い。こんな謙虚で余裕があり、前向きに学び続ける姿勢を忘れないジェントルマンになりたい。

かがみの孤城(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

辻村先生のサイン会にも通う程の原作ファンです。かがみの孤城は普段読む用・布教用・サイン本の3冊を所持しています。辻村先生の中で最も好きな作品です。

原作ファンとしてひとつ言いたいのは、いくら何でも「
>>続きを読む

ラッシュアワー2(2001年製作の映画)

3.6

かれこれ3回くらい見てる。適度なコメディ要素が意外に類を見ない。

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ハチャメチャでした。暴走するリニアの恐ろしさよ。そして生還する恐ろしさよ。
哀ちゃんの活躍が光ります。

特別編集版 名探偵コナン 本庁の刑事恋物語~結婚前夜~(2022年製作の映画)

3.8

佐藤刑事すき。高木刑事もすき。どちらも魅力的な登場人物である故、幸せになって欲しいと祈るばかりです。
それにしてもこの世界の警察は命張ってますね。このコナンの世界だけであってほしい。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

ジョニーデップ、素敵。前作のコリン・ファレルの方が好きだけど、本当にチョコレート工場の彼なのかと思うくらいの変貌。演技の幅が広い。
今回のテーマである魔法使い同士の抗争の一派を率いるグリンデルバルドの
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.2

グリンデルバルド役のコリン・ファレルが色気漂う激シブおじ過ぎて泣きそう…格好良すぎ。
ニュートのオタク感も良い。何かに熱中してたら将来報われそう感。今は分からないけど、数十年の時をかけて学生の時は最も
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.6

分かりやすい悪役と、自由、恋。これぞまさしくディズニー。あのイヤミったらしい育ての親に育てられた割にラプンツェルが非常に出来た子。運命の人と出会い、空白の期間を取り戻すかの如く国を明るく運営していって>>続きを読む

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.2

アクションがダメダメ過ぎて見るに堪えなくなってしまった…。

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.8

ジョニーデップの演技の幅に今更ながら驚かされています。昔そこまで好きでは無かったけど、彼の凄さに最近の高感度鰻登りです。世界観は独特、ストーリーは痛快。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.4

アラサーのおっさんによる閲覧。子ども向けかなと思ってあまり期待していなかったけど、高次元なサラリーマンごっこ、かつテンポが良く意外に楽しめました。

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.2

大分飛躍した解釈。ネタに振ってるけど面白いかというと…ちょっと微妙。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

歌の力を痛感させられるが、それぞれの歌手のバックボーンを見ると、歌という作品はやはり歌手と一心同体であり、切り離せないんだとより痛感させられる。誰が歌うか、誰が作るか、何処で歌うか…同じ歌でも全く異な>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

年老いても音楽は記憶を呼び戻す1つのキッカケになり、人と人の繋がりにもなるんだなぁと再認識。ただの思い出とも異なるまた別軸の記憶。思い返すと地味にそういうことは多い。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

主演陣はとても良かったです。特に伊藤英明。過去に闇を抱える凄味が出ていて、こんな演技上手かったっけとびっくり。物語は流石に察する部分もあって完全に裏切られた!という感情にはならなかったけど折込済みでも>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

アニメを全話見てから見ました。意外に山﨑賢人の信の演技がよくハマり役。そのお陰か全体的に違和感なく見れました。ムタとのバトルシーンが随一。重さはないけどスピード感のある剣技で見惚れます。アニメで言う1>>続きを読む

クール・ランニング(1993年製作の映画)

4.0

こんなことが現実にあるのかと。創作のような実話。登場人物たちのキャラが立っており、笑いあり。ファンタジーのような出来すぎなストーリーに勇気を貰える良作。

紅の豚(1992年製作の映画)

3.8

地味に見ていなかった映画。豚が魅力的だなぁ。割と好き。やってることは全体的に野蛮なんだけど、主人公が豚なのとあの絵柄、声なのでコミカルさがあり、これが良くもあり、悪く言えばパンチがない。

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.8

前作よりちょっと話が短絡的で分かりやすかった分、ちょっと物足りなかった。とはいえ、万人受けするであろうキャラクター性とストーリーは良い感じ。常に明るさを感じるキャッチーさが良いですね。ただ東出氏の演技>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

3.6

ジェシカ・ヘンウィック演じるバックスが魅力的だなぁ。アクション含め役柄が格好良い。超が付くマトリックスファンだけど、話が難解。解説見てようやくやっぱりこの世界観凄いなぁと落ち着いた感じ。前作からかなり>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.7

最前線のパイロットの白熱した緊張感が伝わってきて、その苦悩が感じ取れ、トムがやっぱりイケメンな古き良き名作。でもどうしてトムが意気消沈してたところから復活したかが分からない。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.9

1よりも2の方がまとまり感ありますね。クライマックスの世界観最高だなぁ

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.8

やっぱりディズニーすごい。ミュージカルとして完成されきっている

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.3

漫画はよく読んでました。賀来賢人の三ちゃんなんだか弱そうだけど、原作のコメディ要素と謎の天才肌感は健在。柳楽優弥キマッててすき

>|